Kotlin

Kotlinの将来性は?需要が高まるとされる理由を徹底解説!

Androidのアプリ開発などで注目される言語、Kotlin。その名前を耳にしたことがあっても、

「そもそもどういう言語なのか?」

「将来性はあるのか?」

と、現役のエンジニアやエンジニアを目指す方の中にも詳しく知りたい!という方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて、Kotlinの将来性とその理由について、言語の特徴などの解説を交えてご紹介したいと思います。

Kotlinとは?

Kotlinとは、ロシアのJetBrains社によって開発され、2011年に発表されたオブジェクト指向のプログラミング言語です。

開発地であるサンクトペテルブルク近くのバルト海の小島、コトリン島からその名前をつけられました。

JetBrains社はJavaの統合開発環境「IntelliJ IDEA」などで知られており、Kotlinは、Javaをさらに簡潔に、安全に利用できるようにとの目的で開発されました。

構文自体は独自のものでJavaとの互換性はありませんが、JVM(Java仮想マシン)上で動作するコードであるため、Javaの記述をより簡潔にしながら、Javaとの相互運用を可能にしています。

2019年5月にはGoogleのAndroidアプリ開発の推奨言語とされ、アプリ開発の場でも更なる注目を集めています。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
Kotlinの案件を見てみる

Kotlinの特徴

Kotlinの特徴としてあげられるのは、まずその安全性と汎用性の高さです。

産業利用のために開発された言語であるため、Javaなどの先発の言語の良いところを受け継ぎながら、よりシンプルな記述での開発が可能です。

またKotlinには、Javaで発生しやすいNull参照による実行時エラーを未然に防ぐNull  Safetyという言語仕様があるため、安全に安定した開発を、低負担でできることも大きなメリットですね。

もうひとつは、先述の通りJavaとの相互運用性の高さです。

JavaコードとKotlinのコードを相互に呼び出しての利用が可能なため、既存のJavaの資産を活用しながら追加の開発をKotlinで行って変換する、といった効率的な運用が可能になります。

Kotlinで開発できる3つのもの 

では、そんなKotlinを利用して開発できるものにはどのようなものがあるのか、大きく3つに分けてご紹介したいと思います。

Webアプリケーション開発

Webアプリケーションの場では、今までJavaが多く使用されていました。

まずは、Webアプリケーションの開発です。

そのため、JVM上で動作するKotlinを代替とすることも可能であり、Javaよりも簡単にコーディングできるKotlinが採用されることも増えています。

Webアプリケーション開発に用いられる言語には一般的に付随するフレームワークがありますが、Kotlinにも、Ktorという優れたフレームワークが存在します。

そのため、それを利用してKotlinの特徴を生かした効率的なWebアプリケーションの開発ができるのです。

Androidアプリケーション開発

2つ目は、Androidアプリケーションの開発です。

2017年5月にはJavaに続きGoogleのAndroidアプリケーション開発の公式言語として採用、さらに2年後の2019年5月には推奨言語として格上げされるなど、Androidアプリケーション開発の場で注目を浴びているKotlin。

LINEやYahoo!ニュース、Abemaなど私達の身近なアプリにも多く使われており、Kotlinのシンプルなコードと互換性はAndroidアプリケーションの効率的な開発に欠かせないものになっています。

もちろん今後も、さらに採用する企業やアプリが増加していくことが考えられるでしょう。

サーバーサイド開発

3つ目は、サーバーサイドの開発です。

Uber、Netflix、Evernoteなどの海外企業や、国内でもアメーバピグやサイバーエージェント、Rettyなど、現在も多くの企業のサーバーサイドでKotlinが採用されています。

サーバーサイドでも利用される理由のひとつにはやはり、Javaとの互換性があげられます。Javaからの移行のコストが低く、より安全であるためにJavaを使用していた企業がKotlinに移行する例が多いためですね。

現在Javaを使用している企業も、今後Kotlinへの移行が進んでいくかもしれません。

Kotlinは将来性のある言語|需要が高まるとされている理由は? 

では、Kotlinの今後の需要はどうなっていくのでしょうか?

ここまでのKotlinについての解説をご覧になって、Kotlinの習得に興味を持たれた方もいるかもしれません。

しかし、エンジニアとしての案件を得るためにはより将来性の高い言語の習得を目指したいものですよね。

結論からお話しすると、Kotlinは将来性のある言語だと言えます。

その理由には、これらのことが挙げられます。

理由(1)ITエンジニアの人材不足が続いているため

まず第一に挙げられるのは、ITエンジニアの人材不足が続いていることです。

IT人材の需給に関する調査が2019年に発表され、そのデータでは、ITエンジニアの人材不足が明らかであることが出ています。

Kotlinに限らず、エンジニア自体が不足しているために今後開発の場が増える事が予想されるアプリケーション開発に関わる言語を習得しておくことは、案件の獲得に有利に働きます。

理由(2)Kotlinを使用する企業からの採用が増えているため

次に、Kotlinを使用する企業からの採用が増加していることです。

サーバーサイドでもアプリケーション開発においても様々な名だたる企業に採用されているKotlinを扱えるエンジニアは、そういった企業からの求人が増加しています。

今後もKotlinを利用する企業が増えていくことが予想されているため、それに伴ってさらなる需要の増加も見込めるでしょう。

もちろん企業の求人だけではなく、フリーランスの案件も豊富に存在しています。

理由(3)Google社がAndroidの公式開発言語として指定したため

もうひとつ、Kotlinの将来性を裏付ける理由として大きなものは、上の解説にもあるようにGoogle社によってAndroidアプリケーションの公式開発言語として指定されていることです。

今後もスマートフォンやタブレット端末の普及とともにAndroidアプリの開発が進んでいくことは想像に難くなく、他言語よりも簡潔に記述できるKotlinの需要が高まっていくことが分かります。

Kotlinエンジニアの年収|高単価な仕事を獲得するためには? 

Kotlinを扱うエンジニアの年収は、平均1000万円程度と言われています。

ですが、月額でも60万円から85万円ほどと幅があり、年収にしても700万円ほどから高い人だと1800万円ほどと、そのスキルや経験、働き方によって大きく差があります。

基本的にKotlinのフリーランスエンジニアの収入は会社員よりも高い傾向にあり、また、近年ではフリーランス向けの求人や案件も数多くあります。

高収入を目指す方はまず企業などで経験を積んでから独立し、フリーランスとして高単価の案件を獲得するのがおすすめです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
Kotlinの案件を見てみる

まとめ

今回の記事では、アプリ開発で注目される言語、Kotlinの概要とその将来性についてお話ししました。

アプリケーション開発に興味のあるエンジニアの方、高収入を目指し将来性のある言語を習得したいエンジニアの方は、Kotlinの習得がおすすめです。
習得後フリーランスエンジニアとして活動する方、また現在Kotlinの案件をお探しの方は、ぜひフリーランスエンジニア向けIT系求人・仕事・案件情報サイトの「エンジニアルート」で高単価の案件をお探しになってはいかがでしょうか。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事