SESとは?メリットやデメリット、契約形態について解説

「SESってどんな働き方?」
「SESと請負契約、派遣契約では何が違うの?」
「SESのメリットやデメリットが知りたい」

これからエンジニアとして転身を考えている方や少しでも業界のことを見聞きしている方ならSESという言葉を少しは聞いたことがあるのではないでしょうか?

ここではSESという形態での働き方や、それぞれの契約の違い、メリットやデメリットについて解説していきます。
数ある契約形態をそれぞれ理解して、働き方の選択肢として参考いただければ幸いです。

そもそもSESとは

そもそもSESとは何でしょうか?
SES(システムエンジニアリングサービス)を簡単に説明すると、
「ソフトウェアやシステムの開発において、クライアントに技術力や労働力を提供する契約形態」のことを言います。

IT業界でシステム開発を行う際に、クライアントと交わす契約形態は複数ありますが、

•クライアントから依頼されたソフトウェアを開発して納品まで請け負うのが請負契約
•クライアントから依頼された期間、技術力を提供するのが派遣・SES

となります。

基本的に技術者が欲しいクライアントに対してエンジニアを派遣する形態は変わりありません。
「じゃあ派遣や請負契約は何が違うの?」と思う方もいるのではないでしょうか?

SESの実態としてはグレーな部分もかなりありますが・・・そこは置いといて次にそれぞれの契約形態の違いについて更に詳しく見ていきましょう。

SES・派遣・請負契約の違いは?

ここではSESや派遣、請負契約のそれぞれの違いについて見ていきましょう。

それぞれの契約形態には、

•請負契約では成果物を収めることで報酬が発生する
•一方、派遣・SES契約ではその過程に対して報酬が発生する

という明確な違いがあります

派遣とSESは派遣先であるクライアント側に常駐して、業務を行う事自体は代わりありませんが、業務の指揮命令系統が異なります。

派遣は基本的にクライアントの支持の元作業を行いますが、SESの場合はベンダーの支持で作業を行います。

実際にはSESも派遣同様クライアントの支持で作業を行う場合も実際には多いようですが・・・

請負契約は基本的に契約内容で成果物を求められますので、納期に間に合わなかった場合は契約違反となります。

たとえば請負契約は、

クライアント:○○を○日までに作って!
エンジニア:これが成果物です!
クライアント:ありがとうございます!報酬です。

クライアント:○○を作って
エンジニア:すみません。できませんでした!
クライアント:じゃあ報酬なしね

のような感じですね!

一方派遣・SES契約のエンジニアでは基本的に契約に基づいた期間業務を行うため、納品物を収めるというよりは期間中にエンジニアとしての技術力を提供するイメージと考えてもらえればと思います。

まとめとして、

・請負契約は、成果物に対して報酬が支払われる
・派遣・SESは、期間に対して報酬が支払われる

SESのメリット・デメリットとは

SESの概要がわかったところで、実際のSESのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

SESのメリット

スキルが身に着けやすい
比較的規模の大きな企業のエンジニアは、数年単位で延々と同じ仕事に携わることが多いと言えます。
システムが完成しても保守・運用や仕様変更に伴う改修などを行うため、身につけられるスキルが偏りがちでなかなかスキルが身につかないことがあります。

しかし、SESは期間契約なので、契約の期間が終了すれば他の案件に関わることができます。そのため同じような仕事を延々とやる必要がありません。
そのため、さまざまなスキルを身に着けやすく、実務経験も身につくため、経験が長いほど次の案件でも受け入れられやすいでしょう。

正社員に比べて残業が少ない
SESの場合、所定の労働時間とは別に残業代は別途請求できる契約を結ぶことが多いといえます。そのため、少しでもコストカットをしたい企業によってはSES契約のエンジニアには残業をさせなかったり、あったとしても残業は1日1時間までなど指示されることもあります。
以前勤めていた企業でもSESの場合は残業は20時まででした。

SESのデメリット

即戦力を求められる場合が多い
SESはシステム開発における技術者・労働力を提供するため、基本的に即戦力を求められます。そのため、技術力が高いほど高レベルな案件にチャレンジできますが、技術力が低いと簡単な仕事しか任せてもらえない場合もありえます。

スキルが身につかない場合も
メリットでスキルが身に着けやすいと書きましたが、企業によってはテストや保守、何ら関係のない雑務をやらされることもあり、スキルが身につけにくい場合もあります。
人さえ増やせばプロジェクトは円滑に進むと考えている企業やPMもまだまだ多く、人があぶれて簡単な雑用しか依頼されない例も多いようです。
せっかくエンジニアとして働くなら、しっかりと働ける案件が取れる会社を見極めたほうが良いでしょう

まとめ

ここでは、SESの概要や派遣や請負契約との違い、SESのメリット・デメリットについて解説しました。
SESはクライアント先に出向して技術力を提供することに変わりありませんが、メリット・デメリットがあり、クライアント先によって仕事の内容は多種多様です。
しかし、実績を積んでスキルを身に着けたいエンジニアによっては大きなメリットのある働き方ですので、SESでの働き方をしっかりと理解して、エンジニアとしてステップアップを目指していきましょう。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事