Photoshop案件の求人数・案件単価相場

  • 最高単価
    60万円
  • 最低単価
    50万円
  • 平均単価
    56万円
他言語の単価相場グラフを見る

Photoshopのフリーランス求人案件一覧

該当件数: 5

【サイト制作/デザイン】大規模Webサイトの制作業務

情報通信

報 酬

~50万円程度 ※スキル見合い

エリア

システム種別

オープン/Web系

最寄駅

お台場

詳細

【仕事内容】 某放送局における大規模Webサイト内のコンテンツ改編(HTML・CSS の改修)業務。 またコンテンツデザイン業務やチーム内の運用メンバーとの調整業務。 【要求スキル】 (必須) ・デザイナー業務経験2年以上 ・Photoshop/illustratorの利用経験 ・HTML、CSSの開発経験 (尚可) ・JavaScriptの開発経験

【ITディレクション】大規模Webサイトのディレクション業務

情報通信

報 酬

~60万円程度 ※スキル見合い

エリア

システム種別

最寄駅

お台場

詳細

【仕事内容】 某放送局における大規模Webサイト内のコンテンツ改編に伴う番組担当者との調整、及びコンテンツ改編業務。 またチーム内の制作メンバー(デザイナー)や運用メンバーとの調整業務もあり。 【要求スキル】 (必須) ・Webサイトのディレクション経験3年以上 ・Photoshop/illustratorの利用経験 ・HTML、CSSの基礎知識があること ・一般的なWebページの公開業務経験があること

【Vue.js】人事業務支援サービス開発

サービス

報 酬

50~60万円

エリア

システム種別

オープン/Web系

詳細

【仕事内容】 サービス改善の開発案件におけるフロントエンド業務 【要求スキル】 (必須) ・サービス開発におけるフロントエンドのチーム開発経験 ・Vue.jsおよびVuex、npm、Sass(SCSS)、Gitを利用した開発実務経験または技術知識保有 ・Web標準(HTML5/CSS3)に則ったコーディングの実務経験 (尚可) ・UIデザインやユーザビリティに関しての知識 ・Webpackなどモジュールバンドラに関しての技術知識 ・制作環境や業務を自らのツール開発等によって効率化した経験 ・HTTPやAPIなども含めたWEBバックエンドに関する知識 (求める人物像) ・ディレクター、デザイナー、開発エンジニアと適切にコミュニケーションし、自発的に実施内容の調整や改善提案ができる ・カスタマー視点での機能実装及び提案が行うことができる ・自分自身のタスク管理ができ業務が実施できる

【HTML】求人情報サービスのデザイン業務

インターネットサービス

報 酬

~50万円

エリア

[その他] フルリモート

システム種別

ポジション

詳細

【仕事内容】 求人情報サービスのデザイン業務 【要求スキル】 (必須) ・HTML5、CSS3、Javascriptの実装経験 (尚可) ・PHPに関する知見/経験 ・UI/UXを理解したデザイン経験 ・Illustrator/Photoshop/XDの経験 ・デザイン経験(LP、バナー、イラスト…等)

【コーディング/デザイナー】共通ポイント関連のデザイン制作

官公庁/公共

報 酬

50~60万円程度

エリア

システム種別

ポジション

Webデザイナー

詳細

【仕事内容】 共通ポイント関連サイトやアプリ、メルマガに掲載するバナーやLPのデザイン制作 【要求スキル】 (必須) ・PhotoshopやXDを用いたWebデザイン実務経験2年以上 ・HTML、CSSのコーディング経験、または基本的な知識 (尚可) ・要件に合った適度なあしらいで、情緒的に豊かなビジュアル表現ができる (求める人物像) ・責任感を持って仕事に取り組んでくださる方 ・正確かつ丁寧に作業を進められる方 ・コミュニケーション能力の高い方

関連キーワードから案件を探す

Photoshop案件のよくある質問


クエスチョン
Photoshop案件の案件相場はどのくらいですか?
アンサー

現在のPhotoshop案件の平均単価は56万円(最高は60万円、最低は50万円)です。
主要な言語の案件相場はこちら からご覧いただけます。


クエスチョン
Photoshop案件の案件数はどのくらいですか?
アンサー

現在のPhotoshop案件数は5件です。
案件数は日々変動しており、その他非公開案件などもございますので、エンジニアルートが検索・営業を代行し、マッチした案件を随時ご案内する事も可能です。


クエスチョン
Photoshop案件の中で長期就業、短時間、リモートワーク・テレワークで勤務できる案件はありますか?
アンサー

時期やタイミングにもよりますが、可能な案件も多くございます。
エンジニアルートへご登録いただければご希望の就業形態を考慮し、非掲載案件を含めた中からご提案させていただきます。


Photoshopについて

Photoshopとは

Photoshopという名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
Photoshopは、アメリカに本社を持つアドビ(Adobe Inc.)が提供している画像編集用のアプリケーションソフトウェアです。
1990年に最初のバージョンであるPhotoshop1.0がリリースされ、そこから様々な改良をほどこしながらアップデートが重ねられて現在では世界中で利用される有名なソフトウェアになっています。

フォトショと略して呼ばれることもあり、その知名度の高さからPhotoshopという単語自体が画像を加工することや加工された画像を指す言葉として英語圏でも日本でも利用されています。

開発がはじまった1987年ごろは名前の通り写真のちょっとした操作しかできないツールでしたが、改良が加えられた現在では写真の補正や合成・除去などの加工はもちろん、グラフィックを利用した作品やゼロから絵を描き編集することまで様々な画像編集が行えるようになりました。
画像だけでなくアニメーションの作成にも対応するなど、今やWeb制作には欠かせないツールとなっています。

Photoshopの特徴

Photoshopの大きな特徴としては、ビットマップ形式の画像を取り扱うのに適しているということがあります。

画像には2種類の形式があり、『ビットマップ形式』や『ラスタ形式』と呼ばれる、小さなタイルの集まりのような画像を座標と色で認識しマス目を塗りつぶすような形式の画像と、『ベクタ形式』と呼ばれる、向きや長さを認識し計算式で覚えるような形式の画像があります。

Photoshopはそのうちビットマップ形式のデータを主に取り扱っているため、同じような形式で表示されるパソコンのディスプレイなどに表示するものとの相性がいいというメリットがあります。
ちなみに、ビットマップ形式の画像を取り扱うソフトは『ペイントソフト』と呼ばれています。

Photoshopとよく比較される同社のソフトウェアに『Illustrator』がありますが、こちらはベクター形式の画像を主に取り扱う『ドローソフト』のひとつです。
ベクター形式は画像の拡大縮小には強いですがデータが重くなるというデメリットがありますので、紙に印刷するようなものを取り扱う場合はIllustratorを使ったり、といったように使い分けられます。

Photoshopの将来性

Photoshopは30年以上もの歴史があり、現在も万能な画像編集ソフトウェアとして様々な場面で利用されています。
Webコンテンツは日々増加の一途を辿っており、画像やコンテンツもあらゆるページに点在しています。
Photoshop自体の需要は今後も維持・増加していくと考えられますが、Photoshopを扱う業務に就く人がより将来性を高めるにはどうすればよいのでしょうか。

Photoshopが活かせるWeb系の主な職種として、Webサイトのデザインとサイト作成を行うWebデザイナーなどがあります。
WebデザイナーにはPhotoshopやIllustratorを使って素材を作るデザインスキルの他にも、JavaScriptやHTML、CSSなどの言語を使ってコーディングし、サイト自体の制作を行えることが必須になります。

Webサイトは現在も増加傾向にあり職種自体の将来性は高いと言えますが、その中でもより将来性を高めるためにおすすめなのは、UI・UXの設計スキルです。
Webデザイナーの中でも希少性が高く、重宝されやすいスキルになるでしょう。

Photoshopの勉強方法と関連資格

Photoshopを取り扱えるよう学習するのは簡単ではありませんが、独学で習得しているという人も多く高すぎる難易度というわけではありません。
知名度の高いソフトウェアであるため参考書やサイト・動画講座なども多くありますので、自分にあったものを活用しましょう。
もちろんスクールもありますので、独学が難しいという方はぜひ利用しましょう。

Photoshopには民間資格である『Photoshopクリエイター能力認定試験』と、アドビが主催する『アドビ認定プロフェッショナル』の2つの資格試験があります。

アドビ認定プロフェッショナルは国際的なものですがデザインを学び始めた学生や新人、未経験者を対象とする基礎的なものなので、Photoshopの習得を1から目指す方が目標として受験するのにおすすめです。

就職などに活かすため高難易度の資格が欲しい方は、Photoshopクリエイター能力認定試験が良いでしょう。
難易度別にスタンダードとエキスパートの2種類があり、エキスパートでは実務を想定したレベルになっていて実技試験もあるため、対外的なスキルの証明に挑戦してみてはいかがでしょうか。

▼ 続きを読む