これが年収1000万を稼ぐプログラマー!年収の差は意外なところから発生していた!?

何かと出費が多い現代社会では、夢の年収1000万円を目指して仕事に取り組んでいるプログラマーも多いのではないでしょうか。一言でプログラマーと言っても、担当している業務の範囲や働く環境も大きく異なるため、平均年収にも差が出ることが多く、プログラマーというイメージ通り「稼げるプログラマー」と、イメージに反した「稼ぐことができないプログラマー」がいるのが現実です。

では、プログラマーになることを目指している人々や、すでにプログラマーとして働いている人たちは、今後どのようなポイントに注意して年収UPを実現するべきなのでしょうか。

今回は、年収1000万円を稼ぐプログラマーになるために必要な知識をお伝えします。
今後の生活を大きく左右することになる大事な収入をしっかりと確保したいというプログラマーのみなさんは、是非参考にしてくださいね。

プログラマーの平均年収は○○円

始めに、IT化が加速する現代社会で必要とされ続けているプログラマーの平均年収を確認しておきましょう。プログラマーの平均年収は400万円前後と言われており、他の業界と比較をしてもさほど高額ではなく、一般的な社会人の平均値であると言えます。

プログラマーと言っても、システムの設計書に基づいてプログラミングをする作業や、開発したシステムのテストをする作業など、担当している分野が限定されていたり、開発に関する業務を一任されていたりする場合など、任されている業務内容や業務範囲によって年収に大きな差が出ることもあります。

一般的には、企業の規模が大きくなれば大きくなるほど年収が高額になる傾向がありますが、プログラマーの場合にはフリーランスとして活躍している方も多く、フリーランスとして活躍しているプログラマーのほうが年収は高い場合もあります。

平均年収はあくまでも参考程度として考え、現段階で平均より低いからと言って不満を持つのではなく、ご自身の業務内容や働く環境、周囲との年収と比較した上で判断をするようにしましょう。

稼げるプログラマーと稼げないプログラマー

同じプログラマーというカテゴリの中で働いているのに、稼げるプログラマーと稼げないプログラマーとの間に差が発生してしまうのはなぜでしょうか。

プログラマーとして任されている業務範囲によっても年収に差が出ることはお伝えしましたが、その他に年収に影響すると考えられる項目をお伝えします。

勤める企業による違い

そもそも、勤務している企業が大企業なのか、中小企業なのかなど、企業規模によっても年収に影響が出ることが考えられます。
また、多くの人に親しまれているアプリやソフトなど、大きな利益を上げている事業がある企業の場合には、ライバル企業に負けないために優秀な人材を獲得しようと、プログラマーの年収が高額に設定されていることも多くなっています。

つまり、多くの人に愛用されるソフトウェアの開発に成功すれば、小規模の企業であっても、高額な年収を期待できる可能性があるということです。技術力やアイディアに自信があるプログラマーは、規模の事業所で高額な年収を目指すことができるかもしれません。
すでに大きな成功を収めている企業に勤めているプログラマーは、今後も安定した経営が続く企業であるか将来性を見つめ直し、必要に応じて転職を検討しても良いでしょう。

システム開発の担当範囲による違い

プログラマーとして働く中で、実際に担当している業務範囲がシステム開発のどの行程に当たるかによっても年収が左右されると考えられます。元請けとしてシステム開発を行っている企業なのか、もしくは下請けとして開発の下流行程だけを任されているのかなどが年収と深く関わっているのです。

大企業などから数十億以上の高額の依頼がある企業は、企業の規模に関わらずプログラマーの年収も高額になると言えます。そこから下請けになればなるほど年収が上がりにくいと考えられます。

プログラマーとしてのスキルの違い

扱うことができるプログラミング言語によっても年収が左右される可能性があります。プログラミング言語には新しいものから古いものまで数多くの種類がありますが、利用頻度の高いもの、最新のもの、必要とされるものなどをその都度見極めることができ、常にスキルアップを心がけているプログラマーが稼ぐことができるプログラマーです。扱うことができる言語や経験はより多いに越したことは無いのです。

プログラマーという技術職で稼ぐことを目指す以上、より深い知識と技術を身につけ、どこでも通用しどこでも必要とされるようなワンランク上の技術を身につけるための努力は必要不可欠となるでしょう。

あなたの働き方は年収を下げている!?

安定を求めて企業に属してプログラマーとして働き続けていると言う方も多いでしょう。もしかすると、正社員として働いているせいで年収がなかなか上がらない可能性があるのです。プログラマーのスキルは申し分無いのに年収が全然上がらないという場合、正当な評価をしてくれる環境ではない可能性があるため、転職を視野に行動してみてはいかがでしょうか。

フリーランスという働き方を本業として選択することで年収を大幅に引き上げることに成功するプログラマーが多くなっています。フリーランスプログラマーの案件は単価が高額であることも多く、扱う言語によってはかなりの高収入を目指すことができるのです。

年収1000万円を目指したいなら〇〇をやるべき!?

プログラマーとして働く上でやりがいやモチベーションに繋がる重要な要素の一つである年収は、高額であることに越したことはありません。ここでは、年収1000万を目指すためにすべきことをご紹介します。

開発にまつわる業務を全てできるようになる

開発の一部分だけを担当するプログラマーではなく、全体を管理するようになると年収が高くなる可能性が高くなります。上流工程も下流工程もできるようなスキルを身につけていきましょう。

独立する

独立してフリーランスになり、プログラマーとしての実力が認められれば高単価の案件を掛け持ちすることができるようになり、年収1000万円も夢ではありません。
フリーランスになるためには信用と自己管理が非常に重要です。また、高いコミュニケーション能力も必要になるため、事前準備をしっかりと行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、プログラマーを目指す人やプログラマーとして活躍している人にとって大変重要な、年収1000万円を目指すために必要な知識をお伝えしました。

どのような仕事をする場合でも、高いにこしたことはないのが年収です。
例えハードなお仕事が続いたとしても、ご自身で納得がいく収入さえあれば頑張り続けることができ、挫折せずに済む大きな理由にもなるものです。
年収1000万という大きな目標を達成するために、今の環境を見直し、将来設計を考え直してみてはいかがでしょうか。
【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスのお仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

高額案件のお仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事