今がチャンス!?フリーランスエンジニアに転身するためには?

フリーランスは特定の組織に属さず、自由に働いて収入を得ることができます。フリーランスは年々増加傾向にありますが、いざフリーランスになろうと思ってもさまざまな不安がよぎっている方も多いのではないでしょうか?
ここでは、フリーランスエンジニアに転身を考えている方に向けて、フリーランスのメリットやエンジニアになるための方法、フリーランスとして働き続けるための簡単なコツなどを紹介いたします。

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスのエンジニアは会社員と比べて以下のようなさまざまなメリットがあります。

・自分がやりたい仕事を自由に決められる
・仕事量を自分で調整できる
・税金・営業などの知識を身につけることができる
・収入アップが期待できる

自分がやりたい仕事を自由に決められる

フリーランスの場合、契約によって決められた期間や成果物を納品した時点で基本的に契約が終了し、次の案件を探すことになります。

そのため、嫌な仕事を何年も続ける必要はありませんし、人間関係が良好でなくても契約が終了した時点で付き合いも終わりますので気持ちを切り替えて次の案件を探すことができます。

また、自分が興味のある分野やスキル面で得意な分野の仕事を自由に決められるため、やりたい仕事やキャリア面でマッチする仕事のみ携わることも可能です。

もちろん優秀なエンジニアは企業としては喉から手が出るほどほしいので、契約が終了したあとも引き止められたり、交渉次第で継続して働くことも十分可能です。

仕事量を自分で調整できる

フリーランスは基本的に成果主義のため、とくにリモートワークの場合は決められた時間に働く必要はありません。

会社員時代のように周りが残業しているから会社に残らなければいけない、雰囲気的に休みが取りづらいなんてこともなく仕事量を自分で調整してプライベートを思い切り楽しむことも可能です。

常駐案件の場合は決められた時間働かなければならない場合が大きいですが、それでも会社員に比べると自由度は高いと言えるでしょう。

税金・営業などの知識を身につけることができる

フリーランスは基本的に確定申告や仕事を会得するための営業は自分でしなければいけません。

これを面倒と感じるか楽しいと感じるかはその人次第ですが、基本的に確定申告は自動で経費の計算や申告に必要な書類を自動で作ってくれるサービスもあります。

また、営業も自分で経験することで交渉を有利に進められることができます。営業が面倒な場合は、フリーランス向けのエージェントサービスもありますので利用してみると良いでしょう。

収入アップが期待できる

フリーランスは基本的に企業からの報酬をそのまま受け取ることができるため、会社員よりも収入は高いと言えます。

また、エンジニアの案件は幅広く、使用できる言語によって収入も大きく左右します。
とくに需要が高く人手が足りない分野によって、収入は大きく変わる場合もあります。

複数の案件を掛け持ちすることや自分でアプリケーションを開発して販売することでも大幅な収入アップが期待できます。

フリーランスエンジニアになるには

エンジニア経験ありの場合

会社員時代にある程度SE・プログラマとして経験を積んでいる場合、その知識をそのままフリーランスのエンジニアとして活かすことができますので、フリーランスに転身することはそう難しくないでしょう。

特に現在ではエンジニアの数は不足しており、近年のIT関連の需要増加に伴いエンジニアの案件は増加傾向です。

そのため、エンジニアとして一定の開発経験がある場合はすぐにでもフリーランスとして活躍することは難しくないでしょう。

また、年齢的には40、50代でフリーランスとして転身することも十分可能です。実際に以前の職場では50代、60代でフリーランスとして働いている人も多く見受けられました。20代のほうが有利であることは変わりませんが、年齢によるギャップは除々に解消されつつあると言ってもよいでしょう。

実務経験の年数については、年数が長いほどさまざまなスキルが見について有利になりますが、短くても1年以上エンジニアとして経験すれば、フリーランスとして転身することは可能です。

他の業種からフリーランスエンジニアに転身したい場合

現在他の業種で働いていて、エンジニア未経験の場合でもフリーランスに転身することは十分可能です。

ただし、クライアントがフリーランスに求めるのは即戦力であり、実際に働く場合はある程度の開発スキルが必要なため、プログラミング専門のスクールなどで必要なスキルを習得しておく必要があります。

独学でもプログラミング言語を学ぶことは可能ですが、独学の場合は学習が長引いてしまう傾向があり、自分のスキルを客観的に図りにくいことから、学習の期間がズルズルと伸びてしまいがちです。

そのため、多少費用は掛かっても専門のスクールで学んだほうがエンジニアになるための近道と言えます。

また、初心者の場合は比較的習得が容易な「Ruby」「PHP」などWebサービスを開発するためのプログラミング言語を学ぶと良いでしょう

Web系はリモートワークが可能な案件も多く、1人でサービスを構築することも可能です。

フリーランスエンジニアとして働き続けるためには

フリーランスのエンジニアとして働き続けるためには、IT関連のスキルや技術力を常に磨いていく必要があります。

とくに技術力が高く、上流工程にも携われるエンジニアは高い収入を得ることができます。

また、さまざまな案件を経験することにより、働きながらスキルを習得することができますので、現状に満足せずに苦手な分野や未経験の分野の案件にも挑戦したほうが仕事の幅が広がり、収入も上がっていきやすいと言えるでしょう。

ITの分野は移り変わりが早く、常に最新の技術をキャッチアップしていく姿勢も大切になります。

まとめ

ここではこれからフリーランスのエンジニアへ転身を考えている方に向けて、フリーランスのメリットや、フリーランスになるために必要なこと、今後もフリーランスとして働き続けるための方法などについて解説しました。
フリーランスに転身することはそう難しくありません。充実したフリーランス人生を送るために最初の一歩を踏み出してみましょう。

人気のコラム記事