Unityエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルをご紹介します

Unityエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルをご紹介します
Unityは、ゲーム開発において欠かせないプラットフォームのことです。
Unityエンジニアは、そんなUnityを取り扱うエンジニアを指します。

そこで今回は、Unityエンジニアの仕事内容や必要なスキル、Unityエンジニアの将来性などをご紹介します。Unityエンジニアを目指している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

Unityエンジニアとは?

Unityは、2Dや3Dにも対応しているゲーム開発に欠かすことのできないゲームエンジンです。

ゲーム業界においてUnityは活用されていて、スマホ向けのゲーム開発を行っている企業では必要不可欠な存在です。また、最近はVRを使ったゲームも人気ですが、そんなVRのゲーム開発にもUnityは使用されています。

Unityはゲームエンジンとして開発されたのですが、現在はゲーム業界以外でも幅広く活用されています。
そんなUnityを使うエンジニアがUnityエンジニアです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

Unityエンジニアの仕事内容は?

次に、Unityエンジニアの主な仕事内容を見ていきましょう。

ゲーム開発

Unityエンジニアは、ストーリーやシナリオに沿って描画処理などを実装したり、ゲームキャラクターの動きを実装したりといった、ゲームに必要な工程を行います。

Unityは、ゲーム開発に使われる処理が標準機能として用意されているので、特別なプログラミングスキルを持たない方でも取り扱うことができます。

フロントエンド開発

フロントエンド開発は、主にユーザーの目に触れる部分になります。Unityエンジニアは、ゲームクライアントやアプリケーションのUIなど、ユーザーが操作する部分の開発を行うのです。

このフロントエンド開発は、顧客目線での使いやすさや顧客体験を左右する重要な工程になります。
Unityエンジニアは、HTTP・TCP・UDPなどを使った通信設計やAPIを活用したサーバーサイドとの連携部分の実装などを行うこともあります。

外部アセットやプログラミングによる拡張機能実装

ゲームタイトル独自の処理や表現などには、拡張用プログラミング言語による追加開発が必要となります。Unityは、拡張用言語としてC#というプログラミング言語を使います。
C#を使った追加開発では、外部のアセットを取り込み、プログラミングによるゲームタイトルの処理や機能を実装します。

ゲーム以外の開発

Unityエンジニアは、ゲーム開発以外の分野における開発も行うことがあります。

自動車業界では、デザイン設計などをVRで行い、3Dイメージを再現することがあります。UnityエンジニアはCADデータと連携して、現実世界にできるだけ近い質感で3Dイメージを再現するのです。

また、Unityエンジニアは医療業界に携わることあります。
医療業界ではUnityを使って臓器や骨格などを細かく再現して、外科手術に使うためのVRシミュレーターを開発することもあるのです。

Unityエンジニアになるために必要なスキルをご紹介!

Unityエンジニアになるためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。ここからは、Unityエンジニアになるために欠かせないスキルをご紹介します。

Unityのスキル

Unityエンジニアは、Unityを扱うのでUnityの操作や仕様に関する知識を持たなければいけません。

C#のスキル

Unityは拡張用言語として主にC#を使います。そのため、UnityエンジニアになるためにはC#のプログラミングスキルが必要となるでしょう。
コーディングやテスト、バグフィックスなどができるレベルであれば、Unityエンジニアとして十分に活動できます。

3Dモデリングのスキル

Unityエンジニアは、外部アセットを使いながら3Dモデリングを担当することもあります。そのため、3Dモデリングのスキルも必要となるでしょう。3Dモデリングは、主に以下の工程で成り立ちます。

デザイン:色や模様、デザインを決める
モデリング:デザインを元に3Ⅾオブジェクトを構築する
テクスチャリング:3Ⅾモデルの表面に色や模様、質感などを実装する
シェーディング:テクスチャの描画使用などを決める
リギング:キャラクター3Ⅾモデルを動作させるための関節を取り込む
アニメーション:リギングを元に実際の動作を決める

Unityエンジニアの将来性は?

最後に、Unityエンジニアの将来性をご紹介します。
Unityエンジニアの将来性を考えると、今後も順調な需要の伸びが予想できるので、将来性は高いでしょう。

Unityエンジニアが主に携わるスマホ向けゲーム業界は、順調に推移しています。また、ゲーム開発以外でもAR・VRを使ったシミュレーションが一般化しているので、今後は活躍の場が大きく広がるでしょう。

さらに、最小限のリソースで素早く高品質な開発を求められる現在は、Unityの特徴である手軽さや汎用性の高さが評価されます。このように、今後はますますUnityエンジニアが活躍できそうです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

Unityエンジニアはゲーム業界には欠かせない存在です。
Unityエンジニアが主に使用するUnityは、直観的な操作ができるので、プログラミング初心者や未経験の方でも始められるでしょう。

ゲーム業界が盛り上がっている今、Unityエンジニアは注目されている職種と言えます。
Unityエンジニアを目指すためには、基本的なUnityの知識以外にも、3Ⅾグラフィックスの知識や経験、C#の知識やスキルなどが必要となります。
ぜひ、これらのスキルや知識をしっかり身に着け、幅広いジャンルで活躍するUnityエンジニアを目指してくださいね。

【お知らせ】 現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。 ↓フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事