Salesforceエンジニアとは?仕事内容やスキル、資格情報をご紹介!

エンジニアを目指している方やエンジニアとして頑張っている方などは、「Salesforceエンジニア」という単語を見聞きしたことがあるでしょう。

Salesforceエンジニアとは、クラウド型CRMソフトウェアのSalesforceの導入や開発、保守を行っているエンジニアの事を指します。

そこで今回は、Salesforceエンジニアの仕事内容や必要なスキル、資格情報をご紹介します。

Salesforceエンジニアを目指している方や、Salesforceエンジニアに興味や関心のある方などは、ぜひ参考にしてくださいね。

Salesforceとは?

まずは、Salesforceとは何かについて詳しく見ていきましょう。
Salesforceとは、クラウドコンピューティング市場におけるシェアや営業、マーケティング、サポートのソリューションなどで全世界一位を誇る業界最大手のシェアサービスです。Salesforceは、クラウド型のビジネスアプリケーションを提供しています。

Salesforceは、クラウドで顧客管理や営業管理などを行うことができるのに加え、豊富な機能を搭載しているのが特徴です。

その機能には、営業支援や顧客管理、案件管理、見積管理、商談、社内情報共有SNS、B2Bマーケティング、売上予測などがあります。

また、Salesforceはそれぞれの企業が必要な機能のみを選べる従量課金制サービスのため、事業規模や業種などを問わず使うことができます。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

Salesforceエンジニアの仕事内容

次に、Salesforceエンジニアの仕事内容をご紹介します。
Salesforceエンジニアの仕事内容は、既存の社内システムとして使われるSalesforceの開発や運用、導入支援、機能追加などです。

Salesforceエンジニアとは、Salesforceを導入している会社がスムーズに活用できるようにカスタマイズすることと言えます。

Salesforceオリジナルの開発プラットフォームのforce.com上で行われ、画面UIの変更やロジックの変更、オブジェクトの追加にApex言語などを使って開発するのです。
また、Salesforceエンジニアはドキュメント整備やテスト、障害対応なども仕事内容に含まれます。

そして、各企業によってSalesforceのカスタマイズを行うので、Salesforceエンジニアは主な仕事内容である開発のほかにも、企業の業務フローや事業内容なども把握していると良いでしょう。

Salesforceエンジニアに必要なスキルや資格は?

続いて、Salesforceエンジニアに必要なスキルや資格を見ていきましょう。

Salesforceエンジニアに必要なスキルは、Salesforceの開発経験とApexでの開発経験です。
Apexは、Salesforceのプラットフォームともいえるforce.com で使われているスクリプト言語の事です。

そのため、SalesforceではApexの開発経験が必要となるのです。
Salesforce上でコーディングすることもできますが、Eclipseプラグインも配布されているので、Eclipseプラグインを使って開発することもできます。

また、ApexはJavaによく似ているので、未経験者でもJava開発経験がある方は、Salesforceエンジニアの求人や案件に参加できる可能性があります。

では、Salesforceエンジニアにはどのような資格が必要なのでしょうか。

Salesforceには、独自の認定資格があり、CRM管理者・コンサルタント、開発者・アーキテクト、マーケター・コンサルタントの各担当者別に分けられています。その中で、上位資格と基本資格が設けられているのです。上位資格とは、基本資格を取得した後に受験することができる資格です。

具体的な資格内容は以下の通りです。

管理者・CRMコンサルタント

・認定アドミニストレーター
・認定上級アドミニストレーター
・認定community Cloudコンサルタント
・認定Sales Cloudコンサルタント
・認定Service Cloudコンサルタント
・認定Field Service Lightning コンサルタント

アプリケーション構築者

・認定Platformアプリケーションビルダー

開発者

・認定Platformデベロッパー
・認定上級Platformデベロッパー
・認定B2C Commerceデベロッパー

アーキテクト

・認定Development Lifecycle and deploymentデザイナー
・認定Identity and Access Managementデザイナー
・認定Data Architecture and Managementデザイナー
・認定B2C Commerce Technical Solutionデザイナー
・認定Heroku Architectureデザイナー
・認定システムアーキテクト
・認定アプリケーションアーキテクト

Einstein Analytics

・認定Einstein Analytics and Discoveryコンサルタント

Salesforce認定資格費用は20,000円で、資格合格率は非公開です。
Salesforce認定資格は年3回行われるSalesforceアップグレードに対応して試験問題が改定されることにより、資格を持っている方は受験して資格を更新し続けることが必要なのです。

Salesforce認定資格はグローバル基準なので、一つの国で資格を取った場合、世界中どこに行っても資格保持者として扱われるという特徴があります。

Salesforceエンジニアはフリーランスにおすすめ!

将来的にも、Salesforceエンジニアの需要はまだまだあるでしょう。
そのため、企業に属してSalesforceエンジニアで働くのはもちろん、フリーランスのSalesforceエンジニアになるという未来もあります。

しかし、フリーランスのSalesforceエンジニアとして成功するには、こちらの記事でご紹介したSalesforceエンジニアの仕事内容を身に着けることはもちろん、マーケティングやCRMの知識をベースとして身に着けているとより強みが増すでしょう。

Salesforceエンジニアの基本力を証明するために、Salesforceの認定資格を取得しておくのも一つの手です。

さらには、Salesforceのスキルにプラスして、データ分析やAI、RPAなどの知識があると良いでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

Salesforceエンジニアの仕事内容やスキル、資格などをご紹介しましたが、Salesforceエンジニアについてのさまざまな知識は身につきましたか?

今後、Salesforceエンジニアの求人や案件はどんどん増加していくことが予想できるので、現在Salesforceエンジニアに興味や関心がある方、Salesforceエンジニアになりたい方は、自分でもいろいろと調べておくことが大切です。

また、SalesforceエンジニアのスキルやSalesforceエンジニア認定資格を身に着けておくことも重要です。
Salesforceエンジニアとして活躍するには、開発の経験や業務知識があり、さらにSalesforceの基本機能を頭に入れておくことがベースとなります。

システム開発未経験の方がSalesforceエンジニアとして働くのは不可能でしょう。Salesforceエンジニアを目指している方は、今の自分に何が足りないのか、どんなスキルを身に着けるべきなのかをしっかり理解することが大切です。

今後、どんどん移り変わるIT業界の中で活躍していくために、周りのエンジニアが持っていないスキルをしっかり身に着け、エンジニアとして成長していきましょう。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。


一対一のカウンセリングに基づき、
スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。
ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。
将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽にご登録ください。
お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事