フリーエンジニアがキャリアアップするための案件の探し方とは!?

あなたはフリーエンジニアとして、キャリアをスタートしてみたいと思っていませんか?
しかし、フリーエンジニアになるにはハードルが高いのでは?と感じている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、フリーエンジニアとしてキャリアをスタートするために、最初の案件の探し方からキャリアアップしていく方法などについて解説していきます。

フリーのエンジニアとして働くということ

会社勤めでエンジニアをしている方にとって、フリーランスとして活躍しているエンジニアは格好良く写り、「いつか自分もフリーのエンジニアとして活躍したい」と思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、フリーランスは仕事を自分で探す必要がありますし、後ろ盾がありませんのでいつ仕事がなくなるか、常に不安に悩まされることもあります。
また、自分の能力に見合った仕事をどうやって見つければ良いのか?給与の交渉はどうやってすれば良いの?継続して働けるのか?そもそもどのような案件から手を付けたら良いのか?
などわからないことが多く、フリーランスとして一歩を踏み出すのを躊躇してしまうこともよくあります。
そこで、次項からは案件の探し方から、確実にキャリアアップしていく方法について解説してきます。

フリーエンジニア初心者が請け負いやすい案件とは

フリーランスエンジニア初心者がまず悩むことは、仕事を得るための案件探しではないでしょうか?
とくに初めはどのような案件から初めたら良いかがわからずに、最初の段階からづまづいてしまうことも…。
そのため、フリーランスのエンジニアとしてキャリアをスタートしたいときは、初心者でも請け負いやすい案件からスタートすることも1つの手段です。
大手のクラウドソーシングサービスでは、個人でも十分請け負えるWEBサービス開発の案件も多数存在します。
また、クラウドソーシングサービスはリモートで可能な案件が多いのも魅力の1つです。
なかには単価が安い案件もありますが、実績作りとキャリアップのために請け負うのも選択肢の1つと言えるでしょう。
しかし、中には地雷と言えるような案件も多数存在しますので注意が必要です。
特にクライアントが開発についての知識が無かったり、納期が極端に短い案件や募集要件があっさりしすぎている案件については要注意です。
案件選びで失敗すると、せっかくフリーエンジニアとしてスタートしたのに、出鼻をくじかれてしまう恐れもあります。
そのため、やることを明確にした上で納期や単価を交渉するようにしましょう。
仕事を確実にこなしていけば、フリーエンジニアとしての自身にもつながりますし、実績を積み上げていくこともできます。

より高度な案件を請け負うためには

簡単な案件ばかりを請け負っていては、収入増にはつながりませんし、生活が危うくなる危険があります。
そのため、ある程度実績を積み上げたらフリーエンジニア専門の案件紹介サービスを利用してみましょう。
案件紹介サービスは専門のエージェントが希望する職種や単価、期間などをヒアリングして個人と企業のマッチングを行います。
案件紹介サービスはサポートもしっかりしているところが多く、企業との交渉や契約の代行をしてくれる場合もあります。
つまり、本来なら自分でやらなければいけない営業活動を全て案件紹介サービスが代行してくれますので、ぜひ利用しておきたいところです。
また、募集している案件も単価が比較的高い案件や長期で継続して働ける案件が多いとのも魅力の1つです。
しかし、単価が高い分それなりにスキルや実績を求められますので、自信がない方は前項で紹介した実績作りから始めるほうがよいでしょう。

今後もフリーエンジニアとして活躍するためには

IT関連の需要は今後も高まっていきますので、今後エンジニアの仕事が無くなることは無いと言えます。
しかし、将来に渡ってフリーエンジニアとして活躍したいと考えているのなら、1つのスキルに固執せずに、さまざまな技術を身に着けておくことが大切です。
とくに固定したスキルしか持ち合わせていない場合は、現在携わっている案件の契約が終了して次の案件を探す必要が出てきた場合、スキルに見合った案件を募集している企業が少なかったり、単価が比較的低い案件しかないといった自体になりかねません。
そのような場合は希望に合った案件が募集されるまで待つか、低い単価で妥協することになってしまいます。
そのため、将来に渡って安定して収入を得るためには、情報感度を高くして時代に合ったスキルを身に着けておくことが大切です。
とくに今後需要が高まるインフラ系のエンジニアを目指して資格を取得したり、機械学習関連の技術を学んでおくのも良いでしょう。

まとめ

ここではフリーエンジニアを目指す方に向けて、最初の案件の取得方法や地雷案件の見分け方、案件紹介サービスなどについて紹介しました。
フリーランスは会社員と違って後ろ盾はありませんが、その分自由度が高く、会社員より多くの収入を得ることも十分可能です。
あなたもぜひフリーランスのエンジニアとして、はじめの一歩を踏み出してみましょう。

人気のコラム記事