フリーエンジニアを目指す方必見!テストエンジニアとは?求人から将来性、必要なスキル、年収について

IT製品が必要不可欠となった近年では、多くのエンジニア日々開発に関わっています。

一言にエンジニアといってもその種類はさまざまですが、今回はエンジニアの中でも製品を納品するまでに重要な役割を果たし、なくてはならない存在である「テストエンジニア」と呼ばれる業種について詳しくお伝えしていきます。

複雑化するシステムの中でも、需要が高まり続けるテストエンジニアについて知りたいという方はぜひ参考にしてください。

テストエンジニアとは?

テストエンジニアとは、システムエンジニアの職域の一つで、ソフトウェアや電子機器をはじめとするIT製品などがバグを起こさず、正常に動くかどうかをテストするエンジニアです。

複数のテストを実施し、さまざまなケースにおけるデータベースの設計にミスや問題はないか、プログラム中のエラーなどがないかを細かく確認し、製品の品質を守り、状態の維持・向上を目指しています。万が一トラブルやミスを発見した場合には、早期解決をすることもテストエンジニアのミッションの一つです。

テストエンジニアはテストを専門に行う会社や、品質保証部、アプリ開発会社などによっても名称は異なり、テスターやQAエンジニアと呼ばれることもあります。

製品が市場に出回る前に、あらゆるケースでトラブルが起こらないかをテストし、エラーやバグについて解析するのが主な仕事です。

また、必要な場合には設計を見直すなど一連のテスト業務に深くかかわっています。経験やスキルによっても担う業務の幅は大きく異なります。

テストエンジニアの将来性

近年では何事も“自動化”が進んでおり、将来AIに仕事が奪われてしまうのではないかと言われる職業が増えています。

実はテストエンジニアも自動化が進んでいます。とはいえ、機械任せでは予期せぬトラブルなどが起こる可能性が十分にあるため、最初は人の手できちんと確認をする必要があります。

そもそも業務の効率化や開発コストの削減のために自動化が進んだツールのテストも人の手で行われるため、テストエンジニアの需要がなくなる心配はないでしょう。求められる品質も高まり、自動化が進んでいることによって、むしろテストエンジニアの需要は増加傾向にあると言われているのです。

最先端の製品の知識があることはもちろんのこと、自動化が進んだツールを使いこなすことができるエンジニアが必要とされ続けるのです。

テストエンジニアの年収

テストエンジニアは未経験でも募集しているケースが多く、年収はピンキリでさまざまです。未経験OKと聞くと年収が低いのではないかと思う方が多いかもしれませんが、ほかのエンジニアと変わらず、どこまでの業務を担うことができるかという能力によって大きく差が出ると言えます。

未経験の若手テストエンジニアは、単純なテストのみを行うことが多いため平均年収が400万円弱であることが多く、テストを経験していくうちにテストエンジニアとしてのスキルを身に付けていき、徐々に年収を上げていくことになります。

一方でテストエンジニアとしての経験値が高く、テスト設計や問題改善などが可能で、テスト全般を行うことができる人や、テストエンジニアの教育ができる人などは大幅に年収が上がるケースが多いでしょう。

テストエンジニアに必要なスキル

テストエンジニアの中にはプログラミングを必要としない工程もあり、新人が任されることがありますが、スキルが必要ないわけではありません。

集中力

対象によっても必要なテストは異なりますが、大変細かい膨大な数のテストをこなす必要がでてくることがあります。
ひたすらテストをこなしていくこともあるため、細かい作業を継続できる高い集中力が必要なのです。

問題提起能力

テストこなすことにより、問題がないかを確認していきますが、問題点を考えてさまざまな可能性を考慮し、周囲に問題提起できるような能力も必要となります。
コミュニケーション能力もあるとなお良いでしょう。

ソフトウェア開発の知識

テストを行う対象について、プログラミングができるような知識を所有していることが望ましいでしょう。テストの対象となるソフトウェアがどのようにして構築されているのかを把握しておくことで、どのようなテストが必要かを考え、提案することができるのです。
プログラミングの知識さえあればバグの修正もでき、業務内容も大幅に広がるでしょう。

テスト技法に関する知識

どのようなテストが必要になるかを構築し、正しく実施するためにもテスト技法に関する基礎知識が必要不可欠となります。テスト技術力に関する資格試験もあるため、テストエンジニアを目指している人はあらかじめ知識をつけ、資格を取得しておくと良いでしょう。

文書作成のスキル

テストケースごとに結果報告をする際に、必要となる文書をわかりやすく作成できるスキルも必要です。中にはテストケースの結果ごとに数値化してデータで提出することや、時には結果を報告するためのプレゼンテーションの資料作成を任されることもあるため、ExcelやPowerPointを使いこなせると安心です。

未経験でもテストエンジニアになれるって本当?

テストエンジニアが未経験でもなれるのは本当です。実際に未経験向けの求人も数多く存在します。

先ほどもお伝えした通り、テスト工程の決定やプログラムの修正を行うのは経験がないとできませんが、テストのみならば未経験でも可能なのです。未経験だからこそユーザーやクライアント目線に立って製品を観察することができたり、経験豊富でないからこそ慎重にバグを発見できたりすることもあり、必要とされることが多くあります。

もし未経験からIT業界でキャリアを積みたいという場合、テストエンジニアから入ることも可能なのです。

まずテストエンジニアになるにはテストを忠実にこなすこと、チェックリストの中で見落としがないかを確認できることなど、テストに対する熱意が大事なのです。

まとめ

いかがでしたか?

テストエンジニアというと、少し地味な割に責任が重く大変な仕事と思われがちですが、高収入も見込めてキャリアアップも目指せる魅力的な業務の一つです。

テストエンジニアがいなければ、製品に起こり得るトラブルが発見されず、クライアントやユーザーの手元に渡ってからトラブルが起こる可能性があります。システム開発などを行うエンジニアよりも目立たない仕事であるかもしれませんが、いなくてはならない重要なエンジニアなのです。

経験を活かしてテスト業務1本で生計を立てたり、経験を積むためにテストチームの一員になったり、能力を活かしてテストエンジニアの責任者を目指したりと、将来の働き方の一つとして選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事