あなたが目指すエンジニアとは?ITエンジニアの種類について

IT技術が進歩を続ける現代において重要な役割を担っているエンジニアですが、一口にエンジニアといってもその種類は豊富で、さまざまな分野で活躍するエンジニアが存在します。

今回はそんなエンジニアの種類に焦点を当て、仕事内容について詳しくご紹介します。エンジニアを目指している方は、ぜひご参考にしてください。

ITエンジニアの種類について

フリーランスという生き方を選択する人が増えている今、自身の時間を有効活用し、最大限に能力を発揮できるフリーエンジニアの人気が高まっています。中でもITエンジニアは現代のIT社会において必要不可欠と言えます。

そこでITエンジニアの中でも馴染み深い職種を10種類ご紹介します。

エンジニアとは?

そもそも「エンジニア」とは、日本では技術者とも呼ばれますが、“工学”という意味のエンジニアリングに関してのさまざまなスキルを持ち、専門的な知識がある人材のことを意味します。

エンジニアと一口に言っても、アプリケーションの開発を担当しているエンジニアや、プロジェクトの管理をしているエンジニアなど、業務内容は企業や個人によって大きく異なります。

IT技術の進歩とともに、インターネットに関してのスキルや専門知識が豊富なITエンジニアを目指す人も増加しており、現代のインターネット社会にとってなくてはならない存在となったエンジニア。今後も必要とされ続ける職業であり、企業によってさまざまな求人広告がでていますが、その企業によって求めるエンジニアのスキルも業務内容も異なるため、エンジニアの種類をあらかじめ知っておく必要があるのです。

ITエンジニアの種類と内容

システムエンジニア

システムエンジニアは、ITシステムの開発に携わり、提案や設計などを行います。スマートフォンやパソコンなどのインターネット上におけるシステムや、企業から依頼されたシステムを構築します。

どのようなプログラムがあれば企業側にとってメリットになるか、仕事の効率が良くなるかなどを考えることもシステムエンジニアの重要な役割の一つです。

クライアントとミーティングをする機会も多いため、提案力だけでなくコミュニケーション能力も必要とされるでしょう。

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャはその名前の通り、プロジェクトの管理を行い、納期まで計画が順調に進捗しているかを監督する立場にあります。

プロジェクトマネージャは、計画が滞りなく進行するために必要となる人材の確保、費用の運用、必要な部品などの算出も行い、プロジェクトが完成するまでのプロセスも作成します。

そのため、全体を見通す力だけでなく、エンジニアとしての高いスキルと知識や、プロジェクトに携わるエンジニアを取りまとめるリーダーシップ性も必要となります。

プロジェクトを無事に終え、クライアントに成果物を納品することが最終目的となるため、その責任は重大です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計・構築・監視・運用などを行います。通信に不正なアクセスやトラブルはないかを見張るなど、インターネット社会の安全を守っているとも言えます。
ネットワークに関する基礎知識はもちろんのこと、ネット機器に関する知識も必要不可欠です。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、大量のデータの中から必要なデータを必要な時に取り出すことができるように、一定のルールで格納されたデータベースを専門とするエンジニアで、設計・開発・運用・保守を行います。
データベース管理システムに関する知識が必要不可欠となります。

サーバエンジニア

サーバエンジニアはサーバの環境を構築・運用するエンジニアです。WEBサイトやオンラインゲームなど、ほとんどのシステムの構築にサーバが存在しています。

高速な処理速度を可能にしたり、膨大なアクセス量をさばいたりするのはサーバの質が関係しているため、サーバのスペックを維持・向上するサーバエンジニアの役割は重要です。

Webエンジニア

Webエンジニアは多くの方が閲覧・利用しているWebサイトなど、Web上で動くシステム多くを作成するエンジニアです。

デザインの考案だけでなく、機能の提案などを一つのシステムとして作成します。インターネット販売などが盛んになっている近年では、需要が高い職種の一つです。

マークアップエンジニア

マークアップエンジニアとは、HTMLに特化したエンジニアでのことを言います。HTMLによってタグを埋め込み、ユーザー目線でWebページの構造を記述していきます。

HTMLのスキルはもちろんのこと、デザインセンスやWebマーケティングの知識、SEOに関する知識なども必要となります。

プログラマー

プログラマーはシステムエンジニアの下流工程を行うためシステムエンジニアと区別が付きにくいといわれています。システムエンジニアのように設計などをせず、設計書をもとにプログラミング言語を用いて作業をすることが多いです。
未経験のエンジニアは、まずはプログラマーとして経験と知識を身につけていくことが多いでしょう。

テストエンジニア

テストエンジニアはソフトウェアや電子機器をはじめとするIT製品などが、問題を起こさずに正常に動くかどうかをテストするエンジニアです。テストケースを複数実施し、データベースやプログラムに設計ミスはないかなどを確認し、製品の品質維持・向上のために働いています。

セールスエンジニア

セールスエンジニアとは、技術営業部門のエンジニアのことを言い、エンジニアとしての専門知識を活かして営業活動をメインに行います。

クライアントにわかりやすく技術面の説明ができることはもちろんのこと、クライアントの技術担当者と技術に関して対等に会話できるスキルが必要となります。

エンジニアに適性がある人はどんな人?

「特別な技術がないとエンジニアにはなれない…」と考えてしまうかと思いますが、まずエンジニアに適性がある人とは、ITやプログラミングに興味がある人・好きな人ではないでしょうか。

私自身コツコツ作業をするのが好きで、コンピューターの仕組みやIT技術にも非常に興味があるために続けることができています。

適性があるかどうかを決めるのは自分だけでなく、周囲からの評価によっても判断されます。エンジニアとしての仕事が好きで、地道な作業や調査、効率化を考えることができる人ならば、周りからの評価もついてくるでしょう。

フリーエンジニアで成功する人の特徴

フリーのエンジニアとして成功している人の特徴は、なんといっても自己管理ができる人に尽きると思います。

自分自身の経験からも、身近なフリーエンジニアを見ていても、まず自己管理ができていなければそもそもフリーとしてやっていくのは難しいと断言できます。

“フリー”ということに甘んじて早寝早起きや体調管理ができていない人は、クライアントからの納期も守れないことがあったり、自分に甘いことから完成度の低い仕事をしたりします。そして少しずつ周囲からの信頼を失っていくことが多いのです。

フリーエンジニアとして成功したいという人は、自分に厳しく目標を高く持ち、自己管理を徹底して丁寧に仕事をこなし、信頼を勝ち取っていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

エンジニアといっても種類があり、持っているスキルや知識、経験から適職も異なります。
漠然と「エンジニアになる!」という目標を掲げるよりも、どんな仕事をするエンジニアになりたいかを具体的に決めることが目標を達成する近道となります。

今回ご紹介した種類の中から気になるエンジニアが見つかったという人は、ぜひ目標に向けて知識とスキルを身につけ、どんどん経験を積み重ねていってくださいね。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事