フリーランスエンジニアとして年収をアップするための方法とは?

フリーランスエンジニアは会社員エンジニアとは年収の相場が異なります。

フリーランスエンジニアに転身して高年収を得たい方やもっと年収を上げたい方は多いのではないでしょうか?

ここではそんな方に向けて、フリーランスの年収の相場やフリーランスの年収が上げやすい理由、年収アップをする方法について解説していきます。

フリーランスエンジニアの平均年収は?

気になるフリーランスエンジニアの年収の相場はいくらくらいなのでしょうか?

平均年収.JPによると、会社員としてのシステムエンジニアの年収は656万となっています。
平均年収.JP https://heikinnenshu.jp/it/se.html#chapter1

一方、フリーランスエンジニアの年収相場は700万~1200万ほどで、月に受け取る報酬は60万〜90万が相場となっており、会社員時代よりも多くの報酬を得ていることが多いです。

企業の規模や開発案件、業種によって年収は変わりますので実際の中央値は更に低い額と予想できますが、それでもフリーランスの年収の平均が高いことに代わりはないでしょう。

フリーエンジニアになると年収が上がる?

フリーエンジニアに転身して、より多くの収入を得たいと考えている人は多いのではないでしょうか?

たとえば年収1,000万以上を目指したい場合、会社員の場合なら一握りの大企業で順調に出世の階段を登っていけば達成するのは可能ですが、中小企業の場合は出世しても責任や仕事量ばかり増えて、年収も400万円代から一向に収入が上がらない場合も多く存在します。

また、IT業界は多重下請けのピラミッド型の構造となっていますので、2次請け、3次請けと下に行くほと中抜きが多く、低賃金で過酷な労働を余儀なくされる場合が多い状況となっています。

その点、フリーランスのエンジニアになれば、クライアントから報酬が中抜きされずに手元に入ってくるので、会社員より高い報酬が期待できます。

また、フリーランスは会社員より比較的自由に働けますので、自分の能力次第ではいくらでも収入を得ることができますし、案件を掛け持ちすることで収入を上げるなど、会社員より多くのチャンスが転がっていると言えるでしょう。

年収をアップするための方法

ここではフリーランスエンジニアが年収アップするために必要なことを紹介していきます。

さまざまな技術を身につける

IT業界の変化は早く、日々さまざまな技術が生まれてトレンドも目まぐるしく変化しています。いつまでも同じ技術を扱った案件ばかりに関わっていると、そのうち技術力が頭打ちとなり取り残されてしまう可能性があります。

なので常に新しいを技術を使った案件にも積極的に応募して、技術を身につけることで次に活かせることが可能になります。また、さまざまな案件に関わることで新しい学びや人脈ができて、信頼と実績を残すことが可能となります。

最近の例では人工知能(AI)が話題となっており、案件数も増えてきています。また、人工知能を開発できる人材も不足してきているため、単価は上昇傾向にあります。
そのため、人工知能関連の開発が可能な技術力を身につけることで、この先エンジニアとして有利となることは間違いないでしょう。

勉強会・セミナーに参加する

IT業界に関わる勉強会は企業や大学など、さまざまな場所で多く開催されています。

新しいスキルを学びたい、出会いがほしい方、自分のキャリアが生かせる場を探したい方にとっては積極的に勉強会やセミナーに参加してみることをオススメします。


https://techplay.jp/

TECH PLAYではさまざまな勉強会・セミナーの情報を網羅していますので、気になるイベントがある場合は参加してみることをオススメします。

しっかりと交渉する

フリーランスでも実績を上げて信頼を勝ち取れば、クライアントとしても継続して関わってもらったほうが新たな人材を探す手間が省けますし、契約の手続きも簡素化されるので次の発注に繋がりやすいと言えます。

そのため、フリーランス側としても次の案件を探さずに済みますし、慣れた仕事を続けたほうが働きやすいといったメリットあります。

しかし、その際成果に対して報酬が少ないと感じる場合は、遠慮せずにしっかりと報酬を上げるための交渉をしてみることをおすすめします。

とくに優秀な人材を手放したくないクライアントにとっては、単価アップに対してすんなりと受け入れてくれる場合もあります。

自分でサービスを開発する

技術力に自信がある場合は、自分でWebサービスやアプリケーションを開発してみるのも一つの手段です。

エンジニアとして、開発案件に関わりつつ空いた時間に自分でサービスを作って売り出せば、思わぬ収入に繋がる場合もありますし、ノウハウもその分蓄積されていきます。

まとめ

ここでは、フリーランスエンジニアの年収の相場やフリーランスが年収が上がる理由、年収を上げるために必要なことなどを解説しました。

フリーランスは会社員と違って能力と働き方次第では年収1,000万以上も夢ではありません。

この機会にフリーランスエンジニアとして高年収を目標にしてみてはいかがでしょうか?

人気のコラム記事