フリーランスの需要はどんなところにあるのか

昨今では社会のIT化が普及しており、日進月歩のスピードで加速しています。
今後ますますITサービスのニーズはますます高まると言われているその一方で、IT業界では未来のITを担うエンジニアの人材不足に陥っているのが現状です。

そのため、ITエンジニアの需要は非常に高く、特にプログラミングのスキルを持つ人材は重宝されています。

業界の中で活躍しているITエンジニアの中には、企業に勤めている方に限らず、フリーランスという働き方をしているエンジニアもいます。そこで今回は、IT業界で働くフリーランスに焦点を当て、需要がどういったところにあるのかを調査してみました。

会社勤務とフリーランスとでは安定性が大きく違う

会社に所属して会社員として働くエンジニアの大きなメリットは、やはり毎月の収入が安定している点でしょう。

体調を崩して仕事ができないときでも他に人員がいるため、仕事自体は回ります。
また、社会保険も完備されているため、会社に勤めている限り、無収入となることはありません。

フリーランスで働くとなると、そうはいきません。

仕事を獲得するのも遂行するのも全て自分で行う必要があります。
会社員と違って毎月収入が安定するわけではなく、働き方次第で波もあるでしょう。
収入の安定は生活の安定にもつながり、それはやがて心の安定になるといっても過言ではありません。
収入があれば良いですが、もし収入のない生活が続くと、精神的に追い詰められてしまうでしょう。それほどフリーランスで働くのはリスクが伴うことなのです。

フリーランスで働く人が増えている理由は

近年ではIT業界においてフリーランスで働く方は増えているようです。
一般的には、IT業界の実務を経験せずにいきなり独立・開業はハードルが高いため、IT企業で実務経験を積んでからフリーランスで働く方が多いかと思います。とは言っても、フリーランスで働く以上はリスクを伴うのは変わりありません。
それを承知の上で、フリーランスで働く方は何を求めているのでしょうか。

会社員としてエンジニアをした経験のある方の中には、働き方を案件に合わせなければならず自分に合った働き方がしづらいと話す方もいるようです。

また、仕事は常に与えられるため安定はしているものの、いくら自分が頑張ってシステム開発に貢献したとしても納得のいく報酬が得られない場合があるという話す方もいます。
こういった意見から、一度会社員として働いた経験があるからこそ、「もっとこうしたい!」と意欲が出てくる方も中にはいるということが窺えます。

フリーランスで働く場合は会社員と比べるとやはり安定的とは言えませんが、頑張った分だけ全て自分にリターンがあるため、実力に見合った報酬を得られることが魅力と言えます。
また、仕事の時間や場所を自由に決めることができるため、融通が利きやすいのも特徴です。そのぶん、自己管理能力が求められますが、その方が自分に合っていると判断してフリーランスへ転身する方も少なくないようです。

フリーランスで働くITエンジニアに求められる能力とは

イメージ画像

フリーランスで働くとなると、頼れるのは自分の実力のみです。当然ながら、IT業界でバリバリ仕事をこなすスキルがないとお金を稼ぐことができません。すなわち、「即戦力」であることが求められています。

具体的に、システムを開発するためにはプログラミング能力が必須ですが、それだけではありません。IT業界は異常なほど技術の進歩が激しいため、最新の情報を収集して有益な情報かどうかを判断・分析する能力が求められます。
どういったニーズがあるのか、それを実現するにはどういったことをすれば良いのかが大前提となりますので、それらを見極めることが必須といえます。

また、フリーランスは自分で企業を相手にして案件を獲得する必要があるため、営業スキルは必須です。クライアント(企業)のニーズをいかに汲み取れるかというコミュニケーション能力とその上で自分の強みをいかに売り込めるかというプレゼン能力も重要になってきます。

そして、いざ案件を獲得したら、システム開発となります。そこではプログラミング能力が必須です。プログラミング言語にもいろいろと種類がありますが、中でも業務系システムやアプリ開発まで幅広く対応できるJava言語が人気です。

また、フリーランスの案件として、ベンチャー企業から受託するものが多い傾向にあり、Webサービスに強いPHP言語も人気となっています。その他にも、Ruby言語については案件と人材の数がバランス良く増えている傾向にあるため、今後ますます需要が高まることが予想されています。

また、JavaScriptについてはサーバサイドの開発でも活用されることが増えてきていることからそれに比例して案件も増えている傾向にあるそうです。そういった言語を習得することにより、より良い案件の獲得につながりやすいと言えそうです。

今後のフリーランスで働くITエンジニアの需要は

最近の技術動向では、クラウド技術やAI(A Intelligence:人工知能)、VR(Virtual Reality:仮想現実)などの進化がめざましいため、注目されています。

現在フリーランスエンジニアの求人としてはまだまだ少ないようですが、今後それらの技術を活用したITサービスのニーズはますます高まってくるものと考えられています。

そこで重要となってくるのが、常に最新の技術動向について調査し、勉強することに尽きると思います。

日進月歩のIT技術に遅れをとることなく、自分の市場価値を高めることを常に意識して行動すれば、自ずと業界から必要とされる人材となれることは間違いありません。

今後も技術の動向に注視しながらスキルアップを図っていく必要があると言えそうです。

人気のコラム記事