PMとPMOの違いは?役割や仕事内容を解説

PMとPMOは、プロジェクトのスケジュールやコスト、品質などに関して目標達成し、ステークホルダーの満足を実現するといった目指すべきゴールは同じなのですが、PMとPMOの具体的違いは何でしょうか。

今回は、PMとPMOの違いや仕事内容、将来性、必要なスキルなどをご紹介します。

PMとPMOの役割

まずは、PMとPMOの役割をご紹介します。

簡単に言うと、PMはプロジェクトの総責任者、PMOはプロジェクトマネジメントの支援を行う組織です。

PMは、プロジェクトマネージャーのことで、サービスを提供しプロジェクトを遂行させて、企業の利益を向上させる役割を持ちます。

それに対してPMOは、プロジェクトマネジメントオフィスのことで、PMをチームで支えてシステム開発の成功率を上げる役割を持ちます。システム開発の現場では、全てにPMOが必要とは限りません。小規模案件の場合は、PMだけでマネジメントすることも多いです。 しかし、最近ではシステム開発の大規模化に伴って、PMOを導入する現場も増えています。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

PMとPMOの仕事内容の違いは?

次に、PMとPMOの仕事内容の違いを見ていきましょう。

PMとPMOの大きな違いは、マネジメント権限の大きさです。PMOは大規模プロジェクトの中の個別プロジェクトをマネジメントするのですが、PMはプロジェクト全体のマネジメントを行います。

全体の一部をマネジメントするPMOに対して、PMは全体をマネジメントするといったイメージです。

このように、担当する範囲は異なりますが、仕事内容については大きな違いがありません。また、プロジェクトの進捗管理や品質管理を行い、システムをリリースするといった目的は同じなのです。

PMOはPMを支えるような存在で、これまではPM個人のスキルに頼っていたプロジェクトマネジメントを組織的にチームで支えるといった関係性です。大規模なプロジェクトにおいて、PMOは必要不可欠な存在なのです。

PMとPMOそれぞれに必要なスキル

では、PMとPMOはどのようなスキルが必要なのでしょうか。PMとPMOに必要なスキルをご紹介します。

PMに必要なスキル

■テクニカルスキル

顧客や委託先などの外部との窓口となるPMには、技術や業界の動向に関わる知識、及び法律の知識が必要となります。

■管理スキル

PMには、スケジュールや予算、人材などの計画を立てて、その状況に合わせて調節するといった管理能力が必要です。

■セルフプロモーションスキル

PMは、相手の信頼を得るためにいろいろと考えて行動するスキルが必要です。社内だけでなく社外の人の信頼を得て、プロジェクトに参加し協力してもらうことは、プロジェクトの成功につながるでしょう。

■コミュニケーションスキル

情報の共有不足は、プロジェクトの失敗につながります。プロジェクトに参加する全ての人が快適にコミュニケーションできるような環境をつくるスキルが必要です。

PMOに必要なスキル

■プロジェクト管理に関するスキル

PMOは、プロジェクトを俯瞰してモニタリングを行い、チェックや評価、改善支援をするために、幅広いプロジェクト管理に関する知識やスキルが必要です。

■文書作成スキル

PMOが作るプロジェクトマネジメント標準は、PMの利用を定着させるためにも、みんなが見やすく使いやすい文書であることが大切です。そのため、PMOには、確かな文書作成スキルが必要となるでしょう。

■コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、PMだけでなくPMOにも必要なスキルです。それぞれのプロジェクトのPMといろいろなやり取りを行い、場合によってはプロジェクト間の調節を行うこともあるので、小回りの利いた立ち回りが求められるでしょう。

また、PMに対しても高圧的な態度をとることなく、相手に寄り添ったコミュニケーションをとりサポートするといった姿勢が必要です。

PMとPMOの将来性

最後に、PMとPMOの今後の将来性について見ていきましょう。

PMOは、今後もその需要が高く、将来的にも安定していくことが予想されます。プロジェクトの担い手ともなるPMOの人材は不足しており、その上高いスキルや豊富な知識が求められることから、今後も人材不足が考えられます。

また、PMOはIT業界にとどまらず、さまざまな業界で必要とされるでしょう。実際に、IT業界以外の企業でもPMOを設置しています。このような背景から、PMOの活躍の場は今後も」拡大していくという事がわかります。

PMはエンジニアほど専門的なスキルは求められません。ですが、技術的なスキルが不足していると、適切なプロジェクト管理ができなくなるでしょう。そのため、今後は確かなスキルを持ったPMが求められます。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

PMとPMOの違いや仕事内容、今後の将来性などは理解できましたか?

PMとPMOは目指すべき目的が同じなので、仕事内容も似ていると思いがちですが、全く違うものです。

PMとPMOがお互いの違いなどを十分に理解し、相互を尊重しながら協力することがプロジェクトの成功、そして会社の利益につながるでしょう。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「IT業界事情」でよく読まれている記事