将来性に活かす!プログラミング言語phpの修得難易度とは…!?

いつの時代も重要と言われ続けるプログラミング言語は、IT業界で早い内からものにしておくことが大切です。

プログラミング言語を習得することは、高みを目指すプログラマーの就職や転職に役立ち、日々の業務の原動力になる可能性があります。
そこで今回は、プログラミング言語の中からプログラマーの将来に有効と言われている「php」について、概要や難易度を詳しくお伝えします。

phpについて知りたい人はぜひ参考にしてください。

プログラマーの将来性について

いよいよ小学校でもプログラミング教育が始まることもあり、より多くの人に身近になったプログラミング。今後は将来プログラマーになることを考える人口が増加することも予想されています。

IT業界が時代を切り開いている現代社会において、プログラマーは引く手あまたで就職しやすい職業である反面、常にスキルアップするために努力する姿勢と、能力が低いと簡単にふるい落とされやすい職業であるとも言えます。

日々進化を続け、難易度が下がりつつあるのは事実で、誰にでもプログラミングに挑戦しやすくなっていますが、将来的にIT業界のプロとして活躍でき、必要とされ続けるプログラマーはそう多くはないと考えられます。

今後プログラミングができる簡単なソフトが開発されても、自分を甘やかすことなくプログラマーとして勉強し続けることが大切です。

必要な言語を身につけ、高い技術力と深い知識を持ち続ける向上心の高いプログラマーを目指し、将来も安心して働き続けることができる基盤を作りましょう。

プログラマー入門!覚えておくべき言語「php」

プログラミング言語は年々開発されていることから、200種類以上あると言われています。入門編から応用編まで、プログラマーとして活躍する人は何言語かマスターしないといけないと言われることもあるのです。

実際にプログラマーとして働いている人たちが主に使用しているプログラミング言語は、多くても20~30言語と言われており、その中から業種や身を置く分野などによって習得すべきプログラミング言語は何かを考えていく必要があります。

こでは、数多くあるプログラミング言語の中でも、幅広く使用されていることからプログラマーの将来に役立つ可能性が高い「php」について詳しく解説します。

「php」とは

「php」は1990年代に登場したプログラミング言語で、「PHP: Hypertext Preprocessor」が正式名称です。

HTMLに埋め込むことができるプログラミング言語で、Webサービスの開発やアプリケーションの開発、プログラミングに用いられることが多くなっています。日本国内でもphpを扱うことができる人口は10万人以上と言われていることからも分かるように、人気が高い言語であると言えます。phpを用いて開発されたソフトウェアは数多くあり、FacebookやWordPressもphpを用いて開発されました。

「php」の特徴

どの言語にもそれぞれ特徴がありますが、phpの最大の特徴として挙げられるのはすぐに動作確認ができることです。

コードを記述して保存をするとすぐに動作確認ができます。ただし、phpはWebサーバー上で動作することから、開発をするためにはWebサーバーにphpがインストールされた環境が必要になります。

php は習得を簡単にするための工夫が施されている言語であるスクリプト言語でありながら、多くの企業やプログラマーに注目され続けている歴史ある言語として知られています。

プログラミング言語「php」の難易度

さまざまなプログラミング言語の中からどの言語の学習を始めるか、難易度を重視して選んでいる方のために、phpの難易度を解説します。

「php」は初心者向きのプログラミング言語!

「php」は、他の言語と比較すると文法が比較的シンプルになっており、理解しやすいことはもちろん、覚えやすいと言われる言語のひとつです。

また、メジャーなプログラミング言語であるだけに、インターネット上にも多くの情報が溢れていて、プログラミング言語学習を日常生活に取り入れやすいことも魅力です。

プログラミングを勉強しようと考えている初心者が、IT業界への第一歩として初めに学ぶのにおすすめのプログラミング言語と言えます。

“比較的難易度が低い”という言葉に注意

このように、「ほかの言語と比較すると難易度が低い」と言われているだけで、「誰でも簡単に、すぐに習得できる」ということではないので注意が必要です。初心者向きで比較的難易度が低い、始めやすいと言われても、実際にphpを学ぼうとすると「思っていたよりも難しい」と感じることも珍しくありません。プログラミング言語に慣れない間にも、エラーが発生することがありますが、phpは画面に英語の文字が表示されるだけです。こうなると、エラーの原因も分からないままで学習が進まず、ストレスが溜まってしまいます。また、言語を覚えるだけではなく、他に覚えなければならないルールも数多くあるので難しいと感じる可能性があるのです。

そもそもプログラミング言語は独学で勉強しようと思っても、そう簡単にマスターできるものではありません。他よりも簡単だからと学習し始めたphpが、予想していたよりも難しいからとすぐに諦めてしまうということが無いように、事前にリサーチを行い、時間を確保して学習を開始しましょう。

「php」を習得することが就職・転職に有利な理由

プログラマーなどのIT技術を勉強したことがある人にとって、そう難易度が高くないphpは、多くの企業で使用されていてシェアが高いことから就職や転職に役立つ可能性が高いと言えます。

大手企業からベンチャー企業など幅広く必要される可能性が高いでしょう。また、近年利用者が増加しているWebアプリケーションの開発に注力している企業、Web関連の受託開発を行っている企業、自社サービスを開発している企業からも必要とされるかもしれません。

phpの難易度だけで学習を開始することを決めるのではなく、将来設計をするにあたって「将来の目標に合っているか」「飽きずに興味を持つことができるか」など、さまざまな観点から習得する言語を選択していきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、将来設計をしている中でプログラミング言語の重要性に気づき、習得を検討している人のために、「php」の難易度について詳しくお伝えしました。
この先もIT業界で活躍するためには、常に時代の最先端をいくIT業界の動向に目を向け、「今何をすれば将来に役立つのか」を自分自身で判断し、その時々で必要とされる知識と技術を先読みし、活用できるようにしっかりと身に付けていく必要があります。phpがご自身の将来に役立つと思ったその時に、勉強を開始しましょう。

【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスのお仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

PHPに関するやその他のお仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「技術について(開発言語/ツール情報)」でよく読まれている記事