COBOLってどんな言語?特徴や使い方をわかりやすく解説

「COBOLっていったいなにができるの?」
「COBOLの将来性は?」
「COBOLでプログラムを作成してみたい」

これからCOBOLを始めてみたい方、興味のある方にとってはこのような疑問があるのではないでしょうか?
COBOLは比較的古い言語ですが、まだまだ需要が見込める言語でもあります。

ここではCOBOLに少しでも興味のある初学者やエンジニアの方に向けて、COBOLとはどのような言語なのか?COBOLはどうやってプログラムを記述するのか?といった内容についてわかりやすく解説していきます。

そもそもCOBOLとは

COBOL(コボル)は「Common Business Oriented Language」の略で1959年に登場した歴史のあるプログラミング言語です。

当時でもFORTRANやLIPSなどのプログラミング言語は存在していましたが、事務員でも金額の計算などで手軽に書けるプログラミング言語は少なく、事務処理で使用するためのプログラミング言語の需要が高まっていました。

そんな折登場したのがCOBOLで、事務処理用に特化した自然言語である英語に近い記述で構文が使えるため、COBOL人口が世界的に広まっていきました。

現在でもCOBOLは金融系や証券などのシステムで多く採用されています。

COBOLの3つの特徴とは

可読性が高い

COBOLは自然言語(英語)に近い構文を持つため、そのソースコードの記述が冗長になりやすいですが、その分可読性が高い言語といえます。
また、プログラムが部、節、段落、文という構成に分かれているため、作成したプログラムがドキュメントとしてそのまま使えるといったメリットがあります。

保守性に優れている

COBOLは半世紀にわたる実績があり、大昔に作られたシステムが現在でも保守され続けています。規格が統一されているため、他の人が書いても似たような構文となるため、保守がしやすくなるといったメリットがあります。

計算処理が得意

COBOLは前述したように金額の計算など事務処理を目的として作られた言語のため、計算処理に強い言語といえます。

たとえば、COBOLではデータ項目(変数)指定時にデータ長(桁数)も厳密に指定する必要があります。計算結果が浮動小数点数になる場合、他のプログラミング言語では誤差が生じることが多いですが、COBOLでは2進化10進数を用いることにより、わずかな誤差も出さない正確な数値を出すことができます。

COBOLの将来性

COBOLは歴史のあるプログラミング言語ですが、現在ではさまざまな使い勝手の良い言語が登場していいます。

多くの入門者は記述がより簡単なウェブ系の言語やJava・Pythonなどの人気の高い言語を選択します。エンジニア未経験であえてCOBOLから入門しようとする人は少ないと言えるでしょう。また、COBOLを教えているスクール自体も非常に少ないです。

そのため、COBOLを扱える現役のエンジニアは減少の一途をたどっていますが、規模の大きな金融系システムや基幹システムではCOBOLのシステムが現役で稼働しているため、まだまだ淘汰されるプログラミング言語ではないと言えます。

COBOLエンジニアの減少により、採用している企業にとっては大きな人手不足に陥っているのが現状です。しかし、安定して働きたいならあえてCOBOLのスキルを覚えておくことも選択肢の1つとして検討しても良いでしょう。

実際にCOBOLでプログラムを作ってみよう

ここでは実際にCOBOLで四則演算の結果を出力するプログラムを作成してみましょう。

以下のように記述します。

実行結果は以下のようになります。

プログラムの内容を以下に解説します。

IDENTIFICATION DIVISION

プログラムの見出し部となります。PROGRAM-IDにプログラム名を指定します。

ENVIRONMENT DIVISION

プログラムの環境部となります。CONFIGURATION SECTIONは環境節、ファイル操作を記述するときはINPUT-OUTPUT SECTION(I-O節)で分けられます。

DATA DIVISION

プログラムのデータ部となります。ここにプログラムで使用する変数を記述します。データ部はWORKING-STORAGE SECTIONとファイルを使用するときのFILE SECTIONに分けられます。

サンプルプログラムでは計算に使用する「01 CALC-DATA」を定義し、配下に「03 DATA-A」「03 DATA-B」などの変数(データ項目)を定義しています。
「PIC 9(2)」は2桁の数値となります。「PIC 9(2)V9(3)」は2桁の数値で小数点の桁数を3桁で指定しています。このようにCOBOLが厳密に桁指定が可能であることがわかりますね。

PROCEDURE DIVISION

プログラムの手続き部となります。実際のプログラムの処理を記述します。

COMPUTE文は計算式で使用します。サンプルプログラムでは演算結果用の項目RESULTに演算結果を代入しています。
DISPLAY文はコンソールに文字列を出力するために使用します。COBOLの場合、変数の内容を出力するにはそのまま変数名を指定すれば大丈夫です。

最後にSTOP RUNでプログラムを終了します。

まとめ

ここではCOBOLの概要や特徴、実際のプログラムの書き方について解説しました。紹介したようにCOBOLの需要はまだまだあるにも関わらす扱える人口は減ってきています。

COBOLはここで紹介したプログラムを見てわかるように現在の主要な言語に慣れたエンジニアにとっては少し芝居が高い言語と感じたかもしれません。しかし、まだまだ活躍の機会が多い言語ですので、この機会にぜひCOBOLについて学んでみてはいかがでしょうか。

【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスのお仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

↓COBOLのお仕事紹介もできます。下記バナーより新規登録をお待ちしております。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事