AS/400とは!?概要から将来性・案件情報まで解説!

AS/400はIBMが発表したオフコンの総称です。歴史が古く現在でも多くの企業のさまざまなシステム使われています。

そんなAS/400ですが、「AS/400について知りたい」「AS/400の将来性は?」「AS/400ってどんな案件があるの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はAS/400について、基礎から歴史、将来性や弊社で紹介している案件情報などについて解説いたします。

AS/400とは

ここで今一度AS/400についておさらいしておきましょう。

AS/400は1988年にIBMが開発した中小企業向けのオフコン(オフィスコンピュータ)のシリーズ名です。

オフコンの利点としてハードウェアやOS、ソフトウェアが独自の思想で設計されているため、新しいシリーズに切り替えても移植が容易なことや、システムのノウハウやプログラムが継承されやすいといった大きなメリットがあります。

AS/400はその後正式名称はIBM iに変わりましたが、現在でも多くの開発者やユーザーからは当時のAS/400の名称で親しまれています。(本記事では移行もAS/400の名称で解説)

特徴としてはIBM独自のOS(OS/400)が、データベースには(DB2)が搭載されています。

そんなAS/400ですが、2018年現在30週年を迎え、まだまだ現役で稼働し続けており一定の需要があります。

AS/400が発表された当時は富士通、日本電気、日立、三菱電機など多くのメーカーがオフコンを開発していましたが、現在でも進化し続けているのはAS/400のみと言えます。

IBMの公式サイトでは30周年特集ページが組まれていますのでぜひご覧になってください。

https://www.ibm.com/it-infrastructure/jp-ja/resources/power/ibm-i-anniversary/

AS/400の歴史

1988年:AS/400のリリース
1995年:64ビットRS(RISC)プロセッサーへ移行
1997年:IBM PowerPC ASプロセッサーを搭載したAS/400eの発表
2000年:eSever iSeries と改称
2004年:POWER5プロセッサを搭載したeServer i5の発表
2006年:POWER5+プロセッサーを搭載したSystem i5の発表
2008年:IBM Power Systemsの発表
2012年:POWER7+プロセッサーを搭載したIBM Power 770、Power 780を発表
2014年:IBM i 7.2発表
2016年:IBM i 7.3発表
2018年:IBM i 30周年

歴史からわかるようにAS/400は1988年の発表から現在に至るまで着々と進化を遂げています。

これは現在でもAS/400が活躍していることの証明であり、多くの企業から支持されていると言えるでしょう。

AS/400の将来性

気になるAS/400の将来性ですが、オフコンのトレンドは年々減少傾向にあり、新たに導入する企業も少ないと言えますが、現役で使い続けている企業はたくさんあります。

多くの企業から現在でも使われ続けている要因として、他のハードウェアに置き換えるには莫大なコストが掛かることが挙げられます。

また、ハードウェアが変わるとソフトウェアも新しく作り直す必要があるため、工数やコスト面での負担が高くつきます。

そのため、ハードウェアを新しいAS/400に置き換えるほうがソフトウェアを再利用できることやシステムのノウハウが継承できることなど、保守性や利便性で大きなメリットがあります。

AS/400を扱える技術者も高齢化の影響で年々減っている影響で、保守や運用面で人手不足が懸念されていますので、当面はAS/400の需要がなくなることは考えにくいと言えるでしょう。

AS/400の案件

AS/400は今でも多くの企業で稼働し続けていることから、一定の需要があります。

ここではエンジニアルートのサイトからAS/400でどのような案件があるのか確認してみましょう。


AS400のプログラムの調査と報告が主な作業内容となっています。
報酬はスキルレベルによって変わります。


iSeries(AS/400)のセットアップ、移行作業や障害対応が主な作業内容となっています。
報酬は~60万程。

まとめ

ここではAS/400について、概要から将来性・案件情報などについて紹介しました。

オフコンは年々需要が下がっていますが、解説したとおり扱える技術者の減少や移行コストなどの要因でまだまだ需要がなくなることは考えにくいでしょう。

そのため、今後もAS/400を扱える技術者の必要性が増していくことは間違いありません。

現在エンジニアルートでは、AS/400案件を多数ご紹介中です。「まずは相談したい。」だけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

人気のコラム記事