2020年 将来性のあるプログラミング言語とは…!?

プログラミング学習は難しく、どこから手をつけて良いか分からないという方はいらっしゃいませんか?そう簡単には身に付かないプログラミング言語を完璧にマスターするのであれば、将来性があり今後も活躍の幅が広いと思われる言語を学習していきたいものです。

そこで今回は、2020年も、将来性があると言われるプログラミング言語について詳しくお伝えします。将来性のある言語の特徴もお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

将来性のあるプログラミング言語とは…!?

現代ではインターネットやパソコンだけでなく、家電や自動車、身近な機械設備など日常生活の中でも欠かせないさまざまなモノがIT化され、ソフトウェアが組み込まれるようになりました。そのため、より安全で便利に、画期的なシステムを求めてさまざまなソフトウェアが開発されると同時に、数多くのプログラミング言語が誕生してきました。その数は200言語以上とも言われています。

どのような場所で、どのような目的でソフトウェアが活用されているのか、どういったプログラミング言語が活用されているのかを知るだけでも、将来性の高い言語を予測したり、IT業界の動向を掴んだりすることができるため、IT業界の動向に目を向けることは重要です。

膨大なプログラミング言語の中でも将来性があるものとされるのは、「現時点で人気がある」ということはもちろんのこと、「これから先も幅広く使用されていくと予想されている」言語のことを指します。ソフトウェア開発に携わりたいと考えている方や、エンジニアを目指している人は将来性のあるプログラミング言語からマスターしていきましょう。

Python

AI(人工知能)やデータ解析、統計の分野で機械学習や深層学習に多く使われているPythonは、汎用性が高く今後も需要が高まり続けると言われている将来性が高いプログラミング言語の一つです。特に、現代で注目され続けている学習・推論・判断など人間の脳の働きをロボットで実現するAIの分野においてよく使用されています。

比較的シンプルなコードで読みやすいことにより、初心者にも学習しやすい言語であるのも大きな魅力と言えます。今後もさらに進化をし続けるであろうAIを学習したいという方は、Pythonの学習が必修となる可能性が高いでしょう。

Java

今も人気が高いプログラミング言語と言われているJavaは、業務システムやAndroidアプリなど、私たちの生活に欠かすことができない分野において活用されているため、需要はまだまだ衰えないと言えます。

Javaはプログラミング言語の元祖とされるC++やC言語を元に開発された次の世代のプログラミング言語で、プログラミング言語の王様と表現されるほどメジャーな言語であるため、Javaを習得すると、エンジニアとして活躍できる可能性も高まります。

WindowsやMacなどのOSを問わずに作動することができるのも、幅広い場所で使われていて将来性が高いと言われている大きな理由と言えます。

JavaScript

JavaScript はWebサイトの制作に欠かせないプログラミング言語であるHTML/CSSと組み合わせてページに動きを加えることができることが特徴です。汎用性の高いことで将来性が高いと言われている言語の一つです。

Webサイトの制作に欠かせないだけでなく、Webアプリケーションの開発にも役立つことから将来性や需要は落ちないでしょう。Web系のプログラマーやエンジニアにとって、今後も必須スキルとされる可能性が高いと言えます。

IT業界で活躍したいという方は、何も考えずにプログラミングの学習をするのではなく、上記のように将来性があると言われているプログラミング言語の中から、必要なプログラミング言語を少しずつ学習して徐々にスキルを身に付けていきましょう。注意したいのは、一つの言語を学習すれば仕事が保障されるわけではないということです。最先端の技術を生み出し続けているIT業界で必要とされる技術者になるためには、さまざまな言語を理解し、扱うことができるように高い志を持って学習することが大切です。

注目を集めるプログラミング言語を学ぶには?

簡単ではないプログラミング言語を学習するにあたり、ご自身の将来設計において必要とされる可能性が高いプログラミング言語はどの言語なのかを見極め、幅広い知識を身に付けていくことを心がけましょう。日本と海外では、ライフスタイルも違うことから、注目され流行しているプログラミング言語が異なることも珍しくありません。IT業界で仕事をしていく以上、日本と世界の動向に目を向け、豊富な知識を身に付けることが重要です。豊富な言語を理解しているエンジニアは、どこでも必要とされることでしょう。ここでは、注目されている言語を学ぶ方法をお伝えします。

書籍やWebで学習する

プログラミング未経験者でも、独学できる書籍、Web上にテキストがあります。古い情報が更新されていて自身のレベルに合った書籍を選ぶことに注意しましょう。IT業界に関連するWebニュースを見るだけでも、注目されている言語の勉強になることもあります。

プログラミングスクールに通う

IT化社会が加速していることもあり、プログラミングを学習することができる教室が増えています。プログラミングスクールを探す際には、インターネット上の情報だけを鵜呑みにするのではなく、自分自身でスクールの体験コースを受講してから通うスクールを決定することをオススメします。

特にプログラミング初心者にとって、専門知識が豊富で、教えるのが上手な講師から学ぶことができるスクールは、身に付きやすい環境だと言えます。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、IT業界で活躍するみなさんに欠かすことができない、プログラミング言語の将来性について詳しくお伝えしました。IT業界で活躍するためには、膨大な情報量の中からより有益な情報を見極める能力も必要なスキルの一つと言えます。
今後も長く続いていく令和時代に必要とされるIT技術を支えていくプログラマーやエンジニアなど、プログラミング言語と深く関わる可能性が高い職業を目指しているという方は、将来性のある言語をマスターし、自信を持ってIT業界で活躍し続けてください。

【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスのお仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

↓下記バナーより新規登録をお待ちしております。

よく読まれている記事

「技術について(開発言語/ツール情報)」でよく読まれている記事