高級言語・低級言語の違いって知ってる?それぞれの言語の特徴は?

プログラミング言語には、高級言語と低級言語という文類に分けられる言語があります。今回は、高級言語と低級言語の違いやそれぞれの特徴をご紹介します。

これらの違いを知って、ぜひ仕事や日々の暮らしに活かしてくださいね。

高級言語・低級言語とは?

まずは、高級言語と低級言語は何なのかを知っていきましょう。

高級言語はプログラミング言語の一つで、人が理解しやすいように設計されています。低級言語と比較すると、人間の言葉に近く、命令が英単語を元に作られていることが多いです。

そんな高級言語は、書かれたプログラムをコンピューターが直接処理するわけではなく、コンパイラやインタープリラを使用し、低級言語に置き換えるといった作業が必要不可欠です。

そのため、プログラミングする際は、低級言語ではなく、高級言語を使用することが多いです。

「参考:高級言語とは(weblio辞書より)https://www.weblio.jp/content/%E9%AB%98%E7%B4%9A%E8%A8%80%E8%AA%9E

低級言語は、コンピューターが読み取れるもので、機械語とも呼ばれており、2進数で表現される数字の羅列になります。そんな低級言語は、実行属性の付いているファイルの一部が数字の羅列で書かれています。これは、人が解読するのは非常に難しいでしょう。

また、メモリやハードウェアの処理が直接書かれているので、人がそれをいちいち記述するのも大変です。

「参考:低級言語とは(weblio辞書より)https://www.weblio.jp/content/%E4%BD%8E%E7%B4%9A%E8%A8%80%E8%AA%9E

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

高級言語・低級言語の大きな違いは?

次に、高級言語と低級言語の大きな違いをご紹介します。

高級言語と低級言語は、対になる言語です。低級言語の機械語は0と1の羅列で、「0は電流を流さない・1は電流を流す」を表現します。機械語は人が見るとわかりにくいもので、ほとんど読むことができないでしょう。

そんな機械語である低級言語をわかりやすく、誰でも簡単にソースコードを読みやすくしたものが高級言語です。このように、低級言語と高級言語の大きな違いは読みやすさといえます。

高級言語は低級言語と比べると圧倒的にわかりやすいです。しかし、低級言語は人間にとって全く必要がないわけではありません。低級言語が必要な場面も多くあるので注意しましょう。

高級言語・低級言語それぞれの特徴

最後に、高級言語と低級言語それぞれの特徴を見ていきましょう。

高級言語

高級言語は、低級言語と比べてソースコードが読みやすいというメリットがあります。また、習得にそこまで時間がかからないという特徴もあり、3ヶ月程度学習すれば、現場レベルまで上達することができるでしょう。

このように、高級言語はソースコードが読みやすいので、リリース後の修正や改善も素早く行えます。システム開発を行っている企業は、できるだけ開発工数を少なくし、コスト削減を目指しています。そのため、簡単な言語である高級言語を取り扱うことが多いです。

また、高級言語の一部はハードウェアに依存しないので、ハードウェア別にコードを変える必要がないという特徴もあります。例えば、JavaやKotlinなどは機械語に翻訳する際、ハードウェアに合わせて翻訳してくれます。

すると、同じコードでWindowsでもMacでも、スマホでも動作することができるので、プログラマーの負担が減るでしょう。このような言語は、いろいろな環境で同じように動作するアプリケーションを作りたい場合に向いています。

さらに、高級言語はI/O制御やメモリ制御をする必要がないという特徴があります。I/Oは、Input/Outputの略称で入出力という意味を持ちます。情報を入力し、演算した結果を出す処理をI/Oと呼ぶのです。

低級言語

高級言語は人間にとって扱いやすい言語ですが、エンジニアは高級言語だけでなく、低級言語も学んだほうが良いでしょう。

低級言語を習得することにより、セキュリティ面でも活躍できます。セキュリティエンジニアは、プログラムの脆弱性を無くすために、コンピューター動作の仕組みやハードウェア関連まで理解する必要があります。

低級言語でプログラミングを行う際は、メモリやCPUまで意識してソースコードを書く必要があり、自然とこのようなスキルが身につくでしょう。

低級言語をよく理解すると、高級言語を使用する場合でも、メモリ消費など細やかな部分まで気を配ったソースコードが書けるようになります。例えば、PHPやJavaScriptなどは一連の処理が終わると、メモリが自動的に解放される仕組みになります。

そのため、短いプログラムの場合ならメモリリークが生まれず、メモリを気にしなくても書くことができます。しかし、メモリを無駄に使用するのは好ましいことではないでしょう。低級言語を学ぶことにより、メモリの管理方法も学べるようになります。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

高級言語と低級言語の大きな違いやそれぞれの特徴を知ることができましたか?

プログラマーの場合は、1つの言語だけを覚えるだけで良いと思うかもしれませんが、システムアーキテクチャなどの上流工程の業務を担当するようになると、技術選定にも携わることになります。その際、各言語の特徴やメリットなどもしっかり把握しておくと、プロジェクトにおける最適な技術を選ぶことができるでしょう。

また、電子機器やセキュリティ方面にも携わりたい方は、低級言語も学習しておくと良いですね。ぜひ、高級言語と低級言語をしっかり学び、仕事に役立ててくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「技術について開発言語-ツール情報」でよく読まれている記事