PHPエンジニアとは?仕事内容や将来性を徹底解説!

PHPエンジニアは、簡単に言うとPHPを使ってWeb開発などに携わるエンジニアのことです。
PHPは主にWebアプリケーション開発に特化した言語で、Webページに動きをつけることができるのです。

そこで今回は、PHPエンジニアの基本情報や仕事内容、必要なスキル、将来性などをご紹介します。エンジニアの方やPHPエンジニアを目指しているという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

PHPエンジニアとは?

まずは、PHPエンジニアとは何かについてご紹介します。

PHPエンジニアはPHPを用いてWebアプリケーションやWebサイトのサーバーサイド開発に携わるエンジニアのことです。ECサイトなどのWebサービスや業務システム、ゲームのような開発、運用保守に携わります。

PHPはWebアプリケーション開発に特化した言語です。
HTMLの中にコードを書くことができたり、Webページに動きをつけたりできます。

そんなPHPは、以下のような特徴を持っています。

・Webサーバーで動くための動作確認が簡単である
・特別な開発ツールがなくてもプログラムが書ける
・シンプルな構文でコマンドが実行できる
・文法の自由度が高い

このような特徴から、プログラミング初心者でも比較的習得しやすい言語です。
しかし、PHPは熟練度がコードに現れやすいという側面も持っています。技術や知識がないと欠陥が出やすく、実務レベルまで習得するにはある程度の学習時間が必要です。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

PHPエンジニアの仕事内容

次に、PHPエンジニアの仕事内容について見ていきましょう。

業務システム開発

PHPエンジニアは企業内で使う業務システムを、PHPで開発するケースがあります。
請求書や納品書などの作成、経理に関するシステム開発、在庫管理などです。

このようなシステムは起業の業務効率を改善し、多くの負担を減らすでしょう。

Web開発

PHPエンジニアのメインワークは、Web開発です。
いろいろなWebサービスやECサイトなどにPHPが使用されています。

PHPエンジニアはポータルサイトやメディア、SNS、エンタメサイトや企業の公式サイトなど多くのサイトに関わります。また、クラウドシステムのような高度なサービスにも使われています。

ECサイト開発では、会員登録や決済、受注、在庫管理などの機能を実装したり、関連商品の表示などのマーケティング関連の機能を実装したりします。

ゲーム開発

PHPはゲーム開発にも使われるので、PHPエンジニアはオンラインゲームのみならず、ソーシャルゲームやパソコンゲームなどのバックサイドの処理に携わる場合もあります。

また、PHPの実装だけではなく、3D技術やデザインなどにも触れるので、いろいろなスキルを習得できるでしょう。

ゲーム開発の分野でもPHPエンジニアの需要は高まっています。ゲーム業界に携わりたい方は、PHPを習得し、PHPエンジニアを目指すのもオススメです。

PHPエンジニアに必要なスキルは?

では、PHPエンジニアはどのようなスキルが必要なのでしょうか。
求められるスキルをご紹介します。

PHPのスキル

PHPエンジニアに求められるのは、PHPのプログラミングスキルです。
PHPエンジニアは、PHPを業務で難なく使えるレベルまで実力をつける必要があります。仕様書を渡されたらその通りに書くだけではなく、要件を伝えられた段階でそのままコーディングできるレベルが欲しいところです。

また、不明点があっても自分で調べて解決し、プログラミングできるリサーチスキルも必要となるでしょう。需要のあるPHPエンジニアになるには、見やすいコードを書けることなど、いろいろなプログラミングスキルが必要です。

Webアプリやサービスの開発経験

現在はたくさんの企業でWebサービスやアプリケーションが展開されています。
そのため、幅広いジャンルの開発経験があると、PHPエンジニアとしての需要も高まるでしょう。

Webサイトの開発では、ホームページだけではなく、業務システムやECサイト、ゲームなどを開発できるスキルがあると、高レベルな開発に携われる可能性があります。

PHPエンジニアは、実際の開発現場で多くの経験を積みながら、キャリアアップを目指せる職種です。

コミュニケーションスキル

PHPエンジニアはコミュニケーションスキルも必須です。
クライアントとの打ち合わせはもちろん、チームのエンジニアに指示することがあるためです。

特に、クライアントのITリテラシーは人によってレベルが違うので、あまりITに詳しくないクライアントに対しては専門用語をなるべく使用せず、かみ砕いた表現で説明しなければなりません。

PHPエンジニアの将来性を解説!

最後に、PHPエンジニアの今後の将来性を見ていきましょう。

PHPエンジニアの需要はこれからも続くと予想されます。PHPは日本でもシェアが高いワードプレスなどにも使われており、多くのWebサービスで利用されています。

PHPは、将来的に需要が途切れる可能性は低いです。
少なくとも、PHPを使ったシステムやサービスの保守、追加開発などでは、将来的にも一定のニーズが見込めるでしょう。

また、ITエンジニアという職種で見ても、需要は引き続き伸びると予想されます。今はどこの企業でもIT人材が不足しているので、開発や運用保守の要となるエンジニアの需要は高い傾向があるのです。

PHPエンジニアが常に多くのニーズにこたえるためには、PHPのスキルのみならず、幅広い関連スキルを身に着けておくと良いでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

PHPは、幅広いWebサービスで使われている言語です。

そんなPHPを用いるPHPエンジニアが活躍する場面は非常に多く、需要も高いので、しっかりとスキルを取得した人材は、多くの企業から必要とされるでしょう。特に、いろいろな開発に携わってきた経験者やスキルレベルの高い技術者は、市場価値も高くなります。

未経験からPHPエンジニアを目指したいという場合は、学習して実際に作品をつくったり、資格を取得して実力を証明したりすると、採用の可能性が高まるでしょう。

PHPエンジニアはスキルをしっかりと磨けば、未経験でも可能性のある職種のため、少しずつスキルアップを目指すことをオススメします。

ぜひ、需要のあるPHPエンジニアを目指して、さまざまなスキルを習得してくださいね。

【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事