システムエンジニア(SE)からプロジェクトマネージャー(PM)に出世する方法

システムエンジニア(SE)からプロジェクトマネージャー(PM)に出世する方法

システムエンジニア(SE)とプロジェクトマネージャー(PM)の違い

システムエンジニアとプロジェクトマネージャーの違いについて、現役エンジニアの筆者が複数の観点から解説します。

1.仕事内容の違いがある

システムエンジニアはプロジェクトの作業工程の中でも比較的上流工程を担います。具体的には、要件定義、基本設計、詳細設計です。プログラミングを担当することもありますが、基本的には上流工程を担当します。

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体を統括する役割を担っているので、各工程に組み込まれるのではなく、全体管理を行います。要件定義には参加することがありますが、それより下流の設計、プログラミング、テストを担当することは少ないです。

2.立場の違いがある

システムエンジニアはプログラマーの上位に位置しますが、プロジェクトマネージャーはさらにその上位に位置します。プロジェクトマネージャーの下にシステムエンジニアが付いて、さらにその下にプログラマーやテスターがいます。

3.必要スキルの違いがある

システムエンジニアは、自分の担当内でプログラミングだけでなく設計を行い、要件定義に参加することも多いでしょう。そのためプログラミングスキルに加えて、顧客業務を把握した上でそれを設計に落とし込むスキルが必要です。

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体を管理する立場にあるので、プロジェクト内部、顧客、双方とコミュニケーションを取り、間を取り持つ必要もあります。プロジェクトに関わる人たちと円滑にやり取りし、それと同時に資料作成も求められます。

また、プロジェクトの報告資料やプログラマー、システムエンジニアのスケジュール表、作業指示書などを作る機会が多いです。プロジェクトマネージャーが設計書作成やプログラミングを担当することは少ないですが、プロジェクトの責任者としてレビュー等を行います。

個々の作業自体はプログラマー、システムエンジニアに任せることになりますが、プロジェクトマネージャーも設計書やソースコードを見て理解できるレベルの技術力は必要です。

4.年収の違いがある

あくまで相場ですが、システムエンジニアは400~500万円程度、プロジェクトマネージャーは600万円台が平均年収です。ただしシステムエンジニアとして1,000万円以上の年収を稼いでいる人も多いので、プロジェクトマネージャーにならないと年収が上がらないというわけではありません。

システムエンジニアから見たプロジェクトマネージャーは、あくまでもキャリアパスの一つです。

現役のPMが伝えるプロジェクトマネジメントの極意とは

システムエンジニア(SE)からプロジェクトマネージャー(PM)に出世するために必要な要素

システムエンジニアとプロジェクトマネージャーの違いについて把握したところで、次にどうすればシステムエンジニアからプロジェクトマネージャーに出世できるのか解説します。

1.プロジェクト内で積極的にコミュニケーションを取る

プロジェクトマネージャーはプロジェクト内外でコミュニケーションを取り、プロジェクト全体をまとめる責任があります。システムエンジニアはプロジェクト外の人と関わる機会は少ないのですが、プロジェクト内の人とは毎日顔を合わせることになります。

プロジェクト内の人と積極的にコミュニケーションを取れば自分自身の練習になり、それと同時に「コミュニケーションの取れる人材である」とアピールすることも可能です。

2.報連相(ほうれんそう)に力を入れる

プロジェクト内で積極的にコミュニケーションを取ればプロジェクトマネージャーの適性をアピールできると説明しました。しかし、コミュニケーションと言ってもただ単におしゃべりすれば良いわけではありません。

人間関係構築という意味ではおしゃべりも重要ですが、それ以上に重要なのは業務に必要な報連相です。報連相は社会人の基本ですが、システム開発のプロジェクトでは特に精度が重要になります。

システム開発は細かい作業も多いため、報連相を怠ると作業が重複してしまう、ずれた作業をしてしまう、といったことが発生します。先回りして報連相をすることで、「気が利く」「一緒に仕事をしたい人」という評価を得て、プロジェクトマネージャーへの道が開けます。

3.相手の立場で考えてみよう

コミュニケーション、報連相が重要と説明しましたが、あくまでも「相手の欲しい情報」を提供する必要があります。相手にとって望ましくないコミュニケーション、報連相を行っても無意味なだけでなくむしろ逆効果なので、相手の立場に立って考えることが重要です。

相手の立場に立ってコミュニケーション、報連相を行っていれば、プロジェクトマネージャーとして活躍できることをアピールできます。

4.システムエンジニア(SE)としての仕事を確実にこなす

プロジェクトマネージャーとしての資質をアピールするためには、積極的なコミュニケーションが重要です。しかし、だからといって目の前の作業を疎かにして良いわけではありません。

いくら報連相を徹底していて周囲との人間関係が良好でも、たとえば設計書が間違っていたり作業が雑だと信用を失います。システムエンジニアとしての仕事を疎かにしてプロジェクトマネージャーとしては優秀かもしれないという評価は基本的にありません。

プロジェクトマネージャーに出世するためには、システムエンジニアとしてもきちんと仕事をこなす必要があります。

5.部下や他社の人のサポートも行う

自分の作業をこなすことはもちろん、部下や他社の人のサポートを行うことでプロジェクトマネージャーとしての資質をアピールできます。プロジェクトマネージャーは自分の作業だけでなく全体の進捗を見て適宜サポートする必要があるので、システムエンジニアの頃からやっておけば、幹部の目に留まる可能性があります。

6.面談でプロジェクトマネージャー(PM)への出世を希望する

上で紹介したようなことに取り組んだ上で、自分の口から「プロジェクトマネージャーになりたい」と伝えることも重要です。もちろん口先だけでなく、きちんとプロジェクトマネージャーが務まると証明しなければならないため、システムエンジニア時代にプロジェクトマネージャーへの出世を意識した行動を日々行う必要があるのです。

システムエンジニア(SE)から目指せるプロジェクトマネージャー(PM)以外のキャリアパス

システムエンジニアからのキャリアパスはプロジェクトマネージャーだけではありません。あまり人の上に立ったり現場を指揮することに興味がなく、プロジェクトマネージャーになりたくないという人もいます。

ではプロジェクトマネージャーにならなければ出世の道が途絶えるのかというと、そんなことはありません。

1.システムエンジニア(SE)としての専門性を高める

プロジェクトマネージャーにならなくても、システムエンジニアとして専門性を高めていけば、年収アップを実現できます。特に開発中心にやっていきたいのであれば、それでもまったく問題ありません。

会社からマネージメントへの移行を打診される可能性もありますが、どうしても技術中心でやっていくことが難しいようであれば転職も検討すると良いでしょう。高い技術力を求めている企業も数多いです。

2.ITコンサルタント

ひとことにITコンサルタントと言っても幅広いのですが、システムの提案、クライアント企業のIT化促進による業績アップ、IT企業に対する技術指導、などなど業務はいろいろあります。ITコンサルタントは平均的に年収が高く、1,000万円超えも珍しくありません。

3.PMO

PMOはプロジェクトマネジメントオフィスの略です。システムエンジニアより上位で、プロジェクトマネージャーよりは下位に位置します。プロジェクトによってPMOの役職があったりなかったりしますが、大規模なプロジェクトではPMOという役職が置かれているケースも多いです。その場合、プロジェクトマネージャーの前段階としてPMOを目指すのも一つの手です。

4.フリーのエンジニア

エンジニアは他の職種に比べて、独立しやすいという特徴があります。フリーランスとしてプロジェクトに参画することもでき、在宅ワークで仕事を受注することも可能です。

PMと混同されがちなPLとは?

PLとは、プロジェクトリーダーの略です。プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの両方の役職が置かれているプロジェクトでは、プロジェクトマネージャーの方が上位になります。
プロジェクトリーダーはシステムエンジニアの中のリーダーで、プロジェクトマネージャーはより上位で全体を統括する立場です。

まとめ

システムエンジニアからプロジェクトマネージャーに出世するには、。技術力だけでなくプロジェクト内の人と積極的にコミュニケーションを取り、プロジェクトに貢献することが重要です。

技術的な貢献とコミュニケーションによってプロジェクトを円滑に進める貢献の両方をアピールできれば、出世の声がかかる可能性が高いです。また声がかからなくても定期的にプロジェクト内、社内で面談が設けられているはずなので、そこで積極的にアピールすると良いでしょう。面談でなくても、普段から公言するのも一つの手です。

プロジェクトも会社も当然、能力があってなおかつやる気のある人にプロジェクトマネージャーを任せたいと考えています。プロジェクト内の行動で資質を見せることと、面談等でアピールすることの両方が重要です。

【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスのお仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

↓下記バナーより新規登録をお待ちしております。

よく読まれている記事

「キャリア・ファイナンス」でよく読まれている記事