IT土方=IT業界の底辺?気になる仕事内容や次のステップに進むには

「IT土方」という言葉をご存知ですか?

プログラマーやエンジニアになることを目指している方や、IT業界に従事している方はもしかしたら聞いたことがあるかもしれません。「IT土方」とは、一体どのような仕事をしている人のことを指す言葉なのでしょうか。「IT土方=IT業界の底辺」と表現されることもあるようですが、ここでは気になるIT土方の実際の仕事やステップアップ方法などをお伝えします。

IT業界でどのような仕事をしたいか迷っている方、IT業界に関する知識を深めたい方はぜひご参考になさってください。

IT土方とは? IT業界の底辺なのか?

そもそも「土方」とは道路工事や建築などにおける土木作業員のことを指す言葉ですが、その中でも特別な資格やスキルが必要とされない業務に従事している作業員のことを指すことが多いです。そのため、土方という言葉には“資格が不要で誰にでも務まる”というようなマイナスイメージを含んで使われることが多くなっています。

このように、「土方のように身体を使うお仕事ではあるものの、特別な資格や技術、スキルが必要とされないIT関連の業務に従事している人」を指す言葉として誕生したのがIT土方です。もっとわかりやすくいうと、単純作業などを低単価で任されているIT企業で働く人や、長時間働いている人のことを指します。

IT土方は比較的低賃金であるうえ、高い技術や資格がなくても働くことができる為、IT業界の底辺と言われてしまうこともありますが、未経験からIT業界に挑戦するために、そして実務経験を積むためには避けて通れない道でもあり、IT業界にとって必要不可欠な存在でもあるので決して底辺ということではありません。

就職先の企業によっては、ハードな仕事続きなのに昇給が難しかったり、フリーランスでタスク管理が行き届いておらず休みが足りなかったりと知らず知らずのうちにIT土方になってしまう可能性もあります。就職先の企業の見極めや、ご自身の働き方の定期的な見直しが重要です。

プログラマーの仕事内容、年収

プログラマーがIT土方と呼ばれるケースのひとつに、「下請けの最下層で働いている場合」が挙げられます。

単価が安い仕事しか回ってこないため、低賃金になりやすいことが主な原因です。働く企業や仕事内容によって大きく差があるのが現実ですが、プログラマーの平均年収は500万円ほどともいわれており、何年経過しても平均年収に達しない場合は、ご自身のスキルか企業側の環境に問題がある可能性が高いといえます。低単価で不安定な環境で長時間働いているプログラマーは、なるべく早くIT土方から脱出することをお薦めします。

IT土方から脱出する方法

ルーティーンワークなどの高度なスキルが必要ないお仕事がメインになっている人は、幅広い経験に繋がらず、スキルアップの向上が見込めないともいえるので、IT土方を抜け出す計画を立てる必要があります。ここでは、IT土方から抜け出す方法をご紹介します。

資格取得を目指すなどスキルアップする

学歴や経験が無くても実力次第でIT業界に従事することはできますが、未経験からIT業界を目指すと知らないうちにIT土方になってしまう可能性があります。そのため、資格を取得し徐々にステップアップしていくことをオススメします。

IT業界で有利な資格として、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験、マイクロソフトオフィススペシャリストなどの国家資格はいかがでしょうか。まずは、実力試しでも構わないので、徐々に難易度の高い資格取得を目指しステップアップしていきましょう。

転職をする

いつまでも同じ企業に勤めていても、給料が上がらないケースや任される業務がずっと変わらないケースもあります。そういった時は、より好条件の企業を探し、思い切って転職をすることをオススメします。
新たな環境に挑戦することで、IT業界に関する知識も深まり、より高度な技術が身に付くでしょう。

フリーランスになる

正社員として企業で働くのも良いですが、能力やスキルに自信がついた方は、フリーランスになるのも一つの手です。これからも需要が高まり続けるであろうIT業界において、優秀なフリーランスには仕事の依頼が殺到するでしょう。

フリーランスとして活躍するためには高いコミュニケーション能力も必要不可欠となるため、フリーランスになることを検討している方は、IT関連の技術やスキルだけでなく人との繋がりも大切にしましょう。

ブラック企業とホワイト企業の見極め方

IT土方と呼ばれる人々は単純作業がメインで、長時間働いているのに給料が安いなど、世間的に“ブラック企業”と呼ばれる企業に勤めているケースが多いようです。

なかには、残業代を支払わず、社員を酷使している企業も未だに存在するといわれています。就職活動中の方、転職を考えている方は十分注意して企業探しをしていきましょう。

ホワイト企業かどうかを見極めるため、規定の休み通りに社員が休んでいるか、残業代が出るか、有給を取得することができるか、年収は低すぎないか、人間関係が良好かなどのポイントをチェックしていくことで間違った会社を選ばないようにしたいですね。

とはいえ、IT業界は仕事量が多いのも現実です。しかし、企業側の利益ばかりを追求して、作業量が多いのに人員を補充しない場合や、コスト削減のために休日に駆り出されることが多く残業代を出さないような企業は完全なブラック企業です。万が一上記に当てはまる環境で過酷な労働を強いられている方は、いち早くご自身の働き方を見つめなおすことをお薦めします。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、IT土方について詳しくお伝えしました。2020年に小学校でのプログラミング学習の必修化が控えていることもあり、プログラマーなどのIT業界に携わる人の数は今後も増加していくことが考えられます。IT土方が底辺ということではなく、IT土方というマイナスイメージが強い言葉だけが一人歩きしてIT業界を目指す人が減少しないことを願うばかりです。

IT業界に従事するならば一生IT土方でいるのではなく、スキルアップして徐々に仕事の幅を広げ、IT業界の先端を行くような人材として活躍することを目指していきましょう。

【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスのお仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

↓下記バナーより新規登録をお待ちしております。

よく読まれている記事

「お役立ち情報」でよく読まれている記事