評価検証エンジニアとは?役割や仕事内容を徹底解説

評価検証エンジニアとは、いろいろなシステムやハードウェア・ソフトウェアを開発するときに開発成果物が設計通りにうまく動くかをテストし、評価するといったエンジニアです。

今回は、評価検証エンジニアの詳しい仕事内容や、評価検証エンジニアの重要な役割、必要なスキルなどをご紹介します。IT業界を目指す方は、ぜひ参考にしてくださいね。

評価検証エンジニアとは?

評価検証エンジニアは、デジタル機器などのソフトウェアやハードウェアが、仕様書通りにしっかり開発されているのか、実際に動作させて問題がないかを調べるITエンジニアを指します。

そんな評価検証エンジニアはテストを実施するだけではなく、テスト計画や設計の立案、各工程の管理なども行います。また、テスト実施を選んで行うテスターと一緒に業務を遂行することも多いです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

評価検証エンジニアの役割

評価検証エンジニアの役割は、ソフトウェアの品質を維持したり向上させたりするために、リリースされる前に問題を見つけ、修正するべき箇所を洗い出すことです。

例えば、実際に使うユーザーが開発者の意図していない操作をしてしまった際に、システムが誤作動を起こすことも考えられます。これを未然に防止するには、ユーザー側の視点に立って、ソフトウェアテストを実施する評価検証エンジニアの存在が重要になります。

評価検証エンジニアの仕事内容

次に、評価検証エンジニアの具体的な仕事内容を見ていきましょう。評価検証エンジニアはどのような仕事をしているのでしょうか。

評価検証エンジニアは、一つのシステムを開発するときには、以下のような手順で行われることが多いです。

  1.  単体テスト(ユニットテスト):プログラム機器であるモジュールが正確に動作するかどうかを調べる。
  2.  結合テスト(ソフトウェアテスト):モジュール同士を組み合わせた際に何か問題がないかを調べる。
  3.  リグレッションテスト(回帰テスト):プログラムのバグを取ったり変更したりした際に、新しい問題は生まれていないかを調べる。
  4.  システムテスト(総合テスト):システム全体が問題なく動作するかを調べる。
  5.  ベンチマークテスト(製品テスト):システムの処理能力や速さなどを評価する。
  6.  オペレーションテスト(運用テスト):クライアント側の実際の使用環境でシステムが何も問題なく動作するかどうかを確認する最終テストを行う。

システムの開発段階ではいろいろな問題が生まれるのは当然のことです。問題が全て出尽くすまでテストや修正、変更は繰り返されるのです。

評価検証エンジニアに必要なスキル

最後に、評価検証エンジニアに必要なスキルをご紹介します。評価検証エンジニアはどんなスキルが求められるのでしょうか。

コンピューターの専門的な知識

ソフトウェアやアプリケーション、システムなどのテストや評価対象になるものが作動するコンピューター、デジタル機器などについて、基礎的な事を理解していなければ、その問題を発見することはできません。

もちろん、その問題の解決策を見つけることも困難でしょう。そうなると、レポートすらも書けなくなります。

そのため、評価検証エンジニアになるには最低限のコンピューターの専門的な知識を習得することが大切です。

OAスキル

評価検証エンジニアは、テストや評価を実施した際の結果をしっかりレポートする必要があるので、WordやExcel、PowerPointなどのソフトを使いこなせることが大切です。

膨大な量のチェック項目をきちんと管理・把握し、数字の計算を行い、入力、調整していくので、Excelの知識やスキルが必要です。

また、レポート作成で文章やグラフ、データなどを用いて説得力のあるものを提出するため、PowerPointやWordなどのソフトの知識、スキルが必要となります。このようなソフトを使用し、いかに迅速に対応できるかが大切です。

コミュニケーションスキル

評価検証エンジニアは論理的に物事を考え、それを伝えるスキルも必要です。基本的には、正確さや着実さが求められる仕事ですが、不具合があった際の不明点や曖昧点は速やかに報告、連絡、相談を行うことが大原則です。

そのため、円滑なコミュニケーションスキルが必要となります。

忍耐力

評価検証エンジニアは作成されたテストケースを一つ一つ、地道に行う作業が多いため、忍耐力も必要となります。

作業がなかなか終わらない時でも、集中力を維持し、小さな問題やバグを見逃さないことが大切です。

あると活かせる資格

評価検証エンジニアは、JSTQB認定テスト技術やMOS、IT検証技術者認定試験、日商PC検定などの資格があると良いでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

評価検証エンジニアの仕事を経験することで、製品やシステムなどがどのように開発されているのか、その流れを知ることができます。それもまた、評価検証エンジニアの魅力と言えるでしょう。

製品やシステムを世に送り出す前に、テストを徹底的に行うことにより、品質を保つ評価検証エンジニアの需要は、IT技術の進歩に伴って増え続けることが予想されます。

評価検証エンジニアはシステムやプログラムの実装だけでなく、第三者の視点から品質管理に携わり、プロジェクト全体の工程に触れる機会が多いです。そんな評価検証エンジニアは、やりがいがあり、今後のキャリアにもつながる仕事です。

ぜひ、いろいろなスキルを身に着け、必要とされる評価検証エンジニアを目指してくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「IT業界事情」でよく読まれている記事