CGデザイナーになるには?仕事内容や適性もご紹介!

最近のCG技術の向上は目を見張るものがあり、CGで制作されたテレビCM一つとっても、リアルで驚くことがあるでしょう。

そんなCGを支えるCGデザイナーの活躍の場は、今後さらに多様化し、広がっていくことが予想されます。

そこで今回は、CGデザイナーになる方法や主な仕事内容、CGデザイナーに向いている人のタイプなどをご紹介します。

CGデザイナーとは

CGデザイナーは、CG(コンピューターグラフィック)を使用してデザインを行う職業です。

現在は幅広いメディアでCGが使われており、テレビドラマの特殊効果やスマートフォンの起動画面、ゲームキャラクターなど、CGを使用していないメディアを見つけるほうが困難かもしれません。

CGの世界では、現実では不可能な表現をキレイに伝えたり、現実と錯覚するほどの実在感を伝えたりします。

あらゆる局面で使われるCGの需要はどんどん増加しています。CGデザイナーのスキルを活かして活躍できる業界は幅広く、ゲーム業界でのキャラクターデザインや映画業界での映像制作、雑誌の表紙などに使われる二次元CGなど、さまざまな業界で引っ張りだこです。

CGデザイナーの主な仕事内容

次に、CGデザイナーの主な仕事内容を見ていきましょう。

CGデザイナーは、コンピューターで専用のソフトを使い、画面上に二次元または三次元のグラフィックスを作成するのが主な仕事です。

CGはコンピューターグラフィックスの略で、三次元CGの技術の進化と共に、ゲームや映画、アニメーションのみならず、車や建築、機械の設計などにもCGが使用されています。

CGデザイナーは、デッサン画をもとに、物体の形状データを起こす作業から始めます。

次に、素材の質感を表現するマテリアル設計といった作業を実施し、視覚や光源を設定したり、動作の設定を行ったりして、リアルな表現を作ります。

二次元のグラフィックデザインと比べると、三次元のグラフィックデザインの作成は手間と時間がかかり、より高度なスキルが求められます。

それでは、CGデザイナーが日々行う作業を具体的に見ていきましょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

デッサンやモデリング、撮影

CGデザイナーは、すぐにパソコンで作業を始めることは少なく、まずは紙にデッサンを作成し、原案を作ることが多いです。

次に、その原案をもとに画像データを作り上げるモデリングを行います。

モデリングでは高度な技術が必要になります。

また、写真素材の作成では、撮影の段階からデザイナーが関わることも少なくありません。

マテリアル設計やテクスチャ作成

CGデザイナーは、素材の質感をうまく表現するマテリアル設計をソフトで行います。

また、モデリングで作成したモデルに繊細な柄などを表現するために、モデルの表面となるテクスチャを別で作成することがあります。

このテクスチャの作成は、モデリングされたデータを平面にして考える必要があるので、立体の展開図がうまくイメージできないといけません。

シーン設計やライティング

CGにリアリティを出すには、どんなシーンなのかをしっかり考え、現実に近い形で表現することがポイントです。

同じデザインであっても、どこに視点を置くのか、どんな画面の明るさや背景、影を付けるかなどで印象が大きく変わります。

ライティングの工程になると、光がどの方向から当たっているのかを考えて陰影を付けます。

CGでは現実世界ではありえないデザインも制作できますが、光源の種類や角度にこだわってこそリアリティが増すのです。

アニメーション制作では、デザイン作業に加えてモーション作成や実装などをCGデザイナーが担当するケースもあります。

CGデザイナーになるには

では、CGデザイナーになるにはどうすればよいのでしょうか。

ここからは、CGデザイナーになるためにどうすればよいのかをご紹介します。

CGデザイナーになるために、何か特別な資格や学歴などはありません。しかし、CGデザイナーとして働いて活躍するには、コンピューターグラフィックスの専門的なスキルや知識が求められるでしょう。

そのため、未経験からCGデザイナーを目指す場合、CGデザインの知識が身に付く芸術系の大学に通ったり、CGデザインの科目があるIT専門学校やデザイン専門学校などへ進学したりして、コンピューターグラフィックスやデザインの基礎を学ぶことが大切です。

このような学校では、CGデザイナーになるための勉強が一から学ぶことができます。また、在学中でも就職時に役立つ作品づくりや、CGに関わる資格取得なども目指せるでしょう。

卒業後は、CGデザイナーを求めている企業へ就職するのが、CGデザイナーになる基本のルートになります。

また、CGデザイナーは厳しく年齢や学歴が問われる職業ではありません。

実力や知識さえあれば年齢を重ねていても活躍できるチャンスがあります。学歴に関しても、高学歴でなければ不利になるといったことはないでしょう。

実際に、CGデザイナーになる方の経歴は人によってさまざまで、独学で努力してスキルを身に着け、CG制作の現場にアルバイトとして入り、地道に経験を積んでいくような方も中にはいます。

このように、CGデザイナーはスキルを磨こうとする気持ちさえあれば、幅広い人に門戸が開かれている職業と言えるでしょう。

CGデザイナーに向いている人

最後に、CGデザイナーに向いている人をご紹介します。どのようなタイプの

人が向いているのか見ていきましょう。

勉強熱心な人

CGデザイナーが扱うCGにはさまざまな知識や技術があり、3Dのアニメーションを作成するようなデザイナーを目指すには、非常に多くの勉強を必要とします。

そのため、勉強熱心なタイプでなければ、最先端の環境で働き続けるのは困難です。

また、「自分が楽をするためにはどんな努力もできる」といったタイプも多く、ツールの活用やスキルアップを通じた業務効率化のために熱心に取り組む人も多いようです。

とにかくデザインが好きな人

CGデザインは表現の方法が幅広く、作り手のセンスや技術がダイレクトに表れやすいです。

CGでは自由な表現ができますが、反対に、それを否定されたときのショックも大きいでしょう。

また、制作作業における心身のストレスも決して少なくはありません。

そのため、幅広く活躍するCGデザイナーになるには、デザインがとにかく好きで、強い情熱を持っていることが重要です。

根気強い人

CGデザイナーの仕事内容であるCG制作は、ピクセル単位での修正作業が多く、比較的地味な作業が続きます。

そのため、根気強く頑張れる人でなければ、CGデザイナーは務まらないでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

CGデザイナーは今後も高い需要を誇ることが予想されるので、将来性のある職業と言えるでしょう。

これまでは、映画やアニメ、ゲームなどが主な活躍場所でしたが、最近では家電や食品、住宅のような各種メーカーでも広告やパッケージのデザイン、顧客プレゼン用の資料を作成する際にCGを必要とする場面があります。

また、CGの制作スキルや成果物は世界でもその価値が変わらないので、自分の努力やスキル次第では海外での勤務も可能です。

さらに、会社で勤務する以外に、フリーランスで働くといった選択肢があるのもCGデザイナーの特徴です。

ぜひ、自分に合った働き方を選び、CGデザイナーとして活躍の場を広げてくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事