最近笑っていますか?笑顔に秘められた驚きのパワーや効果について

みなさんは最近笑っていますか?
人の笑顔には不思議な力がたくさんあります。

「そういえば最近笑ってないな」
「笑顔にどんな効果があるのだろう?」

そんな方に是非最後まで読んでほしい、思わず笑いたくなるような笑顔に秘められた効果をご紹介したいと思います

ストレス軽減

脳内には幸せホルモンと呼ばれているセロトニンという神経伝達物質があり、口角をあげて笑顔になることで大量に分泌されることから、笑顔にはストレスを軽減させる効果があると言われています。

セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れ暴力的になったりうつ病になったりします。
また、体の疲労がいつまでたっても取れない時や、低体温が続く時などもこのセロトニンが不足している状態に多く見られます。

セロトニンが増加すると睡眠の質が良くなり睡眠不足が解消されたり、朝から体が活性化したりとストレスに強くなるのです。

免疫力が高まる

わたし達の体の中では1日に3000~5000個のがん細胞が発生していますが、そのがん細胞や体に悪影響な物質はリンパ球の1種である「ナチュラルキラー細胞」が退治してくれます。

笑うことによって生まれた神経ペプチドは血球やリンパを通ってナチュラルキラー細胞に付着し、ナチュラルキラー細胞を活性化させます。
すると通常時よりもがん細胞や悪質な物質を攻撃してくれるので免疫力が高まります。

ナチュラルキラー細胞と笑顔が私たちの健康を守ってくれているのです。

脳が活性化される

笑うと脳への血流が増加し、脳の働きが活性化されます。
その中でも特に活性化する器官は記憶力を司る海馬と、判断力を司る側頭葉です。
笑うことによっていつもよりも記憶力が増し、物事を迅速に判断できるようになります。

また、顔の筋肉には楽しい気分にさせる神経を刺激させるものがあり、笑うとリラックスしている気分になります。
この時脳はα波という脳波を出すのですが、このα波は脳の機能を向上させます。
笑うことによって様々な作用を起こした結果、脳が活性化されます。

笑顔がもたらす美容効果

1日中表情を変えないで過ごしていると顔の筋肉は衰え垂れてくる他、血流が滞るので肌色も悪くなりますが、大きく口を開けて笑うと顔全体の筋肉を使うため、新陳代謝を活発にする効果があります。
上記でもご紹介した睡眠不足の解消で肌荒れが落ち着くなどして肌質が良くなる場合もあります。
他にも顔の筋肉を鍛えることで顎関節がほぐれる、女性ホルモンの分泌が増えてホルモンバランスが整うなど、美容にも健康にも効果的です。
子供の時と比べて大人になると笑う回数が少なくなってしまいます。
その原因の1つはストレスだそうです。
愚痴を話すよりも、楽しい話をしてリラックスしたいですね。

また、女性はシワができることを恐れて無表情になってしまうことが多いですがそれは逆効果です。
できるだけ笑うことを心掛けましょう。

周りの人も幸せになれる

上記でもご紹介したセロトニンの効果は絶大で、笑うことでセロトニンが増加すると幸せな気持ちになり、ポジティブ思考になりやすいと言われています。
うつ病にも効果があると言われている程です。

群れの中にいるボス猿と普通の猿の脳内のセロトニンを調べてみると、ボス猿の方が普通の猿よりセロトニンの量が多いという結果が出ました。
セロトニンの量が多い猿程考え方がポジティブで行動力があり、他の猿達から信頼されることが分かりますね。

そこまでの効果を持つセロトニンを作り出す笑顔ですが、笑顔は人に伝染しやすいのです。
人は笑顔で接してくる人を見ると本能的に味方だと安心し、好感を抱きます。
人の笑顔を見て幸せな気持ちになり、その笑顔を見た人もまた幸せな気持ちになれる…そんな幸せな連鎖が続くと良いですね。

笑うと寿命が延びる

なんと、笑顔は寿命も延ばすとも言われています。
昔、トレーディングカードを並べ、笑顔の少ない野球選手と笑顔の多い野球選手の寿命を調べるという研究が行われました。
すると、笑顔の少ない野球選手の平均寿命は72.9歳だったのに対して、笑顔の多い野球選手の平均寿命は80歳だったのです。
これはナチュラルキラー細胞の活性化やセロトニンの幸せ効果など、様々な効果が重なった結果です。

笑顔1つでチョコレート2000個分の幸福感を得られるそうです。確かに、笑顔の方が寿命は延びそうですね。

血糖値への効果

愉快に大きく口を開けて笑うと糖尿病患者の血糖値が下がるという結果が出ました。
血糖は多すぎても少なすぎても困りますが、このバランスを整えるのに、笑いが役立つことが証明されたのです。
笑いはがんや糖尿病だけではなく、他にも脳卒中や自律神経のバランスを整えると言われています。
笑顔1つでここまでの効果があると知っている人は多くありません。
周りの人にも教えてあげてくださいね。

便秘や二日酔いに効く

笑うと血管が広がり、血流が良くなるので胃腸を活発化させ消化を良くします。
その結果便秘が解消されるのです。
また血液循環が良くなると肝臓の血流量が増え、代謝や排泄が良くなるのでアルコールが分解されやすくなります。
便秘薬や二日酔いの薬より、笑顔が薬になることもあるのです。

作り笑いでも効果は得られる

心の底から笑わなくても、笑っている時と同じ表情をするだけで十分な効果は得られます。
仕事や学校でどうしても作り笑いをしないといけない場面があると思いますが、その時も健康や美容に良いのだと考えるとさらに幸福感が得られませんか?

割り箸を口に咥えて笑顔を作る練習をすると口角が綺麗に上がるのでおすすめです。
しかし「作り笑いをするのが苦痛」という状態では本末転倒ですね。
やはり、自然に笑顔が出てくるような状態が理想的でしょう。

疲れを感じたり、最近笑ってないなと思った時は好きな映画を見たり気の許せる人と話したりしてリラックスできる状況を作りましょう。

さいごに

いかがでしたか?
笑顔がもたらす効果は美容、健康と共に絶大的です。
安眠グッズを買うよりも、高価な健康サプリを買うよりも、まず笑顔でいることが大切です。
笑顔は幸福の連鎖です。
無理に笑うのではなく、自然な笑顔を心掛け幸せで満ち溢れた生活を送ってください。

人気のコラム記事