食べないと損します!朝ご飯を食べることのメリット

あなたは、朝ご飯を食べていますか?
昔は1日2食が普通だったのですが、いつからか1日3食が普通になっていますね。
現在は、どのご家庭でも朝ご飯を食べることが「常識」となっているのではないでしょうか。

では、なぜ「朝ご飯を食べる必要があるのか」考えたことありますか?
そこで、今回は「朝ご飯を食べる必要性」についてご紹介していきます。

なぜ朝ご飯を食べる必要があるのか?

結論から言うと、朝ご飯は食べた方が良いです。
また、あなたがどんな仕事をしているかで、摂るべき食事が変わってくると考えて良いかもしれません。
デスクワークがメインの仕事をしていれば、頭の回転が速くなる栄養素の食事をすれば良いのです。
大工など土方系の仕事をしていれば、エネルギーを消耗するので、多めの食事をすれば良いのです。
では、朝ご飯を食べることのメリットはどういったものがあるのでしょうか。

朝ご飯を食べることのメリット

朝ご飯を食べるメリットは、次の2つです。
・頭の回転が良くなる
・身体の動きが楽になる

頭の回転が良くなる

頭の回転が良くなるのは、朝ご飯を食べている人なら経験があるのではないでしょうか。
たとえば、寝坊してしまい、朝ご飯の量がいつもより少なかった場合、頭がぼーっとしてしまい頭が回らないといった経験です。
そのせいで、普段しないようなミスをしてしまい怒られる、といったようなことはありませんか?
朝ご飯を食べるようにするだけで、頭の回転が速くなり1日を快適に過ごせるようになります。

身体の動きが楽になる

毎日朝ご飯を食べている人は感じないかもしれませんが、朝ご飯を一食でも抜かすと身体がだるく感じます。
ご飯を一食抜かすだけでも、身体が受けるダメージは大きいです。
集中力の低下、身体が思い通りに動かない、寝不足のような倦怠感に襲われるなど、良いことがひとつもありません。
朝ご飯を食べるようにするだけで、これらの不調がなくなると思ったら、朝ご飯は抜かせなくなりますよね。
では、つぎに朝ご飯を抜いてしまったらどうなるのかを、ご紹介していきます。

朝ご飯を食べないとどうなるのか?

朝ご飯を食べると、1日を健康的に過ごせるお話を先ほどしてきました。
では、逆に朝ご飯を食べない日が続くと、身体にどのような影響が出るのかご紹介していきます。
・頭の回転が遅くなる
・空腹に襲われて作業に支障が出やすくなる

頭の回転が遅くなる

毎日朝ご飯を食べている人に比べると、頭の回転が遅くなりやすい傾向にあります。
なぜなら、脳まで栄養が行き渡らないからです。
頭の回転が遅くなると、臨機応変な対応ができなくなる可能性がありますよね。
それを避けるためにも、朝ご飯は食べるべきだと考えられます。

空腹に襲われ作業に支障が出やすくなる

朝ご飯を食べないと、日中の作業をしているときにお腹の減りが気になりすぎて、目の前の作業に没頭できなくなる可能性がありますよね。
実は、空腹のときとご飯を食べているときだと、作業効率に差が出ますし、「早く昼休憩にならないか」と時間ばかり気にしてしまうようになります。
これでは、せっかく仕事をしていても成果を上げることは難しいですし、何をしに職場に来ているのか分からなくなってしまいます。
作業に支障をきたさないためにも、朝ご飯は食べるようにしましょう。

朝ご飯の代わりになるもの

寝坊してしまい、どうしても朝ご飯を作っている暇もなければ食べている暇もない。
もしくは、元から小食で食欲がなく、食べられない人もいるのではないでしょうか。
そこで、「非常食」ともいえるアイテムをご紹介します。

ウインダーinゼリー

ウインダーinゼリーを知らない人は、なかなかいませんよね。
いまや、私たちの生活に欠かせない食品となっているのではないでしょうか。
ウインダーinゼリーの特徴は、1日の活動に必要な栄養素が含まれており、長くても20秒ほどあれば食べ終えることができるところでしょう。
なんといっても、ジュース感覚で栄養を補給できるので、ウインダーinゼリーを職場で朝ご飯代わりに食べるなんて人も増えてきています。
味も豊富に揃っているので、もし朝ご飯を用意する時間がない人は、ウインダーinゼリーを朝食代わりにしても良いのかもしれません。

朝ご飯を食べるときの注意点

最後に、朝ご飯を食べるときの注意点をご紹介していきます。
・無理をして食べない
・パンではなくお米を食べる

無理をして食べない

前日の夕飯に食べ過ぎて、胃もたれを起こしているとします。
もしくは、朝から気分が優れずに、何も食べたくないときってありますよね。
そんなときは、「無理をしてでも食べる」のではなく、「食べられる範囲内」で食べるようにしていきましょう。
家族の中には、「体調が悪いときほど、ご飯をたくさん食べた方が良い!」と言ってくる人もいます。
しかし、お腹の調子がおかしいときに、いくら食べてもお腹を壊すだけなので注意して下さい。

パンではなくお米を食べる

最近、日本人はご飯を炊くのが面倒だから、パンを食べる習慣が身に付いています。
パンを否定しているわけではありませんが、パンとご飯とでは、お腹の減り具合が全然違うといわれています。
どうやら、ご飯を食べた方がお昼頃までお腹が減らないようです。
では、パンを食べた場合はどうなるのか。
実は、お腹が減るスピードが早くなります。
パンを1枚食べようが2枚食べようが、お腹の減り具合はご飯よりも早くなります。
つまり、「間食」をしたくなるのです。
仕事中に間食できるところは、滅多にないですよね。
そのため、間食を防ぐためにも、朝はご飯を食べるように心がけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

それでは、朝ご飯を食べることのメリットを振り返ってみましょう。
・頭の回転が良くなる
・身体の動きが楽になる。
朝ご飯を食べると、身体に栄養素が入るので頭の回転が良くなりますし、身体の動きも自然と楽になります。

では、朝ご飯を抜いたときのデメリットも振り返ってみましょう。
・頭の回転が遅くなる
・空腹に襲われ作業に支障が出やすくなる
頭の回転が遅くなるのはもちろんありますが、「空腹」が一番の敵になると考えられます。
ぜひ、朝起きたらどんなご飯でも良いので、食事を摂るようにしましょう。

人気のコラム記事