なぜ人気?Youtuberを職業として成り立たせるためには

今、若者を中心に大人気となっているYoutuber。小学生のなりたい職業ランキングにもYoutuberはランクインしていますよね。たくさんの方がYoutuberとして有名になって大金を稼ぎたいと考えているでしょう。

そんなYoutuberを職業として成り立たせるにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、Youtuberとして安定した収入を得て、職業としてしっかり成り立たせる方法についてご紹介します。

Youtuberになりたい方や、Youtuberとしてもっと羽ばたきたいと思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

Youtuberになるためには何が必要?

Youtuberになるために何か必要な資格や学歴などはありません。
カメラやパソコンを使って好きな動画を撮影して、YouTubeに動画をアップすることが出来れば、どんな方でもYoutuberになることができます。

Youtuberを職業として成り立たせるためのポイント

それでは早速Youtuberを仕事として成り立たせる大切なポイントについてご紹介します。

パートナープログラムに参加する

Youtuberになって収益をあげるためには、まずはYouTubeのパートナープログラムに参加する必要があります。
日本国内に住んでいて、動画が削除されるようなペナルティを受けていなければ、パートナープログラムの申請を行うことができます。

飽きさせない動画構成や動画編集を心がける

今の時代はテレビやブログ、動画共有サイトなどに面白いコンテンツが無限にあふれています。
Youtuberとして人気になって職業としてしっかり成り立たせるためには、動画の内容が面白いことが大前提です。視聴者がわざわざ時間をさいて、あなたのYouTubeを見たいと思わせなくてはいけません。
そのため、カット編集を多用したりと飽きさせない動画の構成や編集をしっかり考えることが大切です。

視聴者に合わせた動画内容にする

YouTubeは動画によって視聴者の層に偏りがあります。
そのため、自分の動画を視聴しているユーザーの層に合わせた動画を作ることが理想的です。動画を作り始めたころは、万人受けするものを作ろうとしがちです。しかし、職業としてYoutuberを成り立たせるには、万人受けする動画は避けたほうが良いでしょう。

たとえば今までゲーム実況動画を投稿していた方が、突然商品レビュー動画をあげだしたら見ていた方はどう思うでしょうか。
ゲーム動画だから面白かったのに…と残念に感じてしまいますよね。
そのため、視聴者に合わせた動画内容にすることが大切なのです。たとえば、小学生など子供の視聴者が中心なら、次のようなポイントに注意する必要があります。

• 大人しかわからない難しい言葉を使わない
• 変顔のようなわかりやすいギャグを入れる
• ゲームや駄菓子など小学生が学校で話題にしそうな内容にする
• 字幕にもかな表示をつける

動画の中でチャンネル登録を促す

YouTubeを見ている方なら、動画の中でチャンネル登録を促している場面を見たことがあると思います。Youtuberの皆さんは、アノテーション・カード機能を使ってチャンネル登録はこちら、のようにしていますよね。

職業としてYoutuberを成り立たせるには、この行為はとても大切なことなのです。

それは、ほとんどの方は動画を見ても面白かったで満足してしまって、チャンネル登録するまではなかなかいかないからです。
そのため、Youtuberとして収益を上げるには、動画の中でチャンネル登録をしっかり促すことが大切なのです。

営業活動をする

YouTubeの中で営業をするということは、ほかのYoutuberの動画にコメントしたりと交流を図ることにより、地道にチャンネル登録者数や再生回数を上げる作戦になるでしょう。

誰でも自分が一生懸命作った動画にポジティブなコメントがついたら嬉しいですよね。

そのため、このようなポジティブなコメントがついたら、そのコメントをしてくれた方のことを多少は調べる方が多いです。そして、その方も同じYoutuberなら、チャンネル登録してくれるでしょう。
さらに、自分が動画を投稿したら同じようにコメントしてくれるでしょう。この営業活動でどんどんアクセス数が増えるというわけです。
初めのうちは、このように地道に営業活動を始めて、見てくれる仲間を増やすことがおすすめです。

サムネ画像を上手く設定する

ほとんどの方は動画のタイトルを見る前にサムネイル(サムネ)画像を確認しますよね。気になるようなサムネ画像なら、すぐに動画をクリックするでしょう。つまり、サムネ画像によってもアクセス数は大きく変化するのです。

そのため、自分でみんなの興味を引くようなサムネ用の画像をつくって、それをサムネ画像として設定することが大切なのです。
再生数を増やすためには、動画からサムネ画像を自動で設定するのは止めましょう。顔出しをしている方なら、自分の顔をサムネ画像に入れることをおすすめします。
YouTubeの中で、人の顔が映っているとクリック率が各段に上がるのです。

まとめ

いかがでしたか?
Youtuberを職業として成り立たせるためには、まずは自分のつくった動画をみんなに見てもらわなければいけません。人気が出れば出るほどアクセス数が上がり、その分収入につながります。
しかし、今は日本でもたくさんのYoutuberがいるので、その中で視聴者に見てもらうには、人とは違う個性を出したり、興味を引くように何か面白いことをすることが大切です。
それだけではなく、見やすい動画にするために時間配分に気を付けたり、テロップをつけたりと視聴者に飽きさせない工夫をすることも大切です。
Youtuberを職業として成り立たせるために初めは時間がかかるかもしれませんが、地道な営業活動をしたりコツコツ頑張っていれば、必ず結果がついてきます。
ぜひ、諦めないで理想とするYoutuberになって活躍してくださいね!

よく読まれている記事

「お役立ち情報」でよく読まれている記事