AWSエンジニアとは?必要なスキルと仕事内容を解説!

皆さんは、AWSエンジニアという単語を聞いたり見たりしたことはあるでしょうか。エンジニアを目指していたり、エンジニアの仕事をしている人だったりすると、聞いたことがあるかもしれませんね。

AWSエンジニアとは、簡単に言うとAWSを使用したシステム構築・移行業務において専門性の高いエンジニアを指します。

そこで今回は、AWSエンジニアの仕事内容や必要なスキル、役立つ資格などをご紹介します。AWSエンジニアに興味がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

AWSエンジニアとは?

AWSエンジニアとは、世界最大手の通販サイトAmazonが提供しているクラウドサービス「AWS」を取り扱う技術者のことを指します。

AWSエンジニアが主に行う業務は、インフラ環境の構築です。今まで、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアが関わっていた業務をクラウドで行う形となるのです。

AWSは、Amazon Web Serviceの略称で、Amazonから提供されている開発者に向けたサービスです。

AWSはクラウド型のサービスなので、必要な時に必要な分のみのリソースを使えるといった特徴を持ちます。サーバーも必要な時間だけ使用できるため、自社で準備するよりも安く料金を抑えられます。

また、サーバーのメンテナンスもAWS側で実施するので、運用コストが少ないのが大きなメリットです。

さらに、世界的にも有名なAmazonが提供していることもあり、セキュリティ面での信用度が高く、たくさんの企業から選ばれているのです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

AWSエンジニアの仕事内容

次に、AWSエンジニアの仕事内容を見ていきましょう。

AWSエンジニアは、主に以下のような仕事を行います。

AWS環境の設計

AWSを使った開発環境の設計を行います。クラウドサービスを使っていることが、通常の環境設計とは異なる点です。

クラウドサービスを取り扱うには、クラウドの特性を把握したうえで、拡張性や可用性を意識し、継続的にシステムを最適化できるように設計します。ここでうまく設計できないと、性能が非常に低くなってしまうと言われているので注意が必要です。

また、AmazonではAWSの設計ガイドが公開されており、いろいろな機能の説明や仕様、組み立て方などが解説されているので、このガイドを有効活用すると良いでしょう。

AWS環境の構築

設計が完了すると、実際に環境を構築していきます。AWSにあるいろいろなサービスを組み合わせて、必要なインフラを作っていきます。

AWSには、開発のために幅広い機能が搭載されています。たとえば、サーバー環境の構築やデータ保存、コンテンツ配信、データベースやセキュリティ、メール機能、プログラムの実行環境などがあります。

AWSエンジニアは、このような機能を適切に組み合わせて、スムーズに開発・運用できる環境を構築していきます。

AWS環境を運用する

AWSエンジニアは、構築したAWS環境を実際に運用していきます。主に、セキュリティやサーバー増設、機能のアップデート、動作の監視などの仕事を行います。

また、運用の業務範囲は幅広く、エンジニアのスキル次第で行う仕事内容が異なります。そのため、AWSエンジニアはこうした多岐にわたる仕事に対応できる知識やスキルを持っておくことが大切です。

AWSエンジニアに必要なスキル

では、AWSエンジニアはどのようなスキルが必要なのでしょうか。AWSエンジニアには、以下のような幅広い知識やスキルが必要となります。

AWSサービスへの理解

AWSは数多くのカテゴリーで、200以上ものサービスを提供しています。そのため、AWSエンジニアは、使用頻度の高いサービスを理解し、それを使いこなすスキルが求められるでしょう。

クライアントからは、AWSサービスの使い方についての提案や、構築ができるAWSエンジニアに需要が集まります。

AWSエンジニアを目指す方は、AWSサービスへのしっかりした理解が必要となります。

インフラ整備のスキル

AWSエンジニアは、主に開発環境を構築するといった仕事を行います。そのため、AWSサービスへの理解のみでなく、インフラ構築全般のスキルが求められるでしょう。

具体的には、システム開発の知識やサーバーOSの構築、運用するスキル、セキュリティの知識、ハードウエア知識、さらにネットワークの全般的スキルなどの幅広いスキルが必要となります。

このように、AWSエンジニアはインフラエンジニアに必要なスキルや、AWSならではのスキルの両方が求められるでしょう。

データを取り扱うスキル

AWSエンジニアは、これまでのインフラスキルやAWS利用知識の他にも、データを取り扱うスキルが求められます。

それは、AWSには数多くのデータストレージが用意されているためです。これらのデータ保存領域は、通常の運用のみならず、バックアップや移行にも使われています。

また、データ容量は課金制となっているので、無駄なく適切に保存すればコスト削減につながるでしょう。そして、容量を無駄に消費するとその分費用が膨らんでしまうため、バランスよく使用することが大切です。

AWSエンジニアに役立つ資格

最後に、AWSエンジニアに役立つ資格を見ていきましょう。

クライアントのニーズを満たすAWSエンジニアということを証明するには、Amazonが提供するAWS認定を利用するのが良いですね。

AWSに関する知識が深ければ深いほど、AWSエンジニアとしての案件が獲得しやすくなる可能性が高いです。

AWS認定(クラウドプラクティショナー)

クラウドプラクティショナーは、AWS認定の中でも基礎的な資格です。AWSエンジニアに必須となる、AWSクラウドの概要、AWSの基本的なアーキテクチャ原理やアカウントマネジメントなどの知識が問われるのです。

クラウドプラクティショナーは、エンジニアとしてのスキルを証明するというより、基礎知識の確認に向いているでしょう。

AWS認定(アソシエイト)

アソシエイトレベルは、一年間AWSを使ったことのあるエンジニア向けの試験です。AWSの実務経験のみならず、個人利用の経験も役立ちます。

また、AmazonのAWS認定公式サイトには、AWSに関わる教材もあるため、試験前の学習に利用すると良いですね。

AWS認定(プロフェッショナル)

プロフェッショナルレベルになると、アーキテクト向けと運用・開発担当者向けの二種類の試験区分があります。

こちらは、AWSについての高度な知識やスキルがあることを証明する認定試験です。

実務経験を積みながら、ぜひ合格を目指してくださいね。

AWS認定(専門知識)

AWSを用いたソリューションが提供するスキルを証明できる資格です。

AWSエンジニアとして得意領域をつくりたい方や、広い知識を持っていることをアピールしたい方などは、専門知識の試験を受験してスキルを証明しましょう。

この資格を取得することによって、案件獲得につながる可能性があります。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

AWSには数多くの機能が用意されていて、それらを上手に組み合わせて適切な環境構築するのが、AWSエンジニアの主な仕事となります。

既存のインフラ構築スキルのみならず、クラウドサービスのAWSを活用するための知識も必要です。

そのため、AWSエンジニアは全くのIT未経験者などがすぐに就職できる仕事とは言えないでしょう。まずは、インフラエンジニアやプログラマーとしてIT業界を経験して、学習したりスキルアップしたりしてから目指すことをおすすめします。

ぜひ、需要の高いAWSエンジニアを目指すために、自分に必要な知識やスキルを身に付けてくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事