日本企業のIT化は遅れている?海外との違いやIT化のメリットは?

日本にある企業のIT化は、世界に比べてみると遅れていると言われています。

現在、テクノロジーの進化は非常に速く、IT化が遅れてしまうと、産業上いろいろと不利になってしまいます。

そこで今回は、日本企業のIT化が遅れている理由やIT化を行うメリット、IT化のポイントとなるDXなどについてご紹介します。

日本企業のIT化が遅れている理由は?

まずは、日本企業のIT化が遅れている理由についてご紹介します。どんなことが原因になっているのでしょうか。

IT人材の育成不足

日本は世界的に見ると、IT人材が育ちにくい傾向にあります。

日本企業は終身的な雇用形態がほとんどであり、一度雇用した従業員は定年が来るまで会社が面倒を見るといった風土が今も残っています。

この場合、企業はそれを前提として社員教育を行う必要があり、それが人材のガラパゴス化につながっていると指摘されています。

転職をして専門的なスキルアップを目指すことが前提の社会と、一つの企業で終身的に働いていくのとでは、人材育成に大きな違いが出るでしょう。

IT人材を育てるには前者の方が有利になるので、日本企業の雇用形態とIT人材の育成は相性が悪いと言えます。

テクノロジーに関する理解不足

日本は世界的に見てもテクノロジーに関する理解が不足していると言われています。

テクノロジーに関する理解が不足していると、新しい技術などを受け取りにくく、グローバルテクノロジー界隈で遅れを取ってしまいます。

また、新たな技術や概念に関するドキュメントは英語で公開されることが多いので、英語力が必要不可欠です。

日本は英語を使いこなせる人材が世界に比べると少ないでしょう。

英語のドキュメントを読みこなせるIT人材が少ないことも、IT化が遅れている一つの原因となっています。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

IT化を行うメリットとは?

では、日本企業がIT化を行うメリットにはどんなものがあるのでしょうか。IT化を行うメリットをご紹介します。

幅広い面で業務効率化につながる

日本企業のIT化が進むと、幅広い面で業務効率化につながります。一般的に、以下のような点で効率化が図れるでしょう。

  • 定型的な処理や作業の自動化
  • 出先からでもシステムにアクセスできる
  • ワークフローのシステム化

定型的な処理が自動化できれば、これまで人の手で行っていた業務はほとんどシステム化できます。

ワークフローをシステム化できると、確認するべきことをきちんと確認したうえで業務を行うことができます。

また、出先からでもシステムにアクセスできるようになると、場所を選ばずに仕事ができるでしょう。このような業務効率化はIT化の大きなメリットと言えます。

全社的な情報共有が可能

これまで紙やディスクなどに保存していた情報をIT化すれば、必要に合わせて全社員に共有することが可能です。部門間での情報共有は難しいこともありますが、IT化すると、普段は見つけるのが困難な情報も一瞬で検索でき、業務効率化にもつながります。

現代社会では、商品開発を行う場合でも部門間のクロスオーバーを求められることが多々あります。企画段階で実際の生産工程の情報などが求められる場合もあれば、マーケティングで企画における情報が必要になるケースもあるでしょう。

IT化することで、全社で報共有が行き渡ることができれば、いつでも必要な情報を見ることができるのです。

集めたデータをもとに正確な判断を出せる

データ管理をIT化すれば、判断の正確性が得られるでしょう。いろいろな経営的な判断を下すとき、これまでは経験や勘などで行われていたことも多いようです。IT化することで、集めたデータをもとに客観的な判断を下せるようになるので、正確性が向上します。

IT化によって経験や勘などの要素がすべて排除されることではなく、データによりそれが補強されるのです。

データをもとにしていると、判断の根拠を言葉で示しやすくなるので、周りを納得させやすくなるでしょう。

IT化の次?DXとは?

日本企業のIT化が進むことで、いろいろなメリットを得ることができます。それだけでも十分な恩恵があるのですが、そのさらに一歩先にDX(デジタルトランスフォーメーション)という概念があるのです。

このDXについて見ていきましょう。

DXとは、ITテクノロジーを駆使してビジネスモデルや体制変革を促進し、市場における競争優位を確立することを指します。

スウェーデンのエリック・ストルターマン教授によると、もともとDXは、デジタル技術が人々の生活をより良い方向に変化させることと提唱されていました。

DXの進化に伴って、これまでは取得が困難だったいろいろなデータを収集することが可能となりました。それらを使って新しいビジネスモデルを構築することにより、企業だけでなく、社会全体にインパクトを起こそうと試みることがDXの目指すところなのです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

日本企業のIT化が遅れている理由やIT化を行うメリット、IT化のポイントとなるDXなどはしっかり理解できましたか?

日本は世界に比べると、産業や組織のマネジメントがガラパゴス化しているので、それが原因となってIT化が遅れているとされています。

しかし、ITシステムを効率的に活用することで、日本企業では幅広い業務の効率化につながるでしょう。

日本企業のIT化が遅れている理由や改善しなければならないポイントなどをしっかり頭に入れ、適切なシステムを導入することが大切です。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「IT業界事情」でよく読まれている記事