Pythonの特徴や使い方を徹底解説

Pythonは、近年注目を浴びてきているプログラミング言語です。

いまだに「C言語」や「Java」などのプログラミングが多く普及している中で、「Pythonってどんなことができるの?」と思われる方も少なくないでしょう。

そこで、この記事ではPythonの特徴や使い方についてご紹介していきます。

Pythonの特徴

まず始めに、Pythonの特徴からご紹介していきます。Pythonの特徴は大きく分けて2つあります。

プログラミング初心者でも理解しやすい言語

C言語やJavaを使用するときは、コードを打つ前に入力しなければならない文字列があります。この文字列は、書く言語によって違いますが、パソコンにプログラムを読み取ってもらうために必要な文字列です。

Pythonだと、この文字列がいらなくなります。

つまり、他のプログラミング言語に比べて、プログラムが非常に作りやすい構成となっているわけです。プログラムが非常に作りやすいのは、Pythonならではの特徴だといえるのではないでしょうか。

ソフトの開発環境に長けている

Pythonは、コードがシンプルなのに様々な環境のアプリ開発に対応しています。

たとえば、「数値関連の処理が早い」のもPythonの特徴のひとつです。この処理機能を活かして、統計を取るアプリを開発したり数値計算をするアプリの開発にも使用されています。

画像処理が早いことも特徴のひとつで、画像、音声、動画処理を行うアプリもPythonでプログラムを開発することができます。

コードがシンプルでありながら、様々な場面に適応したアプリを開発できる環境があることが、Pythonを使う特徴だと考えられるでしょう。

Pythonが使われている場面

では、次にPythonがどんな場面で使われているのかについてご紹介していきます。Pythonがどんなところで使われているのかというと、以下の2つの用途で主として使われています。

機械学習

Pythonでは、プログラムに機械学習を組み込ませることができます。

ところで、プログラムに機械学習を組み込ませるとどうなるのか。結論から言うと「アップデート」がいらなくなります。

いままでは、「機械が行うパターン」が決められていたことが多かったように見受けられました。その背景には、機械が行う仕事が決められていたことが要因としてあると考えられます。

これは言い換えると、機械が行うパターンを変えるには、プログラムそのものを変える必要があるということにつながります。

いちいちプログラムをアップデート、もしくはバージョンアップするのにプログラムを変えていたらキリがないですよね。しかし、機械学習を組み込むことによって、機械の行動パターンを機械自身が決められるようになりました。

アップデートやバージョンアップを行わなくても、自動的に機械がどうしたらいいか自分で判断して学習していってくれます。そのため、プログラムの更新頻度を最小限に抑えることができるようになったのです。

これは、プログラマーからしても非常に助かっている機能ではないでしょうか。

データ解析

Pythonは、データ解析としても用いられることが多いです。

たとえば、先ほども軽く触れましたが、数値や画像のデータ処理として使用されることが多いです。数値関連でいうと数値計算や統計処理、画像関連でいうと、画像、音声、映像の処理に用いられています。

Pythonの使い方

詳しく書いていくとすごく専門的な話になってしまい、読みづらくなってしまうのでおすすめの方法を分かりやすくご紹介していきます。

Pythonを使ううえで、どんなプログラムを組んでいくのかは変わってきます。しかし、ベースとなる使い方は同じなのでぜひお試し下さい。

Pythonを使うときに用いる言葉は「パッケージ」と「モジュール」の2つです。

パッケージ

パッケージとは、簡単にいうと「ゲームカセット」と同じような感じです。カセットをゲーム機に入れて電源をONにすると、ゲームを楽しむことができますよね。

私は昔ゲームをやっていて思ったことがあります。「なぜこのカセットをゲーム機に挿すだけでゲームができるんだろうか」と。それは、ゲームカセットが「パッケージ」で、中にいろいろなデータが入っているからなのですね。

つまり、パッケージと呼ばれているデータの集合体を、専用のソフトウェアに読み込ませているから遊ぶことができるのです。

これをPythonに置き換えていうと、Pythonのデータが入ったファイル(ゲームカセット)に、専用のソフトウェアを読み込ませてプログラムを起動させる。

といった流れになります。

モジュール

モジュールは、ゲームカセットの中に入っている「データそのもの」です。モジュールが欠けていると、カセットを挿しても途中で不具合が起きてゲームが止まってしまいます。

モジュールがどういった役割を担っているかは、ご理解いただけたかと思います。もちろん、モジュールを増やせば増やすほど、パッケージとしてPythonが行える作業量は増えていきます。

他の言語と違い、ひとつのプログラム内ですべて完結させずに、モジュールをひとつずつ作成していきファイルに入れていきます。

そのため、不具合が起きたときにどのデータが原因かを突き止められやすいです。

【モジュールを作成した時の注意点】

注意点としては、非常に初歩的なことですが、モジュールを入れるファイルを間違えないようにしてみましょう。

いくらモジュールを作成しても、パッケージファイルに入れていなければ動作しません。

もし、作成したとおりに動かないという方は、一度パッケージファイルを確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「Pythonの特徴や使い方を徹底解説」というテーマでご紹介してきました。Pythonは非常に使い勝手が良くて汎用性も高いアプリなので、今後ますます注目されてくると予想されています。

現在では、C言語やJavaよりもPythonを主流に使っている企業が増えてきています。プログラミングの資格やスキルを身につけようと考えている方には、ぜひ「第3の武器」として身につけておくべき資格になってくるでしょう。

Pythonのことをご存じでない方は、ぜひこの機会に勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

現在エンジニアルートでは、Python案件を多数ご紹介中です。「まずは相談したい。」だけで構いませんので、お気軽にご連絡ください。

関連記事もオススメです



人気のコラム記事