組み込みエンジニアとは?仕事内容・将来性・必要なスキルは?

組み込み系エンジニアは、IT業界の中で家電製品やハードウェアなどに関わる仕事の事を指します。エンジニアを目指している方は、「組み込み」という言葉をよく目にするのではないでしょうか。

そこでこの記事では、組み込みエンジニアの基本知識や仕事内容、組み込みエンジニアの将来性や必要なスキルなどをご紹介します。組み込みエンジニアを目指す方は、ぜひ参考にしてくださいね。

組み込みエンジニアとは?

組み込みエンジニアは、工業機械や家電製品、AV機器などのハードウェアに使われる制御システムや組み込みソフトウェアを開発するエンジニアの事です。

人間の生活に必要な製品に関わる職種で、自動車や家電製品など幅広い製品で使われるシステムを取り扱っています。

組み込みエンジニアが取り扱う電子機器の制御システムは、電子基板やソフトウェア、センサー類などを組み合わせたものが多いです。これらの要素は制御システムを構築し、組み込みシステムと呼ばれます。

組み込みエンジニアが扱う組み込みシステムは目的によって必要な部品が異なるので、組込みシステムの構成内容はそれぞれの電子機器により違いがあります。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

組み込みエンジニアの仕事内容

次に、組み込みエンジニアの主な仕事内容を見ていきましょう。
組み込みエンジニアの具体的な仕事内容は次の通りです。

電子機器に搭載する機能の検討

組み込みエンジニアは仕事を受けると、始めにその電子機器に搭載する機能の検討に取り掛かります。組み込みエンジニアは、機能の実現の可能性や製品市場の動向、コスト面の問題などを考える必要があるため、ある程度の経験がある組み込みエンジニアが担当する場合が多いです。

設計

搭載機能を検討したら、具体的な仕様を設計します。
設計にも専門的な知識や経験が必要となるので、経験豊富な組み込みエンジニアが担当する場合が多いです。

設計の作業で注意したいポイントは、規格への準拠や電子基板、安全性・耐障害性の3つです。

プログラミング・テスト

設計を終えると、実際にシステムのプログラミングを行ったうえで機能や安全面に問題がないかをテストしていきます。経験が浅い組み込みエンジニアは、このプログラミングとテストの業務を担当することが多いです。

ソフトウェアの開発が進むと、基板上のメモリに書き込みを行い、機器単体でのテストへと移行します。

そして、テストが大詰めになると、実際に使用する環境を想定して湿度や温度への耐久性などをチェックします。

組み込みエンジニアに必要なスキルは?

では、組み込みエンジニアにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。組み込みエンジニアに必要とされるスキルをご紹介します。

電気や電子基板に関する知識

組み込みエンジニアの仕事内容には電子基板の設計などもあるので、電気や電子基板に関わる知識も必要です。

また、電流や電圧、抵抗などの電気の基礎知識も身に着けておくことをおすすめします。

プログラミングスキル

組み込みエンジニアはソフトウェア開発に関わる仕事なので、プログラミングに関するスキルや知識は必要不可欠です。組み込みエンジニアが使うプログラミング言語は、CやC++、アセンブリなどです。そのため、これらのプログラミング言語の学習をしておくことが大切です。

特に、C言語はほかのプログラミング言語に大きな影響を与えた言語のため、組み込みエンジニアを目指す方は、しっかり理解しておくと良いでしょう。

コンピューターの仕組みに関する知識

Cやアセンブリなどのプログラミング言語を使うには、データの収納方式やメモリ構造について理解しておくことが大切です。そのため、組み込みエンジニアを目指すためには、コンピューターの仕組みに関しても理解を深めておきましょう。

英語スキル

組み込みエンジニアを目指すには、英語スキルを身に着けておくと意外と役に立ちます。組み込みシステムに使われる部品はさまざまなメーカーから取り寄せられているので、海外からの仕入れも多いのが現状です。

部品を使うための、ドライバーのインストール手順が英語で書いてある場合も珍しくありません。そのため、基本的な英語のスキルを身に着けておくと役立つでしょう。

組み込みエンジニアの将来性を解説!

最後に、組み込みエンジニアの将来性を見ていきましょう。

組み込みエンジニアが活躍できるフィールドは非常に広く、やりがいもある仕事です。家電製品や産業機械、情報・通信機器などコンピューターを内蔵するいろいろな機会に組み込みシステムが必要となるので、それらを開発するために組み込みエンジニアは必要不可欠な存在です。

また、これまでも家電製品に組み込みシステムが搭載されていましたが、家電製品もインターネットにつながるようになってきているので、今後も、これまでより高度な組み込みシステムが要求されるでしょう。

そのため、組み込みエンジニアは知識の広さや技術レベルがどんどん求められることが考えられ、組み込みエンジニアの需要はこれまで以上に高くなります。

開発案件自体も増えていくことにより、エンジニアに対する需要も増加していくため、未経験であっても転職のチャンスは広がっていくのではないでしょうか。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

組み込みエンジニアは決して簡単な仕事ではないのですが、「自分が意図したとおりに電子機器が動く」というプログラミングの本質につながる面白さややりがいがあるでしょう。

また、組み込みエンジニアは時代の先を行くサービスや流行りの機器に実際に触れることができるという仕事内容も魅力的です。

そんな組み込みエンジニアは、これからも需要が増えることが予想されます。

組み込みエンジニアを目指す方は、組み込みエンジニアに必要なスキルである電気や電子基板に関する知識やプログラミングスキル、コンピューターの仕組みに関する知識、英語スキルなどをしっかり身に着けることが大切です。

ぜひ、将来性も期待できる組み込みエンジニアを目指して、必要なスキルや知識を身に着けてくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。


一対一のカウンセリングに基づき、
スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。
ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。
将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽にご登録ください。
お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事