インターネットやPCがテーマのおすすめ映画

これまで、映画の中でインターネットやPCが数を多く使用されてきました。
デュアルモニターなどを駆使して仕事をしているシーンを見ると、興奮してしまったり自分も欲しくなったりした経験があるのではないでしょうか。
では、映画の一部で使用されているのではなく、インターネットやPCそのものがテーマになっている映画があることをご存知でしょうか。
今回は、インターネットとPCがテーマになっている映画を3つずつご紹介させていただきます。

インターネットがテーマの映画

まずはインターネットがテーマの映画からご紹介していきます。
・ソーシャルネットワーク
・ザ・インターネット

ソーシャルネットワーク

この映画は2010年に公開されたアメリカの映画です。
物語の展開は、主人公であるザッカーバーグがFacebookを立ち上げた過去から始まります。
その後、Facebookを巡って様々な展開に発展していく映画となっています。
また、この作品で企業と投資家などの関係が頭に入ってくるところも見どころです。
順風満帆とは言えないけど、ザッカーバーグによってここまで大きくなったSNS「Facebook」のことを知ることができます。
Facebook誕生の秘話について、詳しく知りたい方におすすめできるのかもしれません。

ザ・インターネット

この映画は「ハッカーテクニック」が盛り込まれている映画です。
コンピュータアナリストとして活躍していた主人公は、ある日Escapeキーを押すことでデータが消えてしまうウイルスがあることを発見します。
そのデータを、ソフト社の社員デールに送付したところ1枚のディスクが送られてきます。
ディスクを送付した後に会うはずだったデールは、搭乗中のセスナ機が事故に遭って亡くなってしまいます。
その後、気分が落ち込んだままバカンスへと出かけると、出先でディスクを盗まれてしまいます。
そのディスクを使われて、勝手にホテルをチェックアウトされてしまったり家が勝手に売りに出されていたりと、各システムをハッキングして主人公を追い込んでいきます。
物語はこのディスクを巡って発展していきます。
ハッキング要素もさることながら、こういった映画を観ているとパソコンを買ってプログラムを自分で作ってみたくなると思わせられる映画です。

PCがテーマの映画

次にPCがテーマの映画をご紹介していきます。
・バトル・オブ・シリコンバレー
・サマーウォーズ

バトル・オブ・シリコンバレー

この映画は1999年に放映されました。
スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツの二人のストーリーが描かれています。
スティーブ・ジョブズがApple社を作った経緯、ビル・ゲイツが立ち上げたMicrosoft社がここまで巨大な企業へと成長していった経緯が描かれています。
この天才二人の人生を知るには、この映画を観るのが早くておすすめです。
個人が情報を発信することの凄さや大切さ、世界のコミュニケーションそのものを変えてしまったと言っても過言ではない二人の生き様が描かれています。
実際の取材に基づいて作成された映画なので、仕事で成功したいと思っている人も観ておくと良いかもしれません。

サマーウォーズ

この映画は、2009年に公開された日本のアニメ映画です。
舞台は、インターネット上の仮想世界でOZと呼ばれている世界です。仮想世界なので、どんなものでも利用することができます。
ところが、人工知能が暴走を始めてしまい現実世界と仮想世界で混乱が起きてしまいます。
最後まで目が離せなくなるようなドキドキした展開もあり、従兄弟の天才ぶりにも脱帽してしまう映画です。
作中で主人公と従兄弟はスマートフォンを使っているので、この時代から近未来を予想させる要素がたくさん含まれています。
非常に見やすい映画で、仮想世界と現実世界が融合するとこんな感じになるのかとイメージしやすい映画です。

インターネットやPCがテーマの映画の共通点

最後に、インターネットやPCがテーマの映画を観るとどういった気持ちになるのか、ご紹介させていただきます。
・最新鋭のPCが欲しくなる
・快適なインターネット環境が欲しくなる

最新鋭のPCが欲しくなる

これは、誰に勧められなくても「このPCがあればこんなことができるのか!」と思い、現実で似たようなスペックのPCを探して買いたくなる衝動に駆られます。
とくに、ザ・インターネットでは当時最新鋭だったMacbookが作中に登場しているので、ご覧になった方で欲しくなった方や購入した方もいたのではないでしょうか?
現在も、最新鋭のPCが続々と登場しています。
仕事で使えそうなPCが発売されたら、毎回買いたくなる衝動に駆られています。

快適なインターネット環境が欲しくなる

インターネットやPCがテーマの映画を観ていると、必ず「快適なネット環境」が作中に存在しています。
回線が遅くなることはまずありませんし、ネットワークが途中で途切れることもありません。
こういった映画を観ていると、現在よりも快適なインターネット環境を求めてしまいますよね。
住んでいる建物の構造によっては、インターネット機器を変えても意味がない場合もありますが、それでも羨ましいと思ってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、「インターネットやPCがおすすめの映画」についてご紹介してきました。
繰り返しになりますが、インターネットやPCなどのIT関連の映画を観た後は、本当に新しいスペックのIT機器を買いたくなる衝動に駆られます。
もし映画を観て「実際に買ってみたい!」「いじってみたい!」と思ったら、以下の2点をご確認いただければと思います。
・自宅の構造に合っているのか
・PCのスペックは自分が望んでいることができるのか
自宅の構造によっては、場所を固定して作業しないとネットにつながらないといったことになりかねません。
また、PCも憧れていたPCを買ったけど本当に自分が求めていたものと違ったなんてこともしょっちゅうあります。
映画は映画、現実は現実と割り切って購入するようにしましょう。
また、上記に挙げた映画を観ていない方は、ぜひ一度「サマーウォーズ」からでも良いのでご覧になってみてください。

人気のコラム記事