フリーランスで成功したい方必見!失敗しやすいフリーランスの特徴は?

フリーランスとは特定の企業や団体、組織に専従しておらず、社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人のことを指します。
日本では『自由業』『自由職業』『フリーランス』と呼ばれ、請け負った業務を実際に遂行する本人はフリーランサーと呼ばれています。

年々フリーランスで働く人は増加しつつあります。
この記事を読んでいる方の中にもフリーランスで働いている、又はフリーランスに興味があるという方がいるのではないでしょうか?
フリーランスはメリットも多いですが、とても厳しい世界です。
他のフリーランスや企業との競争や営業など、成功するか失敗するかは全て自分次第です。
では、フリーランスで失敗してしまう方には一体どんな特徴があるのでしょうか?
今回はフリーランスで成功したい方に是非参考していただきたい、失敗してしまう方の特徴をご紹介したいと思います。

楽がしたいからフリーランスになる

なぜフリーランスになったのか、様々な理由があると思います。

そしてその中には会社に雇われているよりも個人で好きな時間に好きな仕事がしたいから、人と関わるのが苦手だから、消去法で…といった考えの方も一定数いるのが現状です。
しかし、そういった少しでも楽をして稼ぎたいという気持ちで仕事に取り掛かってもなかなかうまくはいきません。
実際のフリーランスは軌道にのるまで生活のためにやりたくない仕事でもやらなければいけない時や、自分の実力を知ってもらうために企業に営業をかけたりしなければなりません。
また会社に雇われている時は保険や厚生年金などある程度会社が負担してくれますが、フリーランスは全て自分で払わないといけません。
そういった理想と現実の差をよく知ったうえで実力主義の世界に飛び込みたいと思った方が努力の末に成功するのです。

フリーランスにこれからなろうと思っている方はなぜ自分がフリーランスの道を選ぼうとしているのかもう1度考えてみてください。

時間にルーズ

フリーランスとして仕事を続けていくには企業との信頼関係が大切です。
1度でも納期に間に合わなかったり時間に遅れたりするとその後緊急、重大な案件は任せてもらえません。
収入の低下に繋がります。

好きな時間に仕事ができるとなると時間の管理が疎かになってしまう方がいますが、個人で活動していくにはきちんと計画をたてメリハリをもち自分に与えられた仕事に取り組むことが重要です。

社員のように有給もなければ休んでしまった分の仕事を手伝ってくれる仲間もいません。
だからと言って働きすぎるとキャパオーバーして仕事の質が落ちたり体調を崩したりします。
自分の限界を知ったうえで自己管理を怠ることなく仕事を進めることが成功への一歩です。

金銭管理の重要性

フリーランスの仕事は社員よりも単価が高い場合が多いので駆け出しの時でも仕事が入ればそこそこの収入を得ることが可能です。
しかし、フリーランスはその分出費も多いのです。
企業から報酬が振り込まれるまでの間もかなり空いてしまうこともあります。
管理を怠ったせいで資金が無くなり仕事に支障が出ることがあってはいけません。
業務費と生活費をきっちりと分けて、イレギュラーな出来事があっても対応できる状態にしておきましょう。

またフリーランスは高い収入を得られる時もあれば収入がほぼ0の時もあるなど安定することはなかなか難しいのが現状です。
管理する際は必ず帳簿をつけておきましょう。
フリーランスは自分で確定申告もしなければならないので確定申告時期の忙しい間でも支障なく仕事ができるようにしておくのがベストです。
今後のことを見越したうえで計画的な金銭管理を心掛けましょう。

自分の能力を知る

自分にはなにができるのか、なにが苦手なのかよく知っておきましょう。
たとえば企業に営業する時など、自分で自分の能力をしっかりと把握していないと「この人にこの仕事を任せたい」と思ってもらえません。また折角任せてもらえた仕事も途中で「やっぱり出来ない」と投げ出したり雑な仕上がりで終わらせたりすることもNGです。

もし自分のスキルが足りないと感じた時は積極的にセミナーや勉強会に参加しましょう。
向上心のないフリーランサーにはなにもついてきません。
常に成長することを考え、自分を信頼して仕事を任せてくれたクライアントに満足してもらえるように努力することが次の仕事へと繋がります。
実際最前線で活躍しているフリーランサー達はその状態に胡坐をかかずに日々勉強しています。
その仕事に向ける真摯な姿勢が大事なのです。

1つのクライアントしかもたない

仕事が途切れないように複数のクライアントをもちましょう。
1つの企業に拘るとその企業から仕事がもらえなくなった時に次の仕事を探すのは大変です。

今はSNSやブログなど自分の能力を発信できる場所はたくさんあります。
仕事があるうちにそういったところで様々な企業にアピールしましょう。

そして、1つの企業にばかり依存しないように企業ごとの収入の差はあまりないようにするのがおすすめです。

フリーランスとして成功するために

簡単に失敗する人の特徴をまとめてみましたが、大切なのはフリーランスの現状を理解しておくことです。
フリーランスは一般で考えられているような華やかな世界ではありません。
フリーランスを始めた結果業務があまりにも困難でキャリアプランから外れてしまった方もいます。
フリーランスになったはいいもののすぐに社員に戻ってしまう方もいました。

しかし、それでもフリーランスになりたい人が増えているのは、達成感に溢れ大きな収入になる可能性も高く、実力主義のやりがいある仕事だからではないでしょうか?

・現状を知る
・締め切りを守る
・自己管理を心掛ける
・常に向上心をもつ
・クライアントは1つに拘らない

この5つポイントを大切にしていけば新しい道は次々と切り開ける筈です。

さいごに

いかがでしたか?
今フリーランスの方も、これからなりたい人も、今回ご紹介したフリーランスで失敗する方の特徴を忘れずに、成功者になれるように頑張ってください。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事