リードエンジニアとは?仕事内容や将来性を徹底解説!

リードエンジニアとは、エンジニアチームのリーダーのような役割を持つ職種で、テックリードとも呼ばれています。

大企業などの場合、エンジニアチームごとにこのリードエンジニアがいて、チームを指揮するのです。今回は、そんなリードエンジニアをご紹介します。

エンジニアの方やエンジニアを目指している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

リードエンジニアとは?

まずは、リードエンジニアについて知っていきましょう。

リードエンジニアは、エンジニアチームのリーダーとしてチームを引っ張っていく役割を持ちます。

そんなリードエンジニアは、テックリードと呼ばれることも多いです。

リードエンジニアの主な役割は2つあります。チームの技術的なリーダーとしての役割と、チームの窓口となる役割です。

窓口として、エンジニアチーム以外の部署やチームとコミュニケーションを取ります。

また、チームリーダーとして進捗管理や設計のサポート、チームの技術力や生産性の向上、メンターや相談役、コードレビューなどを行います。リードエンジニアの仕事内容はこのように多岐にわたります。

そのため、リードエンジニアはエンジニアの中でもスキルを持った優秀な人材が適しています。マネジメントスキルを有するので、スキルや経験の豊富さも必要となるでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

リードエンジニアの仕事内容

次に、リードエンジニアの具体的な仕事内容をご紹介します。リードエンジニアはどのような仕事をしているのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

チーム内の役割を決める

リードエンジニアは、チーム内のメンバーの役割を決めます。チームメンバーのスキルやそれぞれが持っているタスクの量などをリードエンジニアが把握し、一人一人に仕事が偏りすぎないように最適な仕事を割り振るのです。

スケジュールの管理

リードエンジニアは、主にスケジュールの管理を行います。

チームのプロジェクトの進捗管理はもちろん、細かいスケジュールの管理を行っていきます。 規模が大きい会社の場合はエンジニアチームがいくつか存在するので、チームごとのリードエンジニアが、チームのスケジュールをしっかり管理します。

設計をサポートする

ITシステムの設計や企画を行うのはITアーキテクトなのですが、リードエンジニアもエンジニアチームメンバーがしっかり理解できるように技術的な方向を示すために設計を行います。

例えば、チームのメンバーが作業しやすいように、利用するフレームワークや使用するプログラミング言語、ライブラリの選定などをあらかじめ行うのです。

チーム内の相談を受ける

リードエンジニアは、チームの窓口としてチームの相談を受けます。

管理するチームの相談役やメンターとしての役割も持つのです。そのため、チームの中で何か問題が発生した際はメンバーから話を具体的に聞き、適切なアドバイスをして問題解決へと導きます。

また、チームの中で業務に関する不満などが発生した場合は、他のエンジニアチームや部署などにも伝え、業務を改善するために動きます。

コードレビュー

リードエンジニアは、コードレビューも行います。

リードエンジニアは技術が優れたエンジニアが任される役職のため、コードに関しても高い品質を保つ役割を持ちます。

また、自分でコードを書くだけではなく、コードの方針などについても考慮し、チームのコードレビューを行い、品質を担保します。

生産性の向上

リードエンジニアは、チームの生産性を最大限に引き出す存在です。そのため、プロジェクトの進行中にチーム内に無駄や無理が起こらないように、事前に障害になりそうなフローや業務を取り除き、開発環境を設備します。

他の部署と情報共有したり今後の流れを確認したりするので、企画ミーティングに参加します。ミーティングでは、プロジェクトが実現可能か、無理がないかといった点について、リードエンジニアに意見が求められる可能性があります。

実装や開発の段階で起こる、工程のやり直しや待機時間を防ぐため、詳しくチェックしていくのです。

リードエンジニアの将来性は?

最後に、リードエンジニアの今後の将来性や需要などをご紹介します。

ITアーキテクトは、経済産業省が推進するITスキル標準のITSSで定められており、高い知名度を持つ職種でもあります。

その一方で、リードエンジニアはITSSに含まれず、知名度もそれほど高くないでしょう。

しかし、アメリカではリードエンジニアは高い地位が確立され、需要もあるのです。

そのため、今後は日本でも活躍が期待されるポジションになることが予想されます。リードエンジニアを目指す方は、リードエンジニアに必要なスキルを今からしっかり身に着けておくことで、将来的にも有利に働くでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

リードエンジニアの主な役割は、エンジニアチームのメンバーが開発業務に専念できるようにうまく働きかけることです。そのため、リードエンジニアには視野の広さや素早い行動力などが求められるのです。

また、リードエンジニアはチーム内のメンターや相談役として、メンバー内のトラブルや問題解決に導くために行動する場合もあります。したがって、チームをうまくまとめるマネジメント力も必要となります。

リードエンジニアは将来性もあり、今後の需要も高い職業です。ある程度の実務経験があるエンジニアなら目指せるキャリアパスの一つでもあります。ぜひ、需要の高いリードエンジニアを目指し、スキルを身に着けてはいかがでしょうか。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事