【今さら聞けない…?』UI・UXの違いとできることをご紹介!

みなさんは、UI・UXの違いをしっかり理解できていますか?

UI・UXの違いを理解することで、自分だけでなく第三者にも正しく伝えることができますし、エンジニアとしての幅が広がるでしょう。

そこで今回は、UI・UXの基本知識やその違い、UI・UXエンジニアについてなどをご紹介します。エンジニアの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

UI・UXとは?

まずは、UI・UXとは何かについて見ていきましょう。

UI・UXと言っても、UIとUXは全く同じものではありません。

UIはユーザーインターフェースという意味で、UIのインターフェースは接点などという意味を持ちます。
これは、ユーザーとコンピューターの間にある接点で、情報のやり取りを行う仕組みを指します。

つまり、Webサイトのフォントやデザイン、パソコンの外観など、ユーザーの視覚に触れるすべての情報がUIなのです。

UIはCUI(キャラクターユーザーインターフェース)とGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)の二つに分けられます。CUIはキーボードで文字入力をすることで操作するもので、GUIは画像などをマウスのようなポインティングディバイスで操作するものという違いがあります。

UXはユーザーエクスペリエンスという意味を持ち、ユーザーがサービスや製品を通して得ることのできる体験のことです。

Webサイトの場合は、サービスの質に関係する部分がUXに当てはまります。具体的には、商品の質が高かったり、対応が丁寧だったりといったものがUXです。つまり、サービスを利用する中でユーザーが感じたことすべてがUXなのです。

UXはITの分野だけでなく、いろいろな分野で重視されている概念です。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

UI・UXの違いは?

UI・UXはよく似ていますが、その違いはあるのでしょうか。UI・UXの違いをご紹介します。

UIは、何か目的のために使われる手段です。例えば、ピザを食べるという目的のために、アプリというUI(手段)を使用し、必要な情報や機能を入手します。

UIというとどうしても画面をイメージしがちですが、人や場所、製品なども目的達成のための手段と考えられ、同じ役割を果たすため、接点というイメージのほうが良いでしょう。

それに対してUXは、体験の結果として起こる感情を含みます。つまり、嬉しい気持ちになった体験が良いUX、嫌な気持ちになった体験は残念なUXというように、UXに善し悪しが存在するのです。

UXの本質的な価値を生み出すのは、UIとは別次元の仕組みであることが多いです。また、UIはUXの価値を伝えるための媒体であり、ほとんどの場合、UI自体が価値を生んでいるわけではありません。

UI・UXエンジニアは何をしている人?

では、UI・UXエンジニアは一体どんなことをしているのでしょうか。UI・UXエンジニアについてご紹介します。

UI・UXエンジニアの主な仕事は5段階に分けることができます。

戦略

開発プロジェクトの目的を決めるうえで、最も重要な工程です。どんなサービスにするのか、ターゲットは誰なのか、想定されるユーザー体験などを決めます。この段階で、リサーチや競合調査、インタビューなども行われます。

要件

戦略段階で決定した内容をもとに、サービスに必要な機能を洗い出して要件を決めます。検討についてはいろいろな手法を用いて、ユーザーが体験するストーリーの想定も行います。
この段階で、ユーザーに必要なインターフェースも決めます。

構造

ユーザー体験に必要な機能やインターフェースを実現するために、情報やモデリングの関連性、概念図などを決めます。UIモデリング図やUIクラス図なども作られます。

骨格

サイトの設計図を作り、サービスの枠組みを決めます。操作性や画面レイアウト、表示するメッセージなどを骨格で決めるので、ユーザー体験に直接かかわるフェーズとして非常に重要です。

表層

見た目や印象など感性に関わる部分を決めます。

モーションや色の選定、ページ全体やロゴのデザインなどが挙げられます。

UI・UXエンジニアが与える影響

最後に、UI・UXエンジニアが与える社会への影響について見ていきましょう。

企業やプロジェクトにUI・UXエンジニアがいることで、サービスや商品にはさまざまな価値が生まれます。

UI・UXエンジニアは実装面においての技術が伴っているので、そのような意味では、ユーザーの行動を予測した機能的なプロトタイプの作成や、エンドユーザーのみならず、チーム間でのブランドに対する一貫したイメージを訴求するためのデザインシステムの構築を担えるという側面では、UI・UXエンジニアならではの価値があります。

もちろん、デザイナーにも同様の価値を生み出すことができますが、よりロジカルに情報を設計し、説得力のある問題提起をしたうえで根底からプロダクトを支えられているのは、実際に構築しているUI・UXエンジニアと言えるでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

UIとUXはよく似ているようで、まったく違います。そんなUIとUXの違いはしっかり理解できましたでしょうか。

消費者に選ばれ、長く使い続けてもらえるサービスや商品を生み出すためには、UIでもUI・UXでもなく、UXの視点が必要です。エンジニアやエンジニアを目指す方は、まず、自社のサービスや商品がどのレイヤーにあるのかをしっかり認識することが大切です。

ぜひ、UXとUIの違いをきちんと理解し、幅広く活躍できるエンジニアを目指してくださいね。

【お知らせ】 現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。 ↓フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事