2045年問題|シンギュラリティとAIエンジニアに求められることとは?

AIの研究開発が進んで科学技術が発展してくると、シンギュラリティが来ると言われています。
科学技術が進んで人間の生活がより豊かになる一方で、社会が大きく変わるので、新しい問題やトラブルが引き起こされる可能性があります。

そこで今回は、シンギュラリティによって何が起こるのか、2045年問題について、これからの時代AIエンジニアに求められることなどをご紹介します。

2045年問題とは?

まずは、2045年問題についてご紹介します。
シンギュラリティ(技術的特異点)が来ると予想されるのは、2045年だと言われています。2045年にはシンギュラリティが到来し、AIの知性が人間を超えてしまい、予測不能な領域にまで到達するとされています。

現在、AIやロボットなどの開発に関わっているのはもちろん人間ですが、シンギュラリティ到達後はAIがより優れた人工知能などを作り出すと予測されています。

このようなことが現実化するとテクノロジーは飛躍的に進歩し、人間の生活に大きな変化がもたらされるでしょう。すると、AIやロボットをコントロールする主導権もAIが握り、人間はいろいろなことを機械に依存する生活になる可能性があるのです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

シンギュラリティ(技術的特異点)によって何が起こる?

次に、シンギュラリティによって何が起こるのかをご紹介します。

ロボット面での変化

高齢化社会によって労働人口がどんどん減少している日本では、ロボット技術の研究開発に注目する人が少なくありません。シンギュラリティが到来するとロボットの性能はどんどん向上し、いろいろな業界で活用されることが予想されます。

優れたAIを搭載したロボットが開発されると、人間からの指示はほとんど必要なくなるかもしれません。

ロボット社会が実現すると、人件費が削減されたり大幅な生産性の向上につながったりします。

ナノテクノロジーの変化

シンギュラリティによって、ナノテクノロジーも進化すると言われています。
ナノテクノロジーは極小単位の物質を制御することにより、製品などに新たな機能や性能などを与えるという技術です。

ナノテクノロジーの技術を駆使した小型のAIを体内に取り込むことにより、いろいろな病気や環境の変化などに耐えられる体を手に入れられる可能性があるのです。
このように、シンギュラリティの到来により、ナノテクノロジーの技術が大きく進化することが予想できます。

生活の変化

AIによって人間の仕事がなくなると言われています。シンギュラリティの到来によって幅広い分野で、これまで人間が行っていた業務がAIの搭載された機械に置き換えられる可能性があります。

主な仕事では、電話オペレーターやデータ入力などはAIでカバーできると言われています。

また、シンギュラリティの到来によってテクノロジーレベルが大きく上昇します。既にたくさんの仕事が機械に置き換えられていますが、その流れがより加速すると考えられます。これにより期待できるのは、労働による過剰な人間の負担の軽減です。

社会問題にもなっている過労死やストレスの防止策としても、シンギュラリティの到来は期待されているのです。

物価の変化

シンギュラリティの到来によって考えられるのは、物価の変化です。
物の生産に関わる作業を人間の代わりにAIが行うと、人的コストがかからなくなるので、物の価値が下がるでしょう。つまり、物価が下がるのです。

AIやロボットは人間のように休暇を必要とせず、稼働時間も長くとれるので、生産量を上げることも目指せます。

深層学習

深層学習はディープラーニングとも言われていて、AIに膨大なデータやサンプルケースを学ばせ、人間に近いパフォーマンスを発揮できるようにします。

シンギュラリティの到来によって、深層学習の研究がより進むので、AIの発達が見込まれます。その結果、AIがいろいろなビジネスシーンで活用され、業務の効率化が図られる可能性が高くなるのです。

これからの時代AIエンジニアに求められることとは?

最後に、これからの時代、AIエンジニアに求められることを見ていきましょう。

AIを活用すると世の中は非常に便利になりますが、使い方を一歩間違えると、社会は混乱を招くでしょう。しかし、AIエンジニアは目的に沿ってAIを使うために必要な存在です。そんなAIエンジニアに求められることは、主に以下の通りです。

分析力

分析力では、ビジネスの目的を的確に理解し、適正なデータ抽出と判断を下すスキルとなります。分析結果が良くない場合は、ベストな改善方法を考えることも必要です。

適正な課題解決能力

課題解決能力は、AIが抽出したデータをAIの特性をよく理解したうえで適正な判断をするということです。AIエンジニアは、分析力だけでなく適正な課題解決能力を身に着ける必要があります。

コミュニケーションスキル

AIエンジニアは、人とうまく関わるコミュニケーションスキルも必要です。それは、目的を達成するために適正なプログラミングで指示を出すことなどです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

AIやロボットの進化によってこれからたくさんの仕事が人の手を離れると予想されています。しかし、エンジニアやプログラマーなどの職種は今後も必要だと言われています。

新たなものを生み出すためには、技術者の存在が欠かせないのです。
シンギュラリティの到来前にAIやロボットが産業の中心になったとしても、それを開発・設計するエンジニアなど人間の需要はむしろ高まるかもしれません。

シンギュラリティが到来するかどうか、どのような生活になるのかは予測不可能です。
どんな時代が来たとしても、必要な存在になるために、さまざまなスキルや知識を今のうちに身に着けておくことが大切です。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。


一対一のカウンセリングに基づき、
スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。
ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。
将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽にご登録ください。
お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事