在宅プログラマーが自宅で案件を獲得する方法とは?年収や未経験からなる方法

新型コロナウイルスの影響もあり、仕事内容も自宅で行える在宅ワークが増えてきました。

在宅ワークにはさまざまな仕事がありますが、中でも専門的な知識を生かして仕事ができる在宅プログラマーは高い需要があり、仕事の単価も高いのが特徴です。

在宅プログラマーに憧れている人も多いのではないでしょうか?

しかし、案件を獲得できない限りは無一文になってしまうため、誰でも気軽になれるわけではありません。

そこで今回は、在宅プログラマーが自宅で案件を獲得する方法や、年収、未経験から在宅プログラマーになる方法などをご紹介します。

在宅プログラマーが案件を獲得する方法

在宅プログラマーが案件を獲得する方法で多いのが、勤務していた頃の企業からの紹介、社員や取引先からの紹介などです。

仕事を発注する側は、勤務していた頃にスキルを把握しているので、安心して在宅プログラマーに案件を発注することができます。 また、一度取引をしたクライアントがスキルを認めてくれれば、ほかのクライアントを紹介するなど、仕事がどんどんつながっていくでしょう。

ほかには、クラウドソーシングやビジネスマッチングサイトなどのサービスを使って受注することもあります。いろいろなサイトに登録し、案件を見つけるためのアンテナを張っておくと良いでしょう。

しかし、クラウドソーシングの利用者は近年増加しているので、好条件の案件は競争率が必然的に高くなります。その中で案件を勝ち取るためには、技術や実績が必要となるでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

在宅プログラマーに求められているスキル

在宅プログラマーに求められるスキルは、C言語やPHP、SQLのデータベース技術、VisualBasicのプログラミングスキル、AccessやExcelマクロなどのデータベーススキルなどが最低条件となるでしょう。

在宅プログラマーに求められるスキルはそれだけではありません。在宅プログラマーといっても直接会ってミーティングする場合もありますし、メールや電話を使っての打ち合わせもあるでしょう。

そんなときに求められるのがコミュニケーションスキルです。クライアントが何を望んで依頼しているのか、上手く聞き出して把握し、こちらの条件も理解してもらうことが大切です。

さらに、在宅プログラマーには上手な時間の使い方や、納期までに成果物を仕上げる責任感、意志の強さなども必要です。

在宅プログラマーの平均年収

次に、在宅プログラマーの平均年収を見ていきましょう。
在宅プログラマーの平均年収は、300万円から700万円と言われています。中には年収が700万円を超えている人もいますが、多くは年収700万円以下です。

在宅プログラマーはスキルや経験が年収に直結します。スキルが高ければ高いほど単価の高い案件を継続して受注できますし、スキルが低いと単価の低い仕事をやり続けるしかありません。

在宅プログラマーとして平均年収以上を稼ぐには、スキルをしっかり上げることが大切なのです。

在宅プログラマーに未経験からなる方法とは?そもそもなれる?

では、未経験から在宅プログラマーになれるのでしょうか。
未経験から在宅プログラマーになるのは非常に難しいのですが、会社員として在宅で働く場合は未経験でもできるでしょう。

しかし、会社員として在宅プログラマーになるには、HTMLやCSSなどのほかにも、参加するプロジェクトに必要な言語を学習して取得することが大切です。

会社員の在宅プログラマーとして働くには、スキルと徹底したリサーチが必要です。 また、在宅プログラマーにはフリーランスとして案件を請け負う方法もあります。しかし、フリーランスの在宅プログラマーは基本的に実績がすべてなので、未経験からは難しいと考えられます。

在宅プログラマーになるには、まずは実績やスキルを積むか、会社員として在宅プログラマーを目指すことが重要です。

在宅プログラマーとフリーランスの違い

在宅プログラマーと聞くと、フリーランスと何が違うの?と考える人もいるでしょう。フリーランスは企業に属していない独立した人を指すので、在宅プログラマーもフリーランスの人が多いでしょう。

しかし、企業に属しながら在宅プログラマーになっている人もいます。

在宅プログラマーは、自宅で仕事をする人の事を指します。

企業に属しながら、企業から来た案件を自宅で行っているのです。 それに対してフリーランスのプログラマーのワークスタイルはさまざまで、自分で好きな時間に、好きな場所で仕事をすることが可能です。

また、週末だけ在宅プログラマーとして働いたり、家事や育児をしながら在宅プログラマーとして働いたりする人もいます。空いた時間だけ在宅プログラマーとして働くには、業務委託案件の紹介サイトやクラウドソーシングサイトから案件を受注します。

クライアントが掲示する納期に完了できそうで、出社の必要がない案件を選ぶことで、在宅プログラマーとして働くことができます。

今はいろいろな働き方ができるので、平日は企業に出社して働き、週末だけ副業として在宅プログラマーとして働くという選択肢もあるのです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

在宅プログラマーの仕事内容や平均年収、フリーランスのプログラマーとの違いなどは知ることができましたか?

在宅プログラマーは、今注目されている職業です。新型コロナウイルスの影響もあり、在宅プログラマーを目指す人も多いでしょう。しかし、在宅プログラマーとして働くことは意外にも高いハードルがあります。

在宅プログラマーとして働くことは、大きなメリットもありますが、デメリットもあることを忘れてはいけません。また、求められるスキルも多いのです。在宅プログラマーとして働いている人の中には、会社員として働く方が楽だと感じる人もいるほどです。

ですが、在宅プログラマーになることは、今までの自分にはなかったものが手に入る可能性があります。これまで以上に成長できるチャンスも多くあります。

在宅プログラマーに必要なのは、確かな実績と豊富なスキルです。これから在宅プログラマーを目指すという方は、ぜひいろいろなスキルや確実な実績を身に着けることをおすすめします。

この記事を参考にして、クライアントに求められる優秀な在宅プログラマーを目指してくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、
スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。
ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、
マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、
平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。
将来的な独立の相談のみでも承っております。
お気軽にご登録ください。
お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。
非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事