5分で分かる!テストエンジニアの仕事内容や必要なスキルとは?未経験でもチャンスあり?

「IT業界で働くエンジニア」と一言で言っても数多くの種類があります。IT化が加速する現代社会にエンジニアという存在は欠かせないものですが、そうしたエンジニアの中でも特に「テストエンジニア」という業種の需要が高まってきているのです。意外と知らない方も多いテストエンジニアですが、実は縁の下の力持ちのような役割をしており、大事な存在です。

そこで今回は、テストエンジニアのことを知らない方に向けて、仕事内容や必要スキルをご紹介します。

「そもそもテストエンジニアが気になる」
「未経験からでも始めやすいエンジニアってあるのかな?」

この記事を読めば、このような悩みを解決できます。是非、参考にしてください。

テストエンジニアとは?

そもそもテストエンジニアとは、その名の通りデジタル機器などに組み込まれているソフトウェアなどが、仕様書に沿って正しく開発されているのかどうか、実際に作動させてみて不具合が起きないかなどを確認するためのテストを実施し、チェックするITエンジニアのことを指します。

テストエンジニアは、不具合が起こらないかどうかのテストを実際に行うだけではなく、各工程を管理しつつテストの計画を練り、テスト設計の考案を行うなど、テスト管理者やテスト設計者、テストマネージャーなどの役割を果たしているエンジニアです。基本的にはテスターと呼ばれるテストの実施を専門に行う担当者とともに業務を遂行していくことになります。

さまざまなソフトウェアが開発されている現代において、品質向上を目指すためにはテストエンジニアによるテスト作業が非常に重要であると考えられており、そうした背景からテストエンジニアの需要も高まり続けているのです。

テストエンジニアの主な仕事について

「テストエンジニアは他のエンジニアと比較すると目立たない地味な仕事」と言われてしまうことがありますが、実際にはテストエンジニアはとても重要な役割を担っています。

テストエンジニアがいなければ必要なテストが行われず、問題が見つけられないまま製品がリリースされてしまうなど、企業にとって取り返しのつかない大問題に繋がってしまう可能性があります。

テストエンジニアの主な仕事は、このような問題を未然に防ぐために、ユーザーの視点に立ち、ユーザーの立場に立った考えを持ってテストを実施するためのテスト計画や設計、改善点の提案をすることです。つまり、テストエンジニアは、このように企業の信頼を大きく損なうかもしれないシステムの不具合を未然に防ぐ重要な役割を果たしているのです。

そして、テストエンジニアは必要なテストを立案し、テストを実施するだけでなく、バグや不具合を発見した際には、バグの原因となっている原因を突き止める必要もあります。

また、問題の原因究明のため、テストエンジニアたちはソフトウェア開発の下流行程であるプログラムの実装や、上流工程である設計や企画までと幅広い範囲で改善が必要なポイントを提案することも仕事の一つです。
つまり、テストエンジニアになると幅広い行程に触れるチャンスがあり、キャリアアップに繋がる経験を重ねることができる魅力的な仕事であるといえます。

テストエンジニアに必要なスキルはコレだ!

テストエンジニアになるためには、必要なスキルがいくつかあります。
ここからは、これからテストエンジニアを目指す方に向けて必要なスキルをご紹介していきます。

ソフトウェア開発に関するスキル

テストエンジニアはあらかじめ用意された行程に沿ってテストを実施するテスターとは異なり、テストを行う対象がどういった手順で実装されているのかを把握し、どのようなテストが必要になるのか、新たなテストは必要ないのかなどを見極める能力が必要とされます。

そのため、対象となるものがどのように開発されているのか、工程を理解できるような知識があると良いでしょう。

テスト技法に関するスキル

一般的に必要とされるのは、単体テストと呼ばれるプログラミングコードを一行ずつ実行することによって動作の確認を行うテストや、統合テストと呼ばれるモジュール間を結合するテスト、システムテストと呼ばれるシステムの全体の動作確認を行うテストに関するスキルが必要とされます。

それぞれのテスト工程について理解し、どのようなテストが必要になるか判断ができるようなテスト技法に関するスキルがあると良いでしょう。

集中力と忍耐力

必要なテストを検討していく上で、最終的に膨大なテストが必要になるケースや、細かい部分の見直しが必要になることも珍しくありません。
そのため、膨大なテストを行う中でも見落としを防ぐことができるような高い集中力と、ひたすらテストを行うことに耐えられるような忍耐力が必要とされるでしょう。

文書作成能力

テストを行ったことについて、なぜテストが必要だったのか、どのようなテストを行いどのような問題があったのかなど、証拠を残し第三者に伝える必要があります。そのため、プレゼンテーションにて相手に分かりやすく伝えることができるような、文書作成に関する基本的なスキルは必要不可欠となります。

テストエンジニアは未経験から仕事できる?

テストエンジニアになるためには、持っていると良いスキルはありますが、テストエンジニアになるために必要不可欠と言われる資格はありません。そのため、IT業界の中でも未経験から挑戦しやすい職業のひとつと言われています。
初心者がテストエンジニアとして働く場合には、まずはテスト業務などを任され、徐々にスキルアップしていくことになります。

未経験からテストエンジニアになり、そこからテストエンジニアとしての道を極めることもできますし、テストエンジニアとして幅広い行程に関わることでプログラマーや他のエンジニアの業務を覚え、転向することもできます。

未経験だからとIT業界に携わることを諦めず、まずはテストエンジニアになり、将来的にどのようなエンジニアになりたいのか、IT業界において今後どのように活躍をしていきたいのかを考えていくのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、IT業界の縁の下の力持ちとも言われるテストエンジニアについて詳しくお伝えしました。
テストエンジニアは未経験からでも挑戦するチャンスがある職業の一つで、ITスキルと経験を徐々に身につけ、ステップアップしていけばどこでも通用するようなテストエンジニアになれるかもしれません。
今後も高い品質が求められ続けるIT業界において、企業やユーザーなど、数多くの人の役に立つ仕事がしたいという方は、テストエンジニアになることを目指してみてはいかがでしょうか。

【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事