未経験でもフリーランスエンジニアなれる?成功するための4ステップとは

フリーランスのエンジニアは会社員に比べて報酬が高く、自由に働けるイメージを湧く人も多いのではないでしょうか?

エンジニアと言ってもさまざまな職種が存在し、クライアント毎に報酬体系も異なりますが、安定して高い報酬を得ている人もたくさんいます。

ここでは、これからフリーランスエンジニアとして活躍したい人に向けて、エンジニアになるために必要なことをステップごとに解説していきます。

未経験でもフリーランスエンジニアになれるの?

結論から言ってしまえば未経験からフリーランスエンジニアになることは十分可能です。IT業界未経験で、プログラミングとか開発ってなんだか難しそう…と感じてしまって抵抗感を覚える人も多いのではないでしょうか?

プログラミングは初心者でも覚えてさえしまえば、ある程度のモノは作ることができます。
そして、しっかりとしたスキルを身に着けて実践を積み重ねていくことで、確実にエンジニアとしてレベルアップすることができます。

しかし、「じゃあフリーランスエンジニアとして働くためにはどのようなにステップを踏めばよいの?」と悩んでしまう人も多いと思います。

次項では最短でエンジニアになるためのステップアップするための方法を見ていきましょう。

フリーランスエンジニアになるための最短ステップ

1.何を作りたいか明確にしよう

一言でエンジニアと言っても仕事の内容は幅広く、仕事によって難易度も大きく異なります。

これからフリーランスエンジニアに転身したい人は、まず「自分が何を作りたいか?」「どのような仕事に携わりたいか?」を明確にしておきましょう。

例えば、Web系の分野に携わりたい人だったら「ショッピングサイト」「Webアプリケーション」などを作るための技術を身につける必要があるでしょう。

金融やインフラ系の分野に関わりたいなら、ハードウェアやミドルウェアといった基礎知識についても抑えておく必要があります。

また、フリーランスは働く場所や仕事も自由に決められるため、自分の理想のワークスタイルについても考えられていますか?

フルリモートで働きたい場合はオリジナルアプリ開発やWebサービス系の分野が向いています。

逆に金融・インフラ系など比較的規模の大きな案件は客先に常駐して開発を行うスタイルになります。

まずは自分が何を作りたいか?どのような働き方がしたいか?明確にしておくことでその後の行動が変わっていきますので、ぜひ慎重に検討を重ねておいてください。

2.習得する言語を決めて基本を身に着けよう

エンジニアとして作りたいモノを決めたら、あとはスキルを磨いていくだけです。

費用対効果を考えると、プログラミングは独学よりスクールで学ぶほうが手っ取り早いと言えます。

独学ではつまずいた場合、メンターがいないと問題点がなかなか解決できずに挫折してしまう可能性があります。

また、自分が今どのようなスキルを身に着けているか?客観的に評価しづらい点もあります。

最近のプログラミングスクールは忙しい人向けに完全オンラインのスクールも多いので、自分に合うスクールを選んでみましょう。

以下に各分野ごとに必須となるスキルを紹介します。

・Webサービス開発
企業のサイトやショッピングサイト、Webアプリケーションなどを作成したい場合はPHP・Ruby・JavaScriptなどの言語やHTML・CSSのスキルが必要です。

・アプリ開発
Mac・iPhone、Androidなどで動くオリジナルアプリを開発したい場合はJava・Swift、Windows系アプリならVisualBasic、C#などを抑えておく必要があります。

・金融・基幹システム系
銀行や大企業などの基幹システムやインフラ系などの場合は、C、C++やJavaなどの言語を覚えておくと有利です。

・AI(人工知能系)
今後需要が拡大するAI系ならPythonがスタンダードになってくるでしょう。しかし、Python(機械学習含む場合)は言語未経験の場合、学習する範囲が広く、挫折しやすいため、まずはPHP・Rubyなど簡単な言語を抑えておくことをおすすめします。

3.ポートフォリオを作成しよう

ポートフォリオとは、自分の作品を企業にアピールするためにまとめたものです。ポートフォリオを作成しておくことにより、実力や実績をアピールすることができます。

面接時にポートフォリオを必ず提出する必要はありませんが、経験の浅いエンジニアにとっては自分の実力を知ってもらう良い機会ですので、ぜひ作成しておくことをおすすめします。

エンジニアとしてポートフォリオの内容としては、自分で作成したプログラムやサービス(ショッピングサイトやアプリ、ホームページなど)になります。

また、自分の作品を作り上げることにより、開発の手法を理解できたり、スキルの向上につながります。

筆者の場合はショッピングサイトをポートフォリオとして作成していたため、採用面接もスムーズに運ぶことができました。

4.簡単な案件からチャレンジしよう

スキルを身に着けても、いきなり開発の現場に飛び込むのは抵抗ある人も多いのではないでしょうか?

そのため、まずは案件をこなして実績を作るためにクラウドソーシングサービスを活用することをおすすめします。

クラウドソーシングは手軽に始めやすく、規模の小さな案件も多数掲載されていますので、自分のスキル感でできそうな案件にチャレンジしてみましょう。

ただし、地雷案件も多数報告されていますので、仕事を受注するときは仕事内容や作業範囲はあらかじめ明確にしておく必要があります。

慣れてきたらフリーランス向けの求人紹介サイトに応募してみましょう。

エンジニアルートでは、エンジニアが安心して仕事に取り組めるようにサポート制度も充実していますので、ぜひご覧になってください。


https://www.engineer-route.com/item/search

まとめ

ここでは未経験からフリーランスエンジニアとして活躍するために、必要なことを各ステップごとに解説しました。

今後IT業界は人手不足が懸念されており、筆者の肌感としても数年前からさまざまな企業で人手不足に悩まされています。

そのため、今のうちからエンジニアとして確かなスキルを身に着けておけば生涯エンジニアとして安定して働くことができるでしょう。

ぜひこの機会にフリーランスエンジニアとしてのはじめの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事