未経験でフリーランスエンジニアになるならPHPがオススメ!

未経験でフリーランスエンジニアになるならPHPがオススメ!

PHPはフリーランスエンジニアと活躍したい人にとって最も相性の良い言語と言えます。
この記事では「フリーランスエンジニアとして働きたいが、どのような言語を覚えればいいかわからない」、「フリーランスエンジニアとしてどのようなサービスを作るのが適しているのかわからない」という人に向けて、PHPの特徴やおすすめの理由、学習方法などについて解説していきます。
フリーランスエンジニアに興味のある方はぜひ参考にしてください。

PHPの特徴

PHPは1995年に誕生した比較的古い言語です。PHPは「Personal Home Page」の略で、その名のとおり個人でホームページを開発することを目的として作られました。

その後認知度が上がり、PHPを使用するユーザーが増えてくるにつれてアップデートを繰り返していきました。
現在ではWordPressを使用した小規模なホームページや個人サイトの作成、比較的規模の大きなショッピングサイトやWebアプリケーション、基幹システムなどさまざまなWeb開発の分野で使用されています。

PHPで作られているサービスとしては、世界的に有名なSNSである「Facebook」やさまざまな飲食店の口コミサイトで有名な「ぐるなび」などがあります。

また、PHPを扱った案件としては、以下のような職種が多いと言えるでしょう。
•サーバーサイドエンジニア
•フロントエンドエンジニア
•ゲームエンジニア
•WEBデザイナー兼PG


PHPは人気プログラミング言語の指標を、毎月公開しているTIOBEで数多くある言語の中でも2018年8月現在でも7位と古い言語ながらも根強い人気があります。

とくにWebサービス開発に特価した言語ではPHPが最も人気があることが伺えます。

PHPがおすすめの理由

PHPは初心者向けの言語

PHPは初心者向けのプログラミング言語と言われています。
その理由として言語にクセがなく覚えやすいことや、PHPで記述したスクリプトをサーバーにアップするだけで動かすことが可能なことが挙げられます。
個人で学習する場合でもサーバーをレンタルしなくても、ローカル環境でWebサイトやサービスを構築できるMAMPなどの開発ツールをインストールすれば、簡単に本格的な環境が整います。

PHPはWebサービスを開発する言語として最もスタンダードな言語として認知度があり、日本でもPHPエンジニアが10万人いると言われています。
そのため、Web上にもPHPの情報が非常に多く、開発する上でわからないことやつまずいたことがあっても、すぐに必要な情報を見つけ出すことができるといった大きなメリットがあります。

また、PHPを習得しておけば他の言語を覚えるときにも基本的な文法は応用することが可能です。

個人でも受託しやすい

PHPは上述したように他の言語と比べて比較的覚えやすく、学習コストが低いことや、小規模な開発案件も数多く存在することから個人でも受託しやすいと言えます。

大手ビジネスSNSであるWantedlyでPHPを検索してみると、16178件もの求人があります。

wantedlyのphp検索した結果画像
https://www.wantedly.com/search?q=PHP

Rubyが11752件、Pythonで11512件であることからもPHPの求人数が高いことがわかりますね。(※2018年9月3日現在)

そのため、時間と場所に縛られないリモートワーカーのエンジニアとして働きたい場合は、PHPが最も適している言語であることは間違いないでしょう。

しかし、個人で受託する場合は、Webサービスやアプリケーション全般を任せられることも多いため、Webデザインの基本も抑えておけば、より付加価値の高いエンジニアとして活躍できると言えます。

PHPを学習するには

PHPに限らずプログラミング言語を初めて学習する場合は、プログラミングスクールで学ぶ方法が一番効率が良いと言えますが、会社づとめでなかなか時間がとれない、近くにスクールが無い、スクールに通う費用が無い、なんて場合は書籍や無料で学習できるサービスを利用することをおすすめします。

PHPのおすすめの書籍

1.「いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室」
PHPの入門に最も適した書籍で、PHPの基本からデータベースとの連携方法まで網羅されています。
また、初心者がつまずきやすいポイントもわかりやすく解説しているため、無理なくPHPのスキルを身につけることができます。

2.「詳細!PHP 7+MySQL 入門ノート」
PHPの環境構築から応用的な内容まで網羅されているのが本書です。
PHPで使われる関数についても詳細に解説されているため、基礎学習やリファレンスとしてずっと手元に置いておきたい一冊です。

PHPのおすすめの学習サイト


「ドットインストール」
有名なプログラミングの動画学習サービスであるドットインストールでもPHPの基礎を学習することができます。

初心者でもつまずかないようにPHPの概念からプログラムの記述方法、Webサーバーの動かし方など基礎の基礎から解説されています。

この動画を見て実際に手を動かして学習することにより、基本を抑えることができますのでぜひ確認してみることをおすすめします。

PHPエンジニアとして仕事を続けるためには

PHPは先述したように「初心者向けの言語」「個人でも受託しやすい」などの理由からライバルも多く、仕事を途切れないようにするためには他のアピールポイントもあったほうが良いでしょう。

たとえば、Webサービス構築のデザインから関わりたいならPhotoshopやIllustratorを使ってデザインのスキルを身に着けれたり、Webサーバーの設定全般やネットワークの知識などを身に着けたほうが、より付加価値の高いエンジニアとして活躍することができます。

そのため、ただPHPのスキルを身につけるだけではなく、プラスαの付加価値があったほうがより仕事を獲得しやすいと言えるでしょう。

まとめ

ここでは、これからフリーランスエンジニアに転身を図りたい人に向けて、PHPの特徴やおすすめである理由、学習方法などを解説しました。
PHPは比較的習得しやすい言語ですので、プログラミングの基礎を覚える意味でも習得しておくことをおすすめします。