フリーランスがおすすめする時間の管理方法!溜まったタスクも完全消化

最近はフリーランスという働き方を選ぶ方がかなり増えています。
しかし、フリーランスの大きな悩みともいえるのが時間管理です。
特に、自宅で仕事をしている方は、ついつい好きなことに時間をかけてしまったり、休憩時間が長引いてしまったり、気付いたらもうこんな時間…という場合も少なくないでしょう。
仕事が絶え間なくあるのはありがたいことなのですが、色々な案件を抱えていると、どうやって仕事を進めていけばよいのかわからなくなることも多いでしょう。
そこで今回は、フリーランスにおすすめする時間の管理方法についてご紹介します。
フリーランスで働いていて、時間管理に悩まされているという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

フリーランスの時間管理の重要性

フリーランスで仕事をすると、常に時間に追われて仕事をこなしている方も少なくないでしょう。
フリーランスは一人でたくさんの仕事を抱えることが多く、それだけに忙しいのです。
もちろん、その分達成感や充実感も大きいのですが、上手くスケジュール管理や時間管理が出来なければ、仕事でミスが発生してしまうかもしれないですよね。
そのため、フリーランスだからこそ時間管理を体札にしていかなければならないのです。

おすすめの時間管理方法

それでは早速フリーランスにおすすめする時間管理の方法をご紹介していきます。
自分に合った方法を見つけて、ぜひ真似してみてくださいね。

タスクの優先度を決めて取り組む

タスク管理の方法としておすすめなのが、タスクをだいたいで良いので4つに分ける方法です。
仕事に取り組む前に、次の4つにタスクを分けてみましょう。

•緊急で重要な仕事
•緊急だけど重要ではない仕事
•緊急でも重要でもない仕事
•緊急ではないが重要な仕事

この方法でタスクを分類して仕事に取り組むと、緊急度と重要度でタスクを考えることが出来るので、タスクを単純にこなすだけではなく、自分の中で時間とは異なる重要度を再認識することが出来るでしょう。

一週間の波を意識する

人間は誰でもエネルギーの波があることを感じているはずです。
しかし実際は、この波を意識することなくタスク管理や時間管理をしていることが多いようです。
一週間の中で仕事がはかどるのは、休みの後の月曜日だと考えられがちですが、意外にも週始まりで気分がのらないという方も多いのです。
そこで、月曜日は単純作業やスケジューリングなど、できるだけ負担の少ない仕事をすることがおすすめです。
そして、火曜日から木曜日に重要でエネルギーの必要な仕事をすることが大切です。
金曜日は疲れが出てしまう日でもあるので、思うように仕事ができないこともあるでしょう。
そのため、金曜日は重要な仕事を避けるように調整しましょう。
このように、自分の疲れやエネルギー、モチベーションの波に合わせて仕事のタスクを合わせることがおすすめです。

自分の時間割を作る

一般的に人間の脳の集中力は、60分から90分が限界だと言われています。
そのため、仕事を続けて何時間も行うのは効率的に避けたほうが良いのです。
おすすめなのは、学校のようなイメージで「60分で10分休憩する、90分で15分休憩する」と時間割を作って仕事に取り組む方法です。
これは時間割によって管理される生活なので、はじめは抵抗があるかもしれませんが、時間割をつくると勝手に体が動くようになってくるでしょう。
エクセルなどで表にし、どこにどのタスクを入れるか考えて時間割をつくると、一週間の仕事もスムーズにいくでしょう。

ストップウォッチとタイマーを活用する

フリーランスの方におすすめなのは、仕事をする際に必ずストップウォッチとタイマーを活用する方法です。
ストップウォッチは、一つのタスクをこなすのにどれくらいの時間がかかるかを図るために必要になります。
これをある程度続けていると、「この仕事は30分以内で終わらせることができるな」「この仕事は1時間以上かかる」などと見積もれるようになります。
これは、仕事のスケジュール管理に役立つでしょう。
また、フリーランスの方は避けて通れない、新たな仕事を請け負う時の仕事量やスケジューリングなどを決めるときにも活用できる方法です。
タイマーは、フリーランスにありがちな、ダラダラ仕事をすることを避けるために役立ちます。
タイマーをあらかじめセットしておき、この時間まで集中して仕事すると決めます。
そして、休憩時間は意図的にパソコンから離れる時間にしましょう。
こうすると頭も気持ちもリフレッシュでき、次の仕事にスムーズに取り組むことが出来るでしょう。

仕事の締め切りは前倒しに設定する

当たり前のことなのですが、フリーランスにとって締め切りを守らないことは信用をなくすことにもつながりかねません。
これが続くと、取引がなくなってしまうこともあるでしょう。
フリーランスの場合は、取引先がなくなってしまうと収入減にダイレクトに影響してしまいます。
こんな失敗を防ぐためにも、仕事の締め切りは前倒しで設定することがおすすめです。
このように、締め切りを2~3日前くらいに設定することで、締め切りを守ることができます。
また、締め切り前に焦って仕事をすることもなくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
フリーランスにとって仕事のスケジュール管理や時間管理はとても重要な項目です。
たくさんの時間管理方法をご紹介しましたが、自分に合った方法を見つけて実践してみてくださいね。
また、フリーランスの方はデイリー、ウィークリー、マンスリー単位で仕事の涼や時間などを把握し、仕事を詰め込みすぎないことも重要です。
欲を出してたくさんの仕事を引き受けてしまい、締め切りがかぶってしまい、焦って仕事をすることのないようにしましょう。
また、フリーランスの方は体調管理にも注意しましょう。
取引先の信用をなくさないためにも、体調管理をしっかり意識して、睡眠不足にならないように気を付けましょう。
ぜひ、時間管理に気を付けて、理想的なフリーランスライフを送ってくださいね。

人気のコラム記事