【今さら聞けない…】情シスの役割と仕事内容とは?

情シスとは、情報システム部の略称で、企業のシステムに関わる業務を担当する部署のことです。この情シスは、企業の存続や成長にあたってITにはなくてはならない技術を持っています。

そこで今回は、いまさら人には聞けない情シスの役割や仕事内容、情シスが抱える課題などをご紹介します。情シスについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。 

情シスとは?

冒頭でもお伝えした通り、情シスは情報システム部の略称です。企業が業務内で使うネットワークやサーバー、パソコンなどを運用する部署なのです。

また、情報システムとはネットワークやパソコンを使うためのシステムを指し、2種類に分けることができます。

一つ目は、基幹システムで企業の根幹を受け持つシステムのことで、製造業の場合は受注や販売管理などを担い、どんな企業でも共通の人事や会計などで基幹システムが管理します。

二つ目は情報システムで、社内の業務効率を向上させるためのメールソフトやグループウェアのようなシステムを指します。

以前はこれらのシステムを社内で立案し、構築などを行うのが情シスの役割でした。

社内のシステムは一度導入すれば終了というわけではなく、日々の確かな運用と定期的に行われるメンテナンスが必要不可欠です。こういったことも情シスの重要な仕事内容の一つです。

そして、トラブル対応やソフトの使い方などのITサポートデスクの側面も持ち合わせています。

企業用の情報システムは使用方法がそれぞれ異なるので、使い方を迷ってしまう従業員もいるでしょう。そんなときに、情シスが社内の指南役となるのです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

情シスの仕事内容

次に、情シスの仕事内容について見ていきましょう。

業務システム開発

情シスは、業務で使われる基幹システムやグループウェア、見積依頼など企業の需要に合ったシステム開発を行います。

既存のソフトを改良することもあるのですが、ゼロから作り上げることもあるのです。

企業の担当者もプログラミングスキルを持っていることもありますが、多くの情シスにはそこまでのスキルはないでしょう。そのため、外部委託し、情シスが外注業者との橋渡しを行うこともあります。

社内のITサポート

企業内には、インターネットやパソコンに疎い人がまだまだいるでしょう。

どんなにネットの環境が発展していても、全員が慣れ親しんでいるわけではなく、何となくシステム管理が行われている状況も多いはずです。

そんな場合に、情シスがIT業務の対応で困っている従業員のサポートをするのです。

基本の使い方はもちろん、トラブル対応なども行うことがあります。情シスは、従業員がシステムを使って効率的に業務を遂行できるようにサポートするのです。

セキュリティ対策

どんな企業でも、常にコンピューターウイルスやハッキングの危険にさらされています。

もし、ハッキングで重要な情報が流出してしまったら、損害や信用問題にもなりかねません。

そんな事態を避けるためにも、情シスはサイバー犯罪の危険から守ります。

企業をさまざまなリスクから守るためには、情シスが大切な存在となっているのです。

情シスは重要な存在!

情シスは、企業のシステムの根幹を担う非常に重要な存在です。

IT戦略を牽引するためには、情シスは専門的なスキルや技術を持つ従業員が担う必要があるでしょう。

ですが、情シスの業務内容が負担になってしまうと、十分なパフォーマンスが得られないのです。

まずは、企業の上層部などでITのあり方を検討し、今後の動きに目を向ける必要があるでしょう。

情シスが抱える課題感

最後に、情シスが抱える課題を見ていきましょう。

人手不足

現在、さまざまな調査によると企業はIT人材の不足に悩まされている場合が多いです。

IT人材の質や量が足りなくなると、システム運用でミスやトラブルが発生する可能性が大いにあります。

情シスは現在、このような人材・スキル不足に悩まされているのです。

業務過多

情シスは、システム開発や保守、管理、運用にプラスして、企業内のサポートや突然発生するトラブル対応までこなす必要があります。

このような業務はノンコア業務とも呼ばれており、生産性は低いものの業務遂行には必要不可欠です。

しかし、情シスの人手不足の問題もあり、ノンコア業務により業務過多に陥りやすいといった課題もあるのです。

そして、IT戦略の設計や業務の改善などのコア業務に手が回らなくなり、情シスの生産性が低下する可能性があります。また、オーバーワークにより退職者が発生するなどの問題にもつながります。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

情シスについてしっかり理解できましたでしょうか。

情シスは企業にとって非常に重要な存在です。

そんな情シスにはいろいろな役割や仕事内容があり事情もさまざまなので、それぞれでメリットを生かし、デメリットを排除する工夫を企業で行うことが大切です。それが、企業活動における効率的なIT推進となるでしょう。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事