Scalaエンジニアの仕事内容は?需要と将来性を解説!

Scalaとは、昨今、国内で需要が高まっている開発言語の一つです。
そんなScalaを扱うエンジニアの仕事内容や需要、今後の将来性などをこの記事ではお伝えします。
エンジニアを目指している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

Scalaエンジニアとは?

Scalaは、2003年にリリースされたオブジェクト指向双方と関数型プログラミングに対応できるハイブリッドな言語です。
Webサイトやアプリ、スマホアプリの開発などに使われています。

このように幅広い領域で使用されるScalaですが、Scalaエンジニアが少ないことから市場価値が高いと言われています。そんなScalaは、Javaプラットフォーム上で動作して、Javaのプログラムと連携できます。

Scalaエンジニアは、そんなScalaを取り扱っているエンジニアのことです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

Scalaエンジニアの仕事内容

Scalaエンジニアは、以下の4つの開発に携わることができます。

● Webサービスの開発
● Webアプリの開発
● スマホアプリの開発
● 業務システムの開発

Scalaエンジニアは、WebサービスやWebアプリ、スマホアプリ、業務システム開発などいろいろな開発に携わることができるのです。ScalaはJavaのプラットフォーム上で動作する言語のため、Java環境さえあれば、OSやマシンを問わずに開発ができます。
Javaのライブラリを容易に呼び出すことができるので、担当できる仕事の範囲は広いです。

また、Scalaエンジニアは、大規模なシステム開発業務のため、チームで業務に参画することもあるのです。

Scalaの開発スキルのほかにも、RubyやPHP、JavaScript、Linux、Windows、Google Cloud Platform、AWSなど、ほかのプログラミング言語スキルやScala周りで必要となる開発スキル、要件定義や設計などの上流工程の経験や知識が必要となる場合もあります。

Scalaエンジニアに必要なスキルは?

次に、Scalaエンジニアに必要なスキルを見ていきましょう。

Webの基礎的スキル

ScalaはWebアプリの開発時に使用される機会が多いので、Webに関する知識が必要不可欠です。具体的には、自分で環境構築し、その後アプリを開発してアプリを公開できるまでのスキルとなります。

アプリを公開するまでには、環境構築するためのインフラ知識、セキュアを意識したコーディングスキル、データベース知識なども必要となるでしょう。ほかにも、プログラムを扱うにあたり、ソフトウェアやハードウエアの知識も必要です。

Javaの習得スキル

ScalaはJavaとの互換性が高いという点が魅力です。Javaで使われるライブラリを呼び出せるので、たくさんのライブラリが使えます。Javaは非常に長い歴史のある言語なので、ライブラリが数多くあるのです。

また、Javaの後継言語になるかもしれないとされており、多くの分野において今後も需要が伸びる言語となるでしょう。Javaとは切っても切り離せない関係にあるScalaを効率よく使用するためにも、Javaの習得は必須事項です。

関数型言語への理解スキル

Scalaエンジニアになるには、Scalaの特徴でもある関数型言語への理解力も必要となります。関数型言語は基本のプログラムとは違い、状態を変化させずに関数の組み合わせにより問題解決を行っていきます。

関数型言語を取り扱えると、プログラムの可読性が高まり、テストがしやすいという魅力もあります。Scalaを使いこなすためには、関数型言語の考え方も身に着けておくと良いでしょう。

開発現場での就業経験

Scalaエンジニアは比較的高収入であることから、その分求められるスキルのレベルが高いです。そのため、開発の経験があるエンジニアは重宝されるでしょう。

また、Scalaの求人が少ないので、Scalaを取り扱ったことのあるエンジニアが少ないのです。このような状況なので、開発経験のあるエンジニアというだけで希少価値が高まるのです。

Scalaエンジニアの需要と将来性を解説!

最後に、Scalaエンジニアの需要と今後の将来性を解説します。

需要のアップが予想される

Scalaを採用する企業が増えているので、Scalaエンジニアの需要は今後もアップしていくことが予想されます。Scalaを採用する企業は、ベンチャーのように新しい企業で導入されるケースが多いようです。

反対に、昔からある大企業の場合は、言語チェンジするのが困難なのでJavaを使用している企業が多いです。ですが、今後は徐々に大企業でもScalaを導入していくでしょう。

また、データ活用のマーケティングでも需要が高まるのが予想できます。Python がデータ分析のできるプログラミング言語として有名ですが、実はScalaでもデータ分析ができます。データ分析の需要はこれからも伸びていくので、それに伴い、Scalaの需要もアップするでしょう。

今後も年収アップの見通し

エンジニア全体の需要が高まっていることもあり、IT業界全体の年収が上がっていくでしょう。その中でも取り扱えるプログラミング言語により差が生まれ、Scalaのように採用する企業が多いにも関わらず、取り扱えるエンジニアが少ないプログラミング言語は年収のアップが期待できます。

Scalaは学習コストが高いので、扱えるエンジニアが急に増加することは考えにくいです。そのため、企業間でScalaを扱える優秀なエンジニアを獲得するために企業間で競争が激化しているのです。その結果、企業ではScalaエンジニア獲得のために、より高い年収を掲示することが考えられます。

求人数も増えていく

最近では、ドワンゴやサイバーエージェントのような有名企業で、Scalaを導入した開発が行われています。今後もこのような企業によるScalaの活用が促され、求人数も増えていくことが予想されます。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

ScalaはJavaの後継言語としても注目され、書くコードも短くて済むという大きなメリットがあります。WebサービスやWebアプリ、システム開発などの現場でScalaの需要はますます増えていくことが予想されます。

また、エンジニアが不足している昨今では、Scalaエンジニアの需要は高まり、それに伴ってScalaエンジニアの年収も上がっていくと言われています。

現在、将来性が高く多くの企業で求められるプログラミング言語を習得したいと考えている場合は、Scalaは非常におすすめのプログラミング言語です。ぜひ、Scalaをしっかり習得して、どんな企業にも求められるスキルの高いScalaエンジニアを目指してくださいね。

【お知らせ】 現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。 ↓フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事