Webコンテンツ制作に関わるなら欠かせない!?HTML5プロフェッショナル認定試験とは?

Webコンテンツ制作に関わるなら欠かせない!?HTML5プロフェッショナル認定試験とは?
TML5プロフェッショナル認定試験とは、簡単に言うとWeb業界で求められる知識をまとめた試験です。
試験名を見ると、HTML5に関わる試験と考えがちですが、実際はJavaScriptやCSSなどにも言及しています。

Web業界への就職を希望する人には特におすすめの試験です。
この記事では、Webコンテンツ制作に関わるなら欠かせないHTML5プロフェッショナル認定試験の内容や難易度、取得するメリットなどをご紹介します。

HTML5プロフェッショナル認定試験とは?

まずは、HTML5プロフェッショナル認定試験の概要や基礎知識などをご紹介します。
HTML5プロフェッショナル認定試験は特定非営利活動法人エルピーアイジャパンが運営する資格試験で、HTMLやCSS、JavaScript、APIなどについて出題されます。

試験はレベルが1と2に分かれており、2の方が難易度は高いです。

レベル1

レベル1に合格することで、HTML5を使ってWebコンテンツ制作ができたり、ユーザー体験を考慮したWebコンテンツを設計・制作することができたりします。
また、スマホや組み込み機器など、ブラウザが使えるいろいろなデバイスに対応したコンテンツ制作もできます。

レベル2

レベル2に合格することで、動的に動作させて高いユーザビリティを実現するリッチユーザインタフェースアプリケーションの作成や、マルチデバイスに対応し高パフォーマンスで動作する動的コンテンツを作成することができます。

また、システム間連携を行ってリアルタイムな情報を提供するアプリ開発や、スマホなどでネイティブアプリに近い機能を組み込んだWebアプリ開発が可能です。

レベル2は、既にレベル1を取得している人や基礎知識は取得しているという人におすすめの試験です。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

HTML5プロフェッショナル認定資格の難易度

次に、HTML5プロフェッショナル認定資格の難易度についてご紹介します。
HTML5プロフェッショナル認定資格は国家資格ではなく民間の資格になります。合格率や難易度の公表がされていないので、難易度の判定は困難です。

しかし、公式サイトでは合格ラインが約7割程度と記載されています。
資格試験で合格率が7割程度というのは非常に高いレベルと言えるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定資格を取得するメリット

それでは、HTML5プロフェッショナル認定資格を取得するメリットを見ていきましょう。

Webエンジニアとしての知識が身につく

HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTMLやCSS、関連APIなど汎用性の高い制作スキルのベースとなります。2020年にAdobeFlashPlayerのサポートが終了した流れで、今度もますますHTML5の需要が高まることが予想されるでしょう。

そのため、HTML5プロフェッショナル認定試験はWebコンテンツ制作の需要に合致した資格と言えます。

キャリアアップにつながる

地位を高めたり給与アップしたりなど、キャリアアップを目指している方は少なくありません。たくさんの資格を取得している方は、スキルがあると見なされ、就職や転職に有利に働きます。

特に、Web業界でスキルを評価してもらいたいとお考えの方は、HTML5プロフェッショナル認定試験の受験をおすすめします。

実務で活かせる

資格を取得すると、実務で役立つという大きなメリットがあります。
HTML5プロフェッショナル認定試験は、勉強することで、普段行っている業務にそのまま活用できたり、基礎力が身についたりといった特徴があります。

今後転職や就職を考えている方で、ある程度のスキルを身に着けてから実務に入りたいという方は、ぜひ、HTML5プロフェッショナル認定試験の受験を検討してみてください。

HTML5プロフェッショナル認定資格を取得するのに向いている人

ここからは、HTML5プロフェッショナル認定試験を取得するのに向いている人をご紹介します。

Web技術を駆使してアプリ開発を行いたい人

HTML5が対応しているデバイスは、PCをはじめ、スマホやタブレット、ゲーム、車載システムなど幅広く存在します。中でも、Webアプリやスマホアプリを開発しようとしている人に、HTML5プロフェッショナル認定試験はおすすめです。

特に、スマホが普及してからはアプリ開発の需要が高くなっているので、スキルや知識を身に着けることで、あらゆる場面で活躍できるでしょう。

コーディングの仕事に就きたい人

HTML5プロフェッショナル認定試験の資格を取得することで、画像や文字、音声などのデータをコードに置き換えることができます。これらをコーディングと呼びますが、最近ではコーディングの仕事も増えています。

コーディングの仕事に就きたい人は、HTML5プロフェッショナル認定試験の受験の検討をおすすめします。

マークアップエンジニア

HTML5プロフェッショナル認定試験は、7マークアップに関連するほとんどの内容が網羅されています。そのため、これからマークアップエンジニアを目指す人に向いている試験なのです。

また、「HTMLやCSSの経験はあるけれど、本格的なWebコンテンツ制作の経験がない」などの初級エンジニアにもおすすめの試験です。

フロントエンジニア

レベル2の受験は、フロントエンジニアを目指す人やよりスキルを高めたい人におすすめです。レベル2はレベル1に比べてJavaScriptに関わる内容が多く、アプリ開発やコンテンツ実装で必要になる具体的な知識が含まれます。

また、AjaxやAPIに関わる具体的な仕様を理解することにより、サーバーサイドとの連携部分開発にも役立つでしょう。

アプリケーションエンジニア

レベル2の受験は、アプリケーションエンジニアの方にもおすすめです。
JavaScriptを使ったアプリ開発全般に関わる知識が体系化されているので、実力の底上げが見込めるでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

HTML5プロフェッショナル認定試験はWeb業界で求められる知識を体系的にまとめた試験のことです。
HTML5プロフェッショナル認定試験はレベルが2つあるので、自分のスキルや目指すものに合ったものを受けるようにしましょう。

HTML5プロフェッショナル認定試験はHTML5だけでなく、CSSやJavaScriptなどの内容も含まれているので、汎用性が高く、実践的な資格試験です。特に、エンジニアの方やWeb業界の転職を目指している方は、資格の取得を目指してくださいね。

【お知らせ】 現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。 ↓フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事