iOSエンジニアは未経験からでもチャンスあり?なるための手順やスキルをご紹介!

IT業界で活躍することを目指している方の中には、iOSエンジニアになりたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

IT技術が一昔前よりもより一層身近なものとなり、私たちの毎日の生活を支えてくれているiPhoneやiPad、Macなどの端末をより便利にしているアプリケーション開発に深く携わっているのがiOSエンジニアです。

では、iOSエンジニアとは具体的にはどのような技術を持ったエンジニアなのでしょうか。

そこで今回は、iOSエンジニアの仕事内容や必要スキルなどを詳しくご紹介します。
毎日使うiPhoneのアプリの開発者になりたい方や、未経験からでもiOSエンジニアになることができるのか知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

iOSエンジニアとは?

iOSエンジニアとは、Apple社が提供しているiPhoneやiPad、Macなどの製品上で使用されている「iOS(アイオーエス)」で稼働するアプリケーションに関する設計や開発を担当するエンジニアのことを言います。

私たちが毎日使っているiPhoneのアプリは、iOSエンジニアによってつくられています。

iOSとはオペレーティングシステムのことを指し、コンピューターを動かす際に重要な役割を担っている部分であることから基本ソフトウェアと呼ばれます。

iOSエンジニアの主な仕事について

iOSエンジニアは、アップル(Apple)社製品のアプリケーションの機能の追加や運用などを担っています。
アプリケーションの開発をする際にはそのアプリケーションの開発規模にかかわらず、5人ほどのチーム制で行われていると言われています。

iOSエンジニア1人で担当するのではなく、デザイナーやディレクターなどの他の技術者たちと一緒に人々の役に立つような、必要とされる魅力的なiOSアプリを開発することが主な仕事です。

iOSアプリケーションはLinuxなどのサーバーと通信することで動作をするものがほとんどです。

そのため、サーバーの運用や保守などもiOSエンジニアの担当業務となります。また、日々数多くのアプリケーションが開発されている現代において、市場調査を行うこともiOSエンジニアの重要な業務と言えるでしょう。

「どのようなアプリケーションが流行しているのか」
「どのようなアプリケーションが求められているのか」
「逆に今の時代に必要ないアプリケーションはどういったものなのか」
などをリサーチし、収穫した情報はすでに開発したアプリケーションのアップデートや新しいアプリケーションの開発に役立てていきます。

iOSエンジニアになると、AppStoreに掲載され、世の中に数多くのアプリケーションを発信していくことになります。

ユーザーインターフェイスやユーザーエクスペリエンスを考慮したアプリケーションを開発することができれば、さらにやりがいを感じることができるでしょう。

iOSエンジニアに求められるスキルをご紹介!

ここでは、iOSエンジニアになる際に求められるスキルを紹介します。

iOSに関する経験や知識

iOSはアップル(Apple)社が独自で提供しているOSであることから、AndroidやWindowsにはない特徴があります。

AndroidやWindowsしか利用したことがない場合には、仕組みの理解に時間を要することもあるため、まずは日ごろからiOSに馴染んでおくことも大切です。

iPhoneやiPadなどのアップル(Apple)社製品を使用し、経験として生かしていきましょう。
iOSの仕組みを事前に理解しておくことは、iOSエンジニアになった際に役立つこと間違いなしです。

プログラミング言語

エンジニアになるためには、プログラミング言語をいくつか習得していることが望ましいでしょう。

実際にiOSアプリケーションを開発する際に使用されているプログラム言語は「Objective-C」や「Swift」、「Unity」「React native」などです。
いずれかのプログラム言語を習得することができると良いですが、iOSエンジニアとして幅広い活躍を目指しているという方は、「Objective-C」と「Swift」の両方のスキルを身につけていきましょう。

いずれもC言語をもとに開発されたプログラミング言語であることから、C言語やC++などを用いた開発に関わった経験があるとより多くの企業から必要とされるiOSエンジニアになることができるでしょう。


コーディングに関する知識

プログラム言語に関するスキルのほかに、iOSの開発に関するルールを理解し、コーディングできる能力があると良いでしょう。

iOSアプリケーションは、アップル(Apple)社によって審査が行われているため、審査基準をクリアしていなければリリースされることはありません。

開発に関するルールに則り、正しくコーディングができるような知識を深める必要があるでしょう。

iOSエンジニアの仕事は未経験からでもできる?

iOSエンジニアが担っているiOSアプリケーションの開発案件は、IT化が加速し、スマートフォンやタブレットの普及が進んだ現代では急激に増加しています。

しかし、開発のためにはMacが必要不可欠であることも、iOSエンジニアを目指すハードルを上げてしまっている要因の一つとなっているようです。
このことが影響し、iOSエンジニアは未だ不足傾向にあり、今後も不足することが予想されています。

そのため、iOSエンジニアは、未経験からでもなり手を募集している企業も多い職種であると言えます。人手不足をチャンスと考え、未経験からでもしっかりと準備を整えて自信を持ってiOSエンジニアを目指していきましょう。

実は、Swiftが登場してからはiOSの開発ではObjective-Cよりも Swiftの使用頻度が高くなっているようです。

未経験からiOSエンジニアを目指す場合には、Objective-Cは未経験の方にとっては習得が難しい言語として知られているため、まずはSwiftから学習を始め、就職してからObjective-Cを身に付けていくのでも決して遅くないと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、私たちの生活になくてはならないトップシェアのスマートフォンであるiPhoneやiPadそしてMacなどのアップル(Apple)社製の端末の機能をより豊かで便利にしているiOSエンジニアについて詳しくお伝えしました。
多くの人から必要とされるアップル(Apple)社製品のアプリケーションの開発に携わることができるiOSエンジニアは、未経験からでも目指すことができるやりがいのある職種です。

iOSエンジニアは将来性の高いエンジニアでもあります。
iOSエンジニアを目指している方は日ごろからアップル(Apple)社製品に慣れ親しみ、必要なスキルを身につけていきましょう。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事