プログラマーにおすすめの資格まとめ!これがあれば就職が有利になる?

プログラマーとして活躍することを目指している方や、すでにプログラマーとして働いて将来的にキャリアアップしていくことを目指している方にとって、気になるポイントが「資格を取得するべきかどうか」ということではないでしょうか。

これから目指していくプログラマーとしての姿を想像し、必要な資格があればぜひ取得しておきたいものです。
しかし、実際にプログラマーになるために必須となる資格はなく、数多くのIT関連の資格の中からどの資格を取得すべきか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、プログラマーにおすすめの資格をまとめてご紹介していきます。これがあれば就職に有利になる、と言われている資格もご紹介しますので、プログラマーとして活躍したい方はぜひ参考にしてください。

プログラマーに資格は必要なの?

プログラマーという職業は、プログラム言語などをマスターし、ソフトウェアなどを創りあげていく、現代のIT文化に欠かすことができない貴重なお仕事の一つですが、なるために必要な免許や資格はありません。

そのため、誰でもプログラマーになるチャンスがあり、資格が無くても実際にプログラマーとして働くことができ、プログラミングの能力があれば「自分はプログラマーだ」と名乗ることができてしまいます。

だからこそ、能力があることを第三者に客観的な目線から証明することができる資格を持っていることが重要だと言われるのです。

IT企業への就職活動の際はもちろん、転職やフリーランスに転向する際など、キャリアアップをしていくタイミングでは資格が有利に働くことがあります。
経験者の場合には実績が重視されることも多いですが、資格も考慮されます。

特に実績のない未経験者の場合は、資格さえ持っていれば周囲がどのくらいのスキルがあるのかを一目で判断することができるため、採用後に担当が決まりやすいというメリットもあります。

もちろん、資格が無くても経歴から見て能力があり、スキルの高い優秀なプログラマーが数多く存在するため必ずとは言えませんが、資格を持っていないプログラマーよりも資格を持っているプログラマーのほうが就職や転職に有利に働く可能性は高くなります。

また、漠然とプログラマーとしての能力を身に付けていくよりも、資格取得などの目標設定があるほうがモチベーションの向上に繋がる上に、必然的に常に知識を更新していくことにもなるので、良いことばかりです。

プログラマーとして活躍することを目指している方は、資格の取得を視野に入れ、どんどん能力を高めていきましょう。

大切なのは、資格取得後にどういった仕事がしたいのかを具体的に考えることです。やみくもに資格取得を目指して膨大な時間を掛けるのではなく、目標設定をした上で必要な資格を選択しましょう。



プログラマーにおすすめの資格一覧

IPA基本情報処理技術者試験

IPA基本情報処理技術者試験は、プログラマーとして働く上で持っていると安心の経済産業省が主催する国家資格です。
国家資格であるだけに、幅広く知られているので評価に繋がりやすい資格です。この資格を取得するために学習すれば、情報処理に関する総合的な知識が身に付くだけでなく、実践的な能力もマスターすることができます。

引用元: https://www.jitec.ipa.go.jp/

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、Ruby Associationという非営利団体が運営している認定試験制度です。試験では、Ruby の文法やRubyを扱う技術者に必要な知識や能力が備わっているかが問われます。

この資格を取得すれば、Rubyベースでシステム開発を行う上で必要な基礎知識だけでなく、応用力を持っているというアピールに繋がります。
合格率が非公開となっているため難易度は不明ですが、Ruby技術者認定試験 SilverとGoldで難易度が分かれているため、ご自身の能力に合った試験をまずは選択して挑戦しましょう。

引用元: https://www.ruby.or.jp/ja/certification/examination/

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験とは、一般社団法人PHP技術者認定機構が運営する民間資格です。
初級・上級・PHP技術者認定ウィザードと難易度が分かれており、経済産業省が定める個人指標ITスキル標準(ITSS)に登録されていて、実践に近い内容を習得できると人気の資格となっています。

引用元:https://www.phpexam.jp/summary/

プログラマーにとって資格以外に大切なこと!

資格を取得したからと言って、必ずプログラマーという職業の内定に繋がったり、即戦力とみなされたりするわけではありません。
資格があってもなくても重要なのは、やる気があるかなど精神面の強さです。ここでは、プログラマーとして働く場合に、資格以外に大切にしていきたいことをご紹介します。

問題を解決する能力

IT技術が日々進歩していく中で、IT業界の第一線で活躍するプログラマーには、問題が起こってもそれを落ち着いて解決する能力が必要不可欠と言えます。

新たな技術には新たな問題が出てくるものです。
常にアップデートした知識を武器に、落ち着いて最善の問題解決方法を常に見つけ出していけるように、日々知識と技術を身に付けていく姿勢を忘れないようにしましょう。

コミュニケーション能力

プログラマーの仕事は個人プレーだけだと思っている方もいらっしゃると思いますが、それは大きな間違いです。
チームでの作業が必須であったり、クライアントとの綿密なコミュニケーションが求められたりすることも珍しくありません。
そのため、コミュニケーション能力は周囲から信頼されるためには必須の、重要な能力と言えます。
技術だけに集中するのではなく、周囲に溶け込むことができ、常に周囲と力を合わせることができるようなプログラマーになりましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、プログラマーを目指す人にとって大変重要な資格や、資格以外に大切なことについて詳しくお伝えしました。
プログラマーとして働く上で、IT関連の資格を持っていることも重要ですが、資格を持っているだけでは意味がないということも念頭に置き、それぞれのキャリアプランに応じて必要な資格を取得していくようにしましょう。

また、資格を取得してからも、常に最新の知識を身に付けていくように情報収集することも大切です。
今回紹介した内容を参考に取得すべき資格を取得し、プログラマーとしての技術と知識を日々深め、IT業界になくてはならないプログラマーを目指してください。

【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事