フリーランスは実践するべき!目を引く名刺をつくるメリット

フリーランスとして仕事をしているみなさんは、名刺を渡すときに注意していることはありますか?

名刺の受け渡しの際の作法やマナーばかり注意しているという方が多いと思います。

しかし、フリーランスにとっては名刺の受け渡しに関する礼儀作法に注意することが大切なのではなく、名刺を渡す時点で“いかにビジネスパートナーとしての信頼を勝ち取ることができるか”ということに注意することが重要となります。

名刺には、コミュニケーションを円滑に、話を広げてその場を和やかにする役割があるため、他とは違うオリジナルの名刺を手に入れることがフリーランスとしての第一歩と言えるのです。

そこで今回は、フリーランスだからこそできる目を引く名刺にするメリットについてご紹介します。
ビジネスマンにとって欠かすことができない名刺を、自分の魅力を伝える武器に変えましょう!

第一印象の重要性

初めて会う人に対するイメージは、顔を合わせてからの6秒ほどの間に決定されると言われています。

一度与えてしまった悪印象を挽回するためには時間と労力が必要になるだけでなく、今後の関係性を左右する可能性があるため、ビジネスパートナーになる人やクライアントに対してはできるだけ好印象を与えたいものです。

第一印象で悪いイメージを持ってしまった場合、誰しもがその人とはできる限り関わりたくないと思うものです。
「仕事を頼みたくない」「仕事ができないのでは?」といったマイナスイメージを抱かれないためにも、第一印象が重要と言われ続けているのです。

ビジネスにおいて良好な関係でいるためには、まずは第一印象を好印象にすることを意識し、その先の信頼関係の構築に努めることが重要です。

デザイン名刺のメリット

一般的な名刺よりも、色・写真・絵などが豊富に使われていて紙の質にもこだわっているようなデザイン性が高い名刺のことを、「デザイン名刺」と呼びます。

研修中のビジネスマン以外、ほとんどのビジネスマンが持っている名刺ですが、ただの名刺は単に連絡先と名前を伝えるだけのアイテムで終わってしまいます。

印象に残りにくいどこにでもあるようなシンプルな名刺では、「これは誰の名刺だったかな…」とほかの名刺に埋もれ、顔と名前が一致せずに終わってしまう可能性が高いのです。

デザイン性の高い名刺を選んだ上で仕事に対する情熱を詰め込んでみたり、仕事を依頼していただくことのメリットを伝えてみたりすると、相手の印象に残りやすくなり、名刺交換を行う度に、名刺入れの中を確認する度に相手はその名刺とセットであなたの顔を思い出すかもしれません。

デザイン次第で名刺がビジネスチャンスに変わる可能性があるため、一度名刺を見直す機会を作ってみてはいかがでしょうか。

色が与える印象の重要性

色はそれぞれに印象があり、使い方次第で人の心理に働きかける効果があると言われています。

プレゼンテーションに使用する提案資料や企画書など、ビジネスシーンで欠かすことができないアイテムも見やすくするために、そして、相手の目を引くためにも色使いを工夫して作成することがほとんどですよね。

色の使い方を誤ってしまえばゴチャゴチャとしていて分かりにくいマイナスの印象を与えてしまうこともあるのですが、これは、名刺においても同じことが言えるのです。

信頼を得たい場合には冷静・沈着なイメージを与える青系の色、情熱を伝えたい場合には赤色、明るく前向きな姿勢を伝えたい場合には黄色やオレンジなどを上手に活用するなど、自分自身のビジネスに合ったテーマカラーを模索してみましょう。

色が与える印象の重要性を理解した上で「自分のイメージカラー」をベースに名刺を作成すると、フリーランスの仕事にプラスに働くオリジナルの名刺になるでしょう。

デザイン名刺作成の専門店5選

フリーランスは企業に所属する一社員とは異なり、自由に名刺を作成することができるため、好みの名刺を作成できる専門店を見つけましょう。

デザイン名刺.net

デザイン名刺.netでは、プロのデザイナーが一枚一枚丁寧に、文字のレイアウトにもこだわりを持ってデザインした名刺の中から好みのものを選び、スマートフォンで簡単に注文することができます。

引用元:https://www.designmeishi.net

名刺ハウス

名刺ハウスはテンプレートの中から自由に表面と裏面のデザインを組み合わせることができるため、よりオリジナリティの高い名刺を作成できると人気です。おしゃれなデザインも豊富で、写真付きにすることもできます。

引用元:https://www.meishi-house.com/

名刺作成のファースト

名刺作成のファーストでは、印象付けにぴったりの珍しい半透明名刺の作成をしています。
また、角を丸く加工することや切り取り線を付けるなど、面白い加工技術が用意されているので自分にぴったりの名刺を作成できます。

引用元:https://www.meishi-first.jp/

名刺スタジオ

名刺スタジオは繊細なレース名刺など、目を引くデザインの名刺を作成しています。名刺にこだわりを詰め込みたい方も、納得のいくデザインになるまで何度でも無料で校正してくれるので安心です。

引用元:https://www.meishi-studio.jp/

DESTA

DESTAはフリーランスにぴったりの“ライバルに差をつける名刺”をテーマにデザイン名刺を作成しています。
おしゃれな表面起毛クラフト素材や高級感のある箔加工など、好みのデザインと好みの素材を使ってほかのビジネスマンとは一味違う名刺を作成できます。

引用元:http://www.designers-standard.jp/

お伝えした通りデザイン名刺専門店で用意しているデザインから選んで良い作成するのも良いですが、より個性的な名刺を作りたいという方には、ご自身でソフトを使用して一からデザインし、そのデータを業者に入稿して名刺を作成する方法がおすすめです。

デザインや用紙の質などを一から考えた名刺にはより深い愛着が湧き、仕事に対するやる気の増進にもつながります。

フリーランスとして働いていて会社に決められた名刺を使う必要が無い方は、ぜひオリジナルのデザイン名刺を作成してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、フリーランスに実践していただきたい、目を引く名刺を作るメリットについてご紹介しました。

ビジネスマンにとって自分をアピールすることは重要な仕事の一つで、基礎中の基礎となりますが、フリーランスともなると自分自身の魅力を上手に伝えることができるかどうかは今後の仕事を大きく左右する大きなポイントとなります。

簡単に自己アピールをするために役立つアイテムである名刺を、他のビジネスマンとは一味違うオリジナリティあふれるアイテムに変身させることができれば、コミュニケーションも円滑になりクライアントにさらに好感を抱いてもらうチャンスを増やすことができるかもしれません。

お伝えした内容を参考に、個性あふれるオリジナル名刺を作成してみてはいかがでしょうか。

【お知らせ】

現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスのお仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。

↓下記バナーより新規登録をお待ちしております。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事