絶対にやってはいけない、フリーランスでの働き方

絶対にやってはいけない、フリーランスでの働き方

今は会社に勤務して働いているけれど、いずれは自分の得意なことを活かしてフリーランスで働きたいと考えている方も少なくないのではないでしょうか。フリーランスになると、会社という組織に縛られることなく、自由に働くことができるでしょう。

しかし、組織に所属していないことで生まれるデメリットもあるので注意が必要です。

そこで今回は、フリーランスで注意したい働き方についてご紹介します。
今後フリーランスになりたい方や、今フリーランスで働いている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

フリーランスで働くということ

フリーランスで働くということは、特定の組織や会社に所属せず、自分の能力や才能を頼りに個人で仕事をしていくことを指します。

フリーランスの中にもいろいろあり、組織や会社にまったく所属しないで個人事業だけをしている方、個人事業のほかにパートやアルバイトをかけ持っている方、個人事業はあくまでも副業で、会社や組織に属している方など様々です。

フリーランスの仕事内容は、ライターやデザイナー、エンジニア、作家、美容師、講師、看護師など様々です。クライアントから仕事を受注する方もいますし、個人事業として小売店の経営をしている方もいるのです。

組織や会社に属さずフリーランスとして働く大きなメリットは、自分の自由に働くことができる点です。
会社だと、ほとんどが定時出社で仕事内容も決められたものになります。しかし、フリーランスは自分の好きな仕事を選ぶことが出来て、自分の働きやすいようにスケジュールを組むことができます。

やってはいけないフリーランスでの働き方

メリットの多いフリーランスでの働き方ですが、いくつかのポイントに注意しないと収入が安定しなかったり色々なデメリットにつながってしまいます。そこでここからは、絶対にやってはいけないフリーランスでの働き方についてご紹介します。

税金の申告をしていない

会社に勤めていると、毎月の給料からの源泉徴収や一年に一度の年末調整は会社の方ですべて行ってくれます。
しかし、フリーランスは確定申告の際に自分でしっかり計算をして税金を納めなくてはいけません。そのためには、自分できちんと仕事の収入や経費を把握することが大切です。

また、確定申告での税制上の利点を受けることができる青色申告をするためには、日ごろから帳簿をつけなくてはいけないのです。
確定申告や経理事務は専門家や税理士に依頼することができるのですが、費用が掛かるので、フリーランスとしての収入が少ないうちは自分でやる方が多いでしょう。

初心者でも確定申告や経理事務が簡単にできる会計ソフトなどがあるので、そういったアイテムを使っても良いですね。

フリーランスとして働くうえで、自分の経費や収入をしっかり把握することはとても大切なことです。フリーランスで働いていくためには、確定申告や経理事務の知識もある程度は身に着けたほうが良いでしょう。

スケジュール管理をしていない

会社に勤めている場合は、休日や出社日のスケジュールがしっかり決められていますよね。出社や代謝の時間も決められていて、残業も時間の制限があったり、残業手当も出るでしょう。

休日も有給休暇、年末年始やお盆の休日が定められています。仕事をする時間としない時間の区別が自動的についているので、自分ですべてスケジュールを決める必要はないでしょう。

フリーランスの方は、自分ですべてのスケジュールを管理することが大前提です。仕事をすればするほど収入が増えるので、休日も削ってでも仕事をしたい、という方もいるでしょう。

しかし、体調を整えて効率的に働くためには、体と心を休める時間をしっかりとることをおすすめします。

自分でスケジュールを管理するのは難しいことですが、仕事をする時間としない時間をしっかり分けて働くことが大切です。

フリーランスで働くデメリットとは?

フリーランスで働くうえで注意したい点はご紹介しましたが、フリーランスのデメリットも知っておくことが大切です。

ここからは、フリーランスで働くうえでのデメリットをご紹介します。

収入が安定しない

会社員の場合は与えられた仕事をこなして働いていれば、一定の給料を毎月もらうことができます。そのため、生活が安定しています。会社員でも業績悪化による減給のリスクなどがありますが、会社に属している限りある程度の収入は得られるでしょう。

もし、会社が倒産しても雇用保険などの制度があります。

しかしフリーランスで働くことは、仕事の有無が自分の行動で決まります。まずは、仕事をもらうために自分で営業しなくてはいけません。仕事をもらっても、報酬が少ないこともあるのです。

毎月一定の量の仕事を確保することが出来ると、収入は安定しますが、毎月安定した仕事を確保することは難しいでしょう。フリーランスは、仕事が多い時期もあれば少ない時期もあるので、どうしても収入が不安定になりがちです。

仕事が安定的に確保できず、生活するための収入が足りないうちは、アルバイトやパートを組み合わせて収入を安定させることがおすすめです。
そして、仕事を常に得ることができるようになってから、フリーランスとしての仕事に集中していくと良いでしょう。

賃貸契約の審査が通りにくい

会社に勤めている場合は、賃貸契約しようと思った時に自分の収入に見合った家賃の物件であれば、何も問題なく賃貸契約を結ぶことができるでしょう。

しかし、フリーランスで働いていると、どうしても収入が不安定だとみなされるので、賃貸契約の審査が通りにくくなってしまいます。フリーランスとしての実績があって収入の証明を出すことが出来れば、賃貸契約を結ぶことができるのですが、フリーランスになりたての方はそう簡単にはいかないでしょう。

フリーランスの方は、保証人を用意したり保証会社を利用したりする方法もあります。また、物件によっては審査がそこまで厳しくないこともあるので、不動産の方に相談してみることがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

フリーランスで働くことはメリットも多いのですが、色々なポイントに注意しないと失敗してしまうこともあるでしょう。
収入を毎月安定させるためにも、フリーランスとしてやらなければならないことをしっかりこなしていくことが大切です。

ぜひ、絶対にやってはいけないフリーランスでの働き方に注意して、理想的な生活を送ってくださいね。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事