フロントエンドエンジニアとは?仕事内容や定義、年収を紹介

エンジニアと言っても実は様々なタイプのエンジニアがいます。

今回はそんなエンジニアの中でもWeb制作にかかわるフロントエンドエンジニアについてご紹介します。

フロントエンドエンジニアの仕事内容や定義、大体の年収などをご紹介します。
フロントエンドエンジニアを目指している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアとは、Webアプリケーションなどでユーザーが画面越しに触れる部分(フロントエンド部分)の設計や構築などを行う職種の事です。フロントエンドとは、Webブラウザ側やクライアント側で作動する部分を言います。

フロントエンドエンジニアは、デザイナーが設計したデザインをもとに、JavascriptやCCS、HTMLを駆使し、ブラウザに表示できるようにコーディングを行います。
現場によっては、フロントエンドエンジニアもディレクションやデザインに関わることもあるので、幅広い活躍が期待できるポジションです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

フロントエンドエンジニアの仕事内容ややりがいは?

次に、フロントエンドエンジニアの仕事内容を見ていきましょう。フロントエンドエンジニアはデザインをもとに、HTMLやCSS、PHPの設計や実装、ワードプレスのようなコンテンツマネジメントシステム構築やカスタマイズを行います。

よく似ている職種にマークアップエンジニアがありますが、マークアップエンジニアは主にHTMLの設計を行うのに対し、フロントエンドエンジニアはHTMLのほかに、JavascriptやPHP、CSSのコーディングを行います。

しかし、会社によってはフロントエンドエンジニアの仕事内容が異なることもあるので注意しましょう。デザインを全てWebデザイナーに任せるということもあれば、デザインの一部をフロントエンドエンジニアに任せるという場合もあります。

フロントエンドエンジニアの年収

では、そんなフロントエンドエンジニアはどのくらいの年収が見込めるのでしょうか。

求人募集などを参考にすると、フロントエンドエンジニアの平均年収は500万円程度となります。年齢別にみると、20代の平均年収は300万円程度、30代の平均年収は400万円程度、40代になると500万円程度となり、年齢によって大きくばらつきます。

フロントエンドエンジニアは20代で会社に入り現場で業務を覚えながら専門的なスキルを身に着けていくことが多いです。そのため、入社したての年収は低く、スキルアップするにつれて年収が上がっていくのです。

フロントエンドエンジニアを募集している企業の中には、1000万円を超える年収を掲示しているところもあります。スキルや経験などで年収が大きく変わるのがフロントエンドエンジニアという仕事と言えるでしょう。

また、フリーランスのフロントエンドエンジニアも年収が違ってきます。フリーランスのフロントエンドエンジニアの年収の相場は、400万円から700万円と言われています。フリーランスは求められるスキルや経験が多いので、経験が浅かったり、スキルが乏しかったりすると、年収も下がるでしょう。

そのため、フリーランスのフロントエンドエンジニアに求められるスキルは非常に高いです。

フロントエンドエンジニアに必要な知識

最後に、フロントエンドエンジニアに必要な主な知識をご紹介します。フロントエンドエンジニアを目指す方は、ぜひ参考にしてください。

UI・UX

UIとはユーザーインターフェイスの略称で、ユーザーとの接点や手段の事です。Webで考えると、Webサイト自体がUIとなり、見た目の色やデザイン、フォントなど目で見る情報のことを指します。

UXは、ユーザーエクスペリエンスの略称で、体験を意味しています。

マルチデバイス・レスポンシブ対応

マルチデバイスはさまざまなデバイスに対応したWebサイトです。Webサイトを見る場合、PCやスマホ、タブレットなどがありますが、それぞれのデバイスは画面のサイズが違うので、PCで見たときは何も問題がなくても、スマホで見ると見づらくなってしまう可能性があるのです。

その問題を解決するために、マルチデバイスに対応したWebサイトを作ることが大切です。このマルチデバイスに対応したWebサイトの事を、レスポンシブWebデザインと呼びます。

CMS

CMSはコンテンツ・マネジメント・システムのことで、Webサイトにおける管理システムのようなものです。Webサイトのページを更新したり、新しいページを追加したりと、CMSを使ってWebサイトを運営するシステムの事です。

CMSの中で代表的なものがワードプレスです。ワードプレスはいろいろな機能を追加したり、デザインをカスタマイズしたりと自由度が高いので、非常に便利です。

SEO

SEOは検索エンジン最適化という意味で、ユーザーは調べたい内容を検索エンジンを使用して検索します。

また、特定のキーワードに対し検索エンジンで上位に表示できるようにすることをSEO対策と呼びます。

キーワードが上位に表示されれば、その分Webサイトのアクセス数を増やすことができるため、Webサイトの制作だけでなく、ユーザーを増やすためにSEO対策を徹底して、検索エンジンで上位の表示を目指すようにするのです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

フロントエンドエンジニアの仕事内容、やりがいや年収、必要なスキルなどを知ることはできましたか?
フロントエンドエンジニアにとって大切なのはスキルアップです。

仕事ができるフロントエンドエンジニアの需要は非常に高く、今後新たな技術を使いこなしたり、Web全般の業務に対応できたりする場合は、好条件で転職することができるでしょう。

実力次第では、20代や30代でも平均以上の年収を実現することができます。

また、Web業界を取り巻く状況は常に変化しています。フロントエンドエンジニアは自分の専門や担当以外にも関心を持つことが重要です。

そのためには、フロントエンドエンジニアにとって必要なスキルや経験をしっかり身に着けることが重要です。
ぜひ、フロントエンドエンジニアに求められる重要なスキルを身に着け、企業に求められるフロントエンドエンジニアを目指してくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、
スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。
ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。
将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽にご登録ください。
お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「IT業界事情」でよく読まれている記事