50代からの転職は厳しい?成功ポイントとおすすめの職種

「50代からの転職は厳しい?成功ポイントとおすすめの職種」

「50代からでも転職を始めたい…。」「一度きりの人生、50代でも他の仕事を経験してみたい!」とお考えの方は少なくないでしょう。しかし、若い世代の転職に比べて、50代の転職は厳しいというイメージはありませんか?

そこで今回は、50代からの転職が厳しい理由や、50代からの転職を成功させるポイント、50代の転職におすすめの職種などをご紹介します。50代以上で転職を検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

50代からの転職は厳しい?

現在、コロナ禍などの影響があり、50代の転職者数は増加しています。しかし、若い世代と比較すると、50代の転職や再就職のハードルは高い傾向があります。

では、どうして50代からの転職は難しいのでしょうか。

50代からの転職が難しい主な原因は、企業が転職者に求める条件と、転職希望者の希望する条件がマッチしにくいといった点があります。

50代の転職者は、一般的に社会人経験を積んでおり、経験も豊富なベテランと見なされるでしょう。そのため、若い世代の人材と比較して給与も高く、人件費がかかるので、単純な労働力として採用するには割高な人材として扱われます。

また、50代は定年が近く、もし入社しても長く勤務できないことや、体力面に関する不安があるなど、若い世代と比べるとハンデが目立つのです。50代で転職を成功させるには、このようなハンデを払拭するスキルや経験など、企業で活かせる即戦力が採用条件として求められるでしょう。

50代からの転職を成功させるポイント

次に、50代からの転職を成功させるためのポイントをご紹介します。転職活動をしている方は、これらのポイントを参考に行動してみましょう。

柔軟性や謙虚さをアピールする

50代の社会人は、ある程度のスキルや経験があるので、プライドを持って仕事をしている人が多いでしょう。しかし、企業はこのプライドの高さを懸念している傾向があります。

そのため、50代から転職活動を行う際は、これまでのキャリアや年齢に関係なく働ける意識を示すため、謙虚さを全面的にアピールすることをおすすめします。例えば、「前職では年下の上司と円滑なコミュニケーションを取っていた」ことが伝わる具体例を挙げることによって、企業側には、柔軟性や適応力が伝わるのです。

スキルやキャリアの棚卸

企業は50代の転職希望者に対して、年齢相応の人件費を支払うにも関わらず、仕事への戦力になってくれないことなどを懸念しているでしょう。

そのため、転職の際の面接では、人件費に見合うキャリアやスキルがあることをしっかりアピールし、企業側が持っている不安を払拭することが大切です。うまくアピールするには、今まで培ってきた実績をあらかじめ棚卸しておくことが必要です。

人脈を広げる

50代の転職における人脈とは、今まで手に入れた名刺の数などではなく、個人間で有益な情報を交換できる人の数のことを指します。

このような人脈を広げておくと、会社を辞めた際にも声がかかり、スムーズに転職活動を行えるチャンスが広がるでしょう。

また、新人として次の会社に入社した後も、築き上げたこれまでの人脈が何かと心強い存在となるのです。

選択肢を広げてみる

50代になると、正規雇用で企業に採用される可能性が低くなる傾向があります。

その一方で、非正規雇用の雇用率は世代による差が少ない場合もあります。

そのため、正社員にこだわらずに非正規雇用など、転職先の選択肢を広げてみることが重要です。

幅広い視野を持ちながら転職活動を行うと、短期間でも採用に結び付く可能性もあるのです。

自分で選択肢を狭めてしまうと、いつまでも転職先が決まらず、苦労するといった場合もあるので注意が必要です。

転職して学びたいという姿勢はNG

社会人として企業で働くうえで、チャレンジ精神があることは年齢に関わらず必要なのですが、50代の転職活動において、企業は転職希望者の成長を重要視してはいません。

若い世代と比べて50代は働ける期間が少ないので、転職を通じて学びたいといった姿勢はネガティブに捉えられる可能性があるのです。

この記事でも何度かお伝えしている通り、50代の転職者に求められるのは即戦力です。企業は、今までの経験から培ったスキルを活かし、即戦力として活躍することを前提とし、必要に合わせて自発的に学習できる人材を求めているのです。

転職先が決まるまで会社を辞めない

50代が転職する場合、退職後の転職活動はリスクが高いのでおすすめできません。

在職中の転職と退職後の転職では、人材の市場価値が大きく変わってくることがその理由です。

在職中に転職活動を始めた場合は、現役社会人としてのキャリアを存分にアピールできますが、退職してからの転職活動となると、どうしてもネガティブなイメージが伴ってしまいます。

また、離職期間が長くなるほどブランクがある人材として扱われ、自分にとって不利な状況で転職活動することとなるでしょう。

50代で転職を検討中の方は、このように現職と同時並行で転職活動を行うことが大切です。

50代の転職におすすめの職種

最後に、50代の転職におすすめの職種を見ていきましょう。

営業や接客関係の仕事

50代の女性におすすめなのが、家庭や職場で培ってきた人間観察力やコミュニケーションスキルを活かせる営業や販売など接客関係の仕事です。

特に、電話対応メインのコールセンタースタッフや店舗での販売、待機型営業のカウンターセールスなどが良いでしょう。

警備関係の仕事

50代の男性が多く活躍しているのが、建物の警備員や交通誘導など警備関係の仕事です。

元気で体力のある50代の場合、未経験でも若手の即戦力として企業に喜ばれるので、体力と冷静な判断力に自信がある方はチャレンジしてみると良いでしょう。

介護や福祉関係の仕事

介護や福祉関係の仕事は、人手不足で常に人材募集が行われているので、50代の転職者にとってねらい目の職種です。

介護施設で働く介護職員やケアマネージャー、葬儀ホールなどの福祉関係施設で働くスタッフや保育士などいろいろな職種があるので、気になった方は、自分に合いそうなものを探してみると良いでしょう。

IT業界

今のIT業界では優秀なエンジニアが不足しているので、50代からでも比較的転職しやすいと言えるでしょう。

IT業界における求人数は、転職希望者の約3倍とも言われており、スキルが認められれば50代でも転職の機会が得やすいのです。

IT業界はベンチャー企業が多く転職率が高いので、年齢層が若い傾向があります。経験豊富な役職者が足りない組織が多いので、人材育成やマネジメントスキルを持つ人材は優遇されるでしょう。

このような需要にマッチするスキルさえあれば、50代でも有意義な転職は十分可能です。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

50代の転職は、年齢によるリスクやハンデを考えると簡単なものではありませんが、目指す職種や業界、働き方によっては有意義な転職が可能となるでしょう。

50代からの転職を成功させるポイントとしては、長期化する可能性を念頭に置いて、焦らずじっくりと転職活動を行うことです。

転職活動をしていると、なかなか仕事が決まらず、諦めそうになることもあるでしょう。そんなときも、折れない心で前向きに頑張ることが大切です。

まずは、自分のキャリアやスキルについて棚卸を行い、需要に合った求人を探してみましょう。ぜひ、こちらの記事でご紹介したポイントを参考に、50代からの転職を成功させてくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「IT業界事情」でよく読まれている記事