Google Apps Script(GAS)とは?できることや活用方法をご紹介

Googleを普段から使っている方は、「Google Apps Script(GAS)」という単語を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

Google Apps Script(GAS)は、Google社が提供しているスクリプトサービスで、多くのお悩みを解決してくれる非常に便利なツールです。

この記事では、Google Apps Script(GAS)の活用方法や基本知識、Google Apps Script(GAS)のメリットなどをご紹介します。エンジニアの方でなくても、知っておくとさまざまなメリットがあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

Google Apps Script(GAS)とは?

Google Apps Script(GAS)は、その名の通りGoogle社が開発・提供しているプログラミング言語です。Google Apps Scriptの頭文字をとってGAS(ガス)と呼ばれることもあります。

Google Apps Script(GAS)は2009年にリリースされており、その後も改良が続けられているスクリプトサービスです。

このGoogle Apps Script(GAS)を利用すると、GoogleドライブやGoogleカレンダー、Googleスプレッドシート、Googleフォーム、Gmailなど、Googleが提供しているいろいろなサービスを連携して活用できます。

Google Apps Script(GAS)は、Webブラウザ上で動作するJavascriptというプログラミング言語をベースに作られています。

JavascriptはWebサービスを作ろうと思ったときに必要不可欠なポピュラーな言語です。そのため、Google Apps Script(GAS)を利用する際は、多くのエンジニアにとって学習コストが低いというメリットもあります。

しかし、Google Apps Script(GAS)はJavascriptのコマンドの中でも一部利用できないものがあるので注意が必要です。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

Google Apps Script(GAS)でできることは?

次に、Google Apps Script(GAS)でできることや活用方法などを見ていきましょう。

Google Appsの連携

Google Apps Script(GAS)はいくつかのGoogle Appsを組み合わせることで、以下のようなことが可能となります。

・スプレッドシートとGoogleマップを組み合わせて、スプレッドシートに記入してある住所をGoogleマップのURLに変換することができる

・GoogleフォームとGmailを組み合わせて、フォームに回答があったらメールで通知してくれる

・スプレッドシートとGoogleドキュメントを組み合わせて、スプレッドシートが編集されたら内容をドキュメントに出力できる

このような幅広い活用方法が考えられます。

Google Appsの拡張

Google Apps Script(GAS)では、Googleのツール機能を以下のように拡張できます。

・メールの自動送信や自動返信
・スプレッドシートでオリジナルの関数を作成できる

オリジナルの関数では、次のようなものを作成できます。

・日付から営業日か休業日かを返信する
・URLから短縮URLを作成できる
・数値が一定以上だった場合に、アラートメールを送ることができる

Webサイトからの情報収集=スクレイピング

スクレイピングは、Webサイトから探したい情報をコピーし、収集することを意味します。

Google Apps Script(GAS)でimportxml関数を利用することにより、簡単にスクレイピングができるのです。Google Apps Script(GAS)は実行環境がWeb上にあるため、サーバーを用意する必要がありません。

また、スクレイピング結果をほかのGoogleサービスを使い、リアルタイムで共有できるという活用方法もあります。

Webアプリケーションの開発

Google Apps Script(GAS)は作成したツール連携や機能をWebサイトとして公開する機能が備わっています。これを活用することで、Webアプリケーションの開発ができるのです。

簡単な情報共有サービスや日程調節ツールアプリなどを作ることも可能です。

IFTTTなどのハブサービスとの連携

IFTTTのようなハブサービスと連携すると、さまざまなアプリケーションの動作をトリガーとしてGoogle Apps Script(GAS)を動作することが可能です。これによって、以下のようなことができるようになります。

・RescueTimeのレポートをグラフにしてメールで送ることができる

・インスタグラムやツイッターで特定のハッシュタグの投稿がいくらあったのかをカウントしてチャットワークやスラックヘ送ることができる

・Trelloで自分がアサインされたらChatworkやSlackに通知が来る

Google以外のツールと連携

Google Apps Script(GAS)はGoogle以外でも、各Webサービスが提供しているAPIなどを活用すれば、Google以外のツールとも連携可能です。

例えば、ChatworkやSlack、Microsoft Teamsのようなチャットツールと連携することで、特定の相手からのメールをスラックで通知したり、Googleカレンダーの予定をMicrosoft Teamsで通知したりといったことができます。

Google Apps Script(GAS)のメリット

それでは、最後にGoogle Apps Script(GAS)のメリットをご紹介します。Google Apps Script(GAS)には、仕事を効率的に行える魅力的なメリットがたくさんあります。

すぐに活用できる

今は多くの方がGoogleのサービスを使っています。そのため、Google Apps Script(GAS)はすぐに活用できる点が大きなメリットと言えるでしょう。

Google Apps Script(GAS)を活用することで、仕事が自動化したり効率化したりするので、作業時間の短縮にもつながります。

開発環境が必要ない

Google Apps Script(GAS)の開発環境はすべてGoogle社が用意しているので、新たに開発環境を用意する必要がなく、PCとネットワーク環境があればすぐに始められます。

Googleのアカウントがあれば誰でもプログラミングができるのもメリットの一つです。

完全無料

Google Apps Script(GAS)は無料で活用することができます。

無料でさまざまな仕事を効率化したり、実現できたりするのは嬉しいですよね。

JavaScriptを学ぶことができる

Google Apps Script(GAS)を学ぶことで、JavaScriptを学べるというメリットもあります。

Google Apps Script(GAS)はJavaScriptというプログラミング言語をベースとしているので、Google Apps Script(GAS)を学ぶと自動的にJavaScriptも学ぶことになります。

また、Google Apps Script(GAS)をある程度マスターしたら、次はJavaScriptをより学び、今度はWebサイトでいろいろ実現しようというスキルアップも可能です。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

Google Apps Script(GAS)の基本知識やメリット、Google Apps Script(GAS)でできることなどを詳しく知ることはできましたか?

Google Apps Script(GAS)は、GmailやGoogleドライブ、Googleカレンダー、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライド、Googleマップ、Googleフォーム、Google翻訳などGoogleのサービス機能を拡張したり連携したりして、さまざまな作業を自動化することが可能です。

Googleのサービスはどれも利用する機会が多く、Google Apps Script(GAS)を組み合わせることで、さらに便利に使うことができるでしょう。

ぜひ、Google Apps Script(GAS)をうまく活用し、仕事の効率化を目指してくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。


一対一のカウンセリングに基づき、
スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。
ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。
将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽にご登録ください。
お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「技術について(開発言語/ツール情報)」でよく読まれている記事